日本の周辺国が装備する兵器のデータベース




SR-4型122mm自走40連装自走ロケット砲は81式122mm40連装自走ロケット砲の発展型として開発された自走ロケット砲[1]。中国語では「122毫米模块化火箭炮(122mmモジュール化ロケット砲)」と呼ばれる[2]。SR-4は輸出用名称で、中国軍での制式名称は現時点では判明していない。

SR-4は、2000年代後半頃からインターネット上で試製車両の写真が散見されるようになった。2012年には、タイが4セット分を発注し、2013年に同国軍に配備された[1]。中国軍でも採用されて演習に参加しているのが確認されているが[2]、同車に関する情報はまだ乏しく、詳しい開発経緯については不明な点が多い。

【性能】
SR-4は、陝西汽車公司製SX2190KA型6×6野戦トラックの荷台に40連装122mmロケット発射機を搭載している[1]。SX2190は1990年代後半から中国軍への配備が開始され、兵站部隊、砲兵、工兵部隊などで広く用いられている野戦トラックで、SX2190KAはその派生型の1つ[1][3]。更新対象である、81式122mm40連装自走ロケット砲は、陝西汽車公司製SX250(SX2150) 6×6野戦トラックをシャーシとして使用していたが[4]、SX250は実用化から40年以上経っているので、シャーシをモデルチェンジすることが求められたと考えられる。シャーシの基本構造は原型を踏襲しているが、多連装ロケットの運用に必要な装備の追加が行われている。車体後部にはロケット発射時に展開して車体を安定化させるための伸縮式架台二基が装備されている。キャビンの窓には、火炎避け用の防護板が用意されており、ロケット射撃時にはすべての窓が防護板で覆われる。

荷台後方に搭載された122mmロケット砲は、20連装のランチチューブを一組としたコンテナ2基を搭載。20秒で全弾発射が可能[2]。再装填の際には、コンテナを丸ごと換装する事で迅速な装填を可能としている[2]。SR-4が「モジュール式自走ロケット砲」と呼ばれるのは、コンテナ式ランチャーを指した表現である。なお、必要な場合は、乗員が手動でロケット弾を再装填することも可能である[2]。

このランチャーは、同時期に開発が行われたと見られる装軌式122mm40連装自走ロケット砲のものと酷似しており、ランチャーを共通化することで開発費用や期間を短縮し、兵站・整備面での負担を軽減することを狙ったと考えられる。ランチャーの動作は電動式で、車両から乗員が離れた状態での遠隔操作も可能[2]。SR-4の122mmロケット弾は、HE-FRAG、煙幕弾頭、焼夷弾、照明弾、クラスター弾頭、長射程型(射程50km)を含む各種ロケット弾が用意されている[2]。射撃統制システムなどに関する情報は明らかになっていないが、81式122mm40連装自走ロケット砲の制式化から30年を経て実用化された車輌である事から、最新のシステムが盛り込まれており、同じ122mm多連装ロケット砲でもその戦闘能力は大きく向上していることが想定されている[4]。

SR-4の自走ロケット砲は、弾薬輸送車とセットで運用される。弾薬輸送車には、ロケットコンテナの再装填に使用されるクレーンが装着されている[2]。

【展望】
SR-4は、81式の後継車両として機械化歩兵師/旅(師団と旅団に相当)の自走ロケット部隊に配属されるものと考えられる。装甲師/旅の自走ロケット砲大隊についても装軌式122mm40連装自走ロケット砲の配備を開始していることから、中国軍では師/旅レベルの多連装ロケットの口径については122mmを維持する方針であることが伺える。

▼西蔵軍区の砲兵団(連隊に相当)で運用されるSR-4


[1]Military-Today.Com 「SR-4 Multiple launch rocket system」
[2]新浪网「壮观美照:西藏军区新模块化火箭炮群高原齐射」(2015年7月21日)
[3]Chinese Defence Today「Shaanqi SX2190 truck」
[4] Chinese Defence Today「Type 81 122mm Multiple Rocket Launcher」

中国陸軍

amazon

▼特集:自衛隊機vs中国機▼


▼特集:中国の海軍力▼


▼特集:中国海軍▼


▼中国巡航ミサイル▼


























































メンバーのみ編集できます