日本の周辺国が装備する兵器のデータベース


▼89式100mm迫撃砲(PP-89)。(C)CCTV7



性能緒元
口径100
砲身長1,600mm
戦闘時の全備重量73kg(照準機含まず)
砲重量29kg
砲架重量16kg
底盤重量28kg
砲口初速308m/秒
発射可能砲弾榴弾
砲弾重量8kg
左右射角左右各4度
上下射角45〜80度
最大射程6,400m
最小射程308m
発射速度15〜20発/分
要員7〜8名

89式100mm迫撃砲(PP-89)は、1989年に制式化された中国軍の重迫撃砲。口径100mmの迫撃砲は、他国に例の無い中国独自の規格である。89式は、71式100mm迫撃砲、80式100mm迫撃砲に続く中国第三世代の100mm迫撃砲。歩兵団(連隊に相当)の迫撃砲営(大隊に相当)に配備され火力支援を行う。

89式は、砲身部、2脚砲架、底盤、照準機に分解する事が可能。移動時には、車載するか各部品を人力で搬送する事が可能。最大射程は従来の100mm迫撃砲よりも約2km近く長い6,400mに延伸されている。

現在89式は、71式100mm迫撃砲の後継として装備化が進められている。通常の迫撃砲営では120mm迫撃砲を使用するが、比較的軽量な100mm迫撃砲は空挺部隊や山岳部や森林が多い中国南部の部隊で運用される事が多い。最近では、これまで82mm迫撃砲を運用してきた歩兵営の迫撃砲連(中隊に相当)にも火力強化の目的で89式4門が配備されるようになった。

【参考資料】
Chinese Defence Today
軍事沙龍 「中国迫撃炮的発展歴程」
中国武器大全
新浪論壇 「我軍原歩兵団属100毫米迫撃炮放到歩兵営炮連」

中国陸軍

amazon

▼特集:自衛隊機vs中国機▼


▼特集:中国の海軍力▼


▼特集:中国海軍▼


▼中国巡航ミサイル▼


























































メンバーのみ編集できます