日本の周辺国が装備する兵器のデータベース



▼LY-60ミサイル発射機(上:4連装/下:5連装)。ベース車体は漢陽HY-2220S 6×6トラック



▼捜索レーダー、追尾・管制用レーダー、ミサイル発射機の模型。ベース車体はミサイル搭載車が北方/ウラルNR-2190(6×6)、他二両が北方/ウラルNR-2130(4×4)


LY-60性能緒元
全長3.89m
直径20.8cm
翼長0.68m
重量220kg
弾頭高性能HE/弾片
推進装置一段固体推進薬ロケットモーター
最大速度マッハ4
射程1,000〜18,000m
射高30〜12,000m
誘導方式セミアクティブ・レーダー誘導

LY-60(猟鷹60)は上海学院の宇宙航空技術部で開発された地対空/艦隊空用の中・低空域用対空ミサイル・システムである。なおLY-60は輸出用の名称であり、中国軍ではHQ-64(紅旗64)の名称が使用されている。艦載型の名称はLY-60N艦対空ミサイル(猟鷹60N)

中国は1980年代にイタリアからアスピーデ中距離空対空ミサイルを輸入し、これを基にして中国初のBVR(Beyond Visual Range:視程外)攻撃能力を有するPL-10PL-11中距離空対空ミサイルを開発した。これらの技術を元にして、地対空/艦隊空ミサイルとして発展させたのがLY-60である。当初はイタリアとの共同開発であったが、1989年の第二次天安門事件による制裁措置によりイタリアからの技術協力は停止された。しかしその後も開発は継続され、1994年10月には部隊配備に漕ぎ着けたとされている。

LY-60地対空ミサイル部隊はミサイル発射機搭載車×6、追尾・管制用レーダー搭載車×3、捜索レーダー搭載車×1、電源車×1、ミサイル補給車、整備支援車両等で編制される。追尾・管制用レーダーと捜索レーダーは4×4トラックに搭載され、ミサイル発射機は4連装と5連装の2種類があり、いずれも6×6トラックに搭載されている。ミサイルは密封式ランチャーに搭載され、フリーメンテナンス式で10年以上の耐用年数を有する。ミサイルの大きさは全長3.89m、直径20.8cm、翼長0.68m、重量220kg。ミサイルの形状は原型であるアスピーデに類似している。ミサイル中央部には制御翼、尾部には固定式安定翼がX字型に装着されている。この制御・安定翼は折畳み式ではないため、ランチャーは比較的大型のものになっている。

LY-60ミサイル・システムは最大40の目標を探知して12目標を同時に追尾し、そのうち3つの目標への攻撃が可能であり、目標への反応時間は9秒。システムは高度な自動化が行われており、高いECCM(Electric Counter Counter Measure:対電子妨害対抗手段)能力を有している。捜索用レーダーで探知された目標は、3基ある追尾・管制用レーダーのいずれかに目標情報を送る。追尾・管制用レーダーは6基あるミサイル発射機のいずれかを選択して、ミサイルの発射と目標への誘導を行う。ミサイル一発の撃墜確立は60〜90%。

LY-60は中/低高度の航空機、低空域の対艦ミサイルやヘリコプター等とも交戦可能であるとしている。対空戦闘ではLY-60と牽引式対空機関砲を組み合わせて展開させることも行われ、両者による対空コンプレックスが形成される。

LY-60は1994年から中国軍向けに配備されたが、その配備数は少数に留まっている。その理由については明らかではない。むしろ海外市場向けに積極的な売り込みが行われ、パキスタン等への輸出に成功している。

【参考資料】
中国軍事用語辞典(茅原郁生/蒼蒼社)
週刊ワールド・ウエポン No.111(DeAGOSTINI)
我的備忘録「中国”猟鷹-60”導弾系統(図文)」
Chinese Defence Today
Pakistan Military Consortium
中国武器大全

【関連項目】
LY-60N艦対空ミサイル(猟鷹60N)

中国海軍
中国陸軍

amazon

▼特集:自衛隊機vs中国機▼


▼特集:中国の海軍力▼


▼特集:中国海軍▼


▼中国巡航ミサイル▼


























































メンバーのみ編集できます