日本の周辺国が装備する兵器のデータベース



▼搬送時の状態。左から、砲身、砲床、脚部、砲弾ケース。

▼93式の射撃と着弾。(C)CCTV7



性能緒元
口径60.75mm
全長
全幅
全高
全備重量22.4kg
砲身重量9.4kg
砲架重量5.8kg
照準器重量0.48kg
砲弾重量2.18kg(榴弾)
有効殺傷範囲17.8m(榴弾)
砲弾種類高性能榴弾、煙幕弾、照明弾など。
最大発射速度20発/分
砲口初速329m/s
最大射程5,564m
上下射角45-85度
左右射角360度
要員5〜7名

93式60mm迫撃砲(PP-93)は、山岳歩兵、空挺部隊、海軍陸戦隊、快速反応部隊など重装備を持てない歩兵部隊の直協火器として開発された。開発に際しては、軽量化と出来る限りの射程延伸と威力向上を両立する事が図られ、軽合金を多用する事で砲身長を伸ばしつつ重量軽減を実現した。最大射程は5,564mと、同時期に開発された89式60mm迫撃砲(PP-89)の2.700mを大きく超える事に成功し、1クラス上の81mm迫撃砲に匹敵する射程を確保した。

93式は、通常は砲身と砲床、脚部を分離して搬送するが、緊急時には歩兵1名での搬送が可能。砲身と砲床の組み立てが間に合わない場合には砲身のみを地面に設置させて射撃を行うこともできる。重量は2.18kg(榴弾)で、有効殺傷範囲は17.8m。榴弾には金属玉が多数組み込まれており、殺傷能力を強化している。信管の信頼性の向上も図られており、山地や水面、瓦礫の上に着弾しても100%の着発率を実現した。

93式は歩兵連(歩兵中隊に相当)の迫撃砲排(小隊)に配備される。軽量で長射程、全周囲射撃が可能であることから、最大射程での制圧射撃や最小射程での随伴射撃など戦況に応じて柔軟な火力支援を行うことが出来る。

【参考資料】
Chinese Defence Today
中国武器大全

中国陸軍

amazon

▼特集:自衛隊機vs中国機▼


▼特集:中国の海軍力▼


▼特集:中国海軍▼


▼中国巡航ミサイル▼


























































メンバーのみ編集できます