日本の周辺国が装備する兵器のデータベース


▼F1型試作車。一人用砲塔には同軸でQJG-91式14.5mmmm重機関銃と7.62mmを装備。

▼同じくF1型。14.5mm機関銃にカバーが装着された。

▼F2型試作車。


▼F2型試作車の派生型?。車体を延長し、30mm機関砲とHJ-73対戦車ミサイルを装備したGCTWM砲塔を搭載。

▼VN-3量産型。赤外線対策のため排気マフラーに蓋が追加された。前照灯も変化している。


性能緒元(偵察型)
重量6トン
全長4.45m
全幅2.2m
全高2.2m
エンジンターボチャージドディーゼル 170馬力
最高速度110km/h
浮航速度8km/h
航続距離600km
武装QJG-91式14.5mmmm重機関銃×1(12.7mm機関銃に換装可能)
 7.62mm機関銃×1
 発煙弾発射機×6
装甲防弾鋼板
搭乗員4名
最大搭乗量1.4t

VN-3は、中国北方工業公司(NORINCO)が開発した4×4の装輪装甲車。主要な任務は偵察やスカウト活動が想定されている。1997年から基礎研究が開始され、本格的な開発は2000年から着手された。設計主任は呂建国技師。当初はイタリア企業との合弁会社である南京イヴェコ社製のNJ2045 4輪駆動車をシャーシに使用する計画であったが性能面で不満があったため、2002年にはベース車体をより能力の高い第二汽車製造廠(東風自動車)製「猛士」4輪駆動車に変更した。ただし、重量増加に備えてエンジンは「猛士」の140馬力から170馬力に強化された。2003年には「装甲ジープ」タイプのF1型と、車体前面を避弾経始を考慮した楔型としたF2型の2両の試作車が完成した。NORINCOは最終的にF1型の開発にリソースを集中させることを決定し、F2型の開発は打ち切られた。F1型は2006年には開発が完了し、「VN-3型軽型4×4輪式装甲車」の名称が与えられた。

VN-3の重量は6トン、全長4.45m、全幅2.2m、全高2.2m。中国国産の170馬力のディーゼルエンジンを搭載しており、最高時速は110km/h、航続距離は600km。最大32度の傾斜を登坂し、0.7mまでの壕や0.4mまでの壁を越えることができる。エンジンは-43度から46度までの気温での作動が保障されており、高度4,000mでの戦闘任務も可能。エンジンマフラーや排気管は車体のフロント内部に設けられているが、これは赤外線放出量の削減と騒音の低減が目的である。動力部には、被弾時に備えて自動消火装置が設置してある。

車体後部にはスクリューが設けられており、水上航行が可能。車体は防弾鋼板で車体正面は12.7mm機関銃の直撃に対する防御力を有しており、全周からの7.62mm弾や榴弾の破片、地雷に対する防御能力を有する。車輪が被弾しても100km/時で走行することが可能。車輪の空気圧は車内から調整することが可能で、地形に合わせた最適の状態を選択するようになっている。標準装備で、ABS (Antilock Brake System)装置とNBC防護能力を有している。車体後部中央にはスクリューが設置されており、時速8kmで水上航行が可能。乗員は4名で、車体の両側面と後部に乗車用ハッチが装備されており、迅速な乗り降りが可能。VN-3は、輸送機での空輸や空中投下が可能であり、緊急展開部隊や空挺部隊での運用にも適している。

VN-3は各種の兵装の搭載が可能であるが、偵察型では車体後部上面に一人用武装ターレットが設けられており、QJG-91式14.5mm重機関銃と7.62mm機関銃を搭載している。ターレットには昼/夜用ペリスコープが搭載されており、全天候性能を有する。また、ターレットには発煙弾発射機×6が搭載されている。これらの兵装は簡易式射撃統制装置によって制御され、夜間射撃や一時停止/射撃や行進間射撃が可能。この種の小型車量に射撃統制装置を搭載することにより、その戦闘力を大幅に向上できると見られている。車体側面にはガンポートが左右1基ずつ設けられている。そのほか必要に応じて、対戦車ミサイルや対空ミサイルの発射機を搭載することも可能。

操縦手席上部には、微光式暗視装置の映像を写す液晶パネルが設置されているが、これは中国の装甲車としては始めて装備された装置である。

情報化に対応した装備もVN-3の特徴である。VN-3は先進的な統合電子情報システムを装備しており、副操縦席には指揮通信システム操作用端末が装備されており、車両の位置や戦場の状況、他部隊からのデータ交換などの各種機能が付与されている。

VN-3は偵察車両であるが、試作車両ではレーダや光学モニター等の特別な偵察用機材は有さない模様。ただし、車内には各種観測装置や操作パネルを設置することが設計時から考慮されており、ユーザーの要求に応じた多様な装備を施すことが可能。オプション装備として、微光増幅式暗視装置やGPS装置の搭載が可能。NORINCOでは、装備を換装して治安車両として運用することも可能としている。

VN-3の戦闘室はモジュール式になっており、任務に合わせてさまざまなタイプに換装することが可能。兵員輸送車型の場合、操縦手と副操縦手のほか8名が搭乗する。また現行の4×4だけでなく車体を延長した6×6、8×8型も提案されている。また、F2型試作車の派生型と推測される、車体を延長しエンジンの位置を車体前右部に変更、30mm機関砲とHJ-73対戦車ミサイルを装備したGCTWM砲塔を搭載した車両も確認されている。

VN-3は、国際市場での競争力を高めるため、情報化に即した装備を施した上でユーザーの様々な要求に対応することが可能な設計を当初から施しているのが大きな特徴である。現在中国軍向けに少数が生産されているほか、各国で開催される兵器ショーで輸出向け装備としての宣伝が行われている。

【参考資料】
「陸地新軍車-国産VN3輪式装甲車」 (陳婷・袁楊/『兵器知識』2008年第1期)
"Research IDEX 2007 Showcases Chinas Productive Weapons Sector" (Richard Fisher, Jr./International Assessment and Strategy Center)
JDW
大旗網-「総士:中国VN-3装輪装甲車世界一流」

中国陸軍

amazon

▼特集:自衛隊機vs中国機▼


▼特集:中国の海軍力▼


▼特集:中国海軍▼


▼中国巡航ミサイル▼


























































メンバーのみ編集できます