日本の周辺国が装備する兵器のデータベース




性能緒元
口径120mm
全長2,360mm(牽引状態)
全幅1,560mm(同上)
全高1,080mm
戦闘重量206kg
牽引時重量291kg
砲身重量88kg
砲架重量27kg
砲床重量91kg
砲弾重量13.8kg(榴弾)
砲弾種類高性能榴弾、煙幕弾、照明弾など。
装薬番号0〜4
最大発射速度20発/分
砲口初速341m/s
最大射程7,700m
最小射程400m
上下射角45-80度
左右射角各4度
要員7〜9名

86式120mm迫撃砲(W-86)は、55式/64式120mm迫撃砲などを更新するために中国北方工業総公司(NORINCO)が1980年代はじめに開発した重迫撃砲である。従来の120mm迫撃砲に比べ、重量は増加したが命中精度は36%向上し、射程も延伸したと評価されている。

86式の構成は、砲身部、開脚式脚部、連結架、砲床、照準器から構成される。移動時には砲床に着脱式の車輪を装着して車両による牽引を行う。86式は、歩兵団(連隊に相当)の砲兵営もしくは重迫撃砲営(大隊に相当)に配備され火力支援任務に当たる。

86式の派生型としては、85式装甲兵員輸送車に86式を搭載して自走砲化したYW-382 120mm自走迫撃砲が開発された。ただし、YW-382は輸出向け装備として開発され、中国軍に配備される事はなかった。

【参考資料】
Chinese Defence Today
中国武器大全

中国陸軍
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

amazon

▼特集:自衛隊機vs中国機▼


▼特集:中国の海軍力▼


▼特集:中国海軍▼


▼中国巡航ミサイル▼


























































メンバーのみ編集できます