日本の周辺国が装備する兵器のデータベース




▼牽引状態の83式



性能緒元
口径152mm
砲身長8,600mm(53口径)
牽引時全長9,600mm
牽引時全幅2,630mm
牽引時全高2,200mm
戦闘重量9,700kg
牽引時重量10,500kg
初速955m/秒
最大射程30,000m(間接射撃)、1,170m(直射)
発射速度3〜4発/分
俯仰角度-2〜+50度
方向射界左24度、右26度
要員9〜11名
牽引速度60km(路上)、15km(野外)

83式152mm加農砲は中国が開発した最後の加農砲である。83式は59-I式130mm加農砲を上回る射程・威力を目指して開発された長距離野砲であり、1986年に制式採用され量産・配備が開始された。83式はその長射程・大威力を生かした直接/間接の支援、具体的には敵砲兵の制圧射撃、敵後方の通信、補給網の攻撃、機甲部隊への反撃、重野戦陣地への攻撃、沿岸砲などの任務に使用される。

83式の152mm砲は、射程延長のため53口径という長砲身と砲口初速955m/秒という高い初速をが与えられている。これによって通常榴弾による最大射程30kmという中国加農砲で最長の射程を実現した。砲弾の発射速度は3-4発/分。83式の砲身は低ニッケル合金鋼が採用され、砲身強度を増すための自緊処理が施された。閉鎖機は鎖栓式で、砲弾装填以後の工程は自動化されており次弾装填時には鎖栓は自動開放される。また砲を大仰角にした際に装填している砲弾が後ろに下がらない様にするための装置も装備している。牽引時には砲身を射撃時とは反対側に回して、開脚式砲架のトラベリング・ロックで固定することで全長を短縮し移動時の便の向上を図っている。砲を旋回させるための底盤は分離式で、牽引時には砲尾部に固定される。83式の全備重量は10トンを超える大重量となった。牽引は重牽引トラック、もしくは装軌式牽引車両によって行われる。

集団軍直属の独立砲兵旅団や軍の砲兵旅団に配備される。砲兵旅団は三個大隊から編成され、一個大隊の砲の定数は12門であり、旅団全体では36-48門の83式を保有することになっている。83式は長射程、高い命中精度、大威力を実現した加農砲であり、運用においても各種配慮が施されているため配備された部隊では高い評価を得ることに成功したとされる。ただしその配備数は少数に留まっており59-I式130mm加農砲を代替するには至っていない。これは83式自体の技術的な問題、大重量による運用困難の可能性、そして83式と同等の性能を有するPLL-01 155mm榴弾砲(WA-021)が登場したことがあるものと思われる。中国では83式の派生型は確認されていないが、北朝鮮では83式を搭載したと推測される2種類の152mm自走加農砲を開発・配備しているとされる。

【参考資料】
Chinese Defence Today
中華網「武器装備庫」

中国陸軍

amazon

▼特集:自衛隊機vs中国機▼


▼特集:中国の海軍力▼


▼特集:中国海軍▼


▼中国巡航ミサイル▼


























































メンバーのみ編集できます