否定派の主張

中国では南京大虐殺は「南京大屠殺」と呼ばれ、日本の「南京大虐殺」はこの訳語である。中国による南京大虐殺の定義は30万人虐殺を必須とするから、30万人でなければ「南京大虐殺」とは言えない。日本の研究者で30万人を肯定するものはいないから、南京事件と呼ぶべきだ。南京事件の要素は略奪・暴行、捕虜の殺害と外国権益の侵害である。(板倉由明氏の主張)

反論

板倉由明氏が主張した虐殺否定の論理のひとつである。『本当はこうだった、南京事件』の中で板倉由明氏はこう書いている。

正確な定義による議論を「南京事件」「南京虐殺」「南京大虐(屠)殺」など紛らわしい言葉は、よくよくその意味を定めて使わないと、議論が食い違って結論が出なくなる。まして意図的にすり替えを図る人々が居ればなおさらである。
次に、以上の言葉に私流の定義をして、それに対する見解を述べておく。

【南京事件】
日本軍の南京占領前後に発生した一連の不祥事を言う。主な要素は前記´↓で、筆者は不法殺害を一ないし二万人と推定する。
【南京虐殺】
南京虐殺事件と呼ぶ場合もあるが、この言葉は曖昧である。敢えて言えば南京で起こった虐殺という意味であろうが、数に全く関係が無いので一人でも「あった」ことになる。事件の全否定を目的にするなら別だが、紛らわしい言葉なので、筆者は使っていない。
【南京大虐殺】
「南京大屠殺」虐殺記念館の壁の数字、即ち三十万の虐殺を必須要素とし、日本軍占領後六週間、城内外都市部とその近郊で起こった虐殺事件をいう。この定義による限り、私は「南京大虐殺は無かった」と断言する。


要するに30万人でなければ「南京大虐殺」ではない、というだけである。南京大虐殺の定義では地理的範囲、虐殺の発生、継続時期、被害者数があげられている。各研究者により、地理的範囲や時期、人数は微妙に違うが、同じ「南京大虐殺」あるいは「南京事件」を扱っているという合意は十分成立している。地理的範囲や時期が違うからおまえの言っているのは南京大虐殺とは言わない、と主張する研究者はいない。


歴史家、笠原十久司氏は「1937年12月日本軍が南京を攻略したときに多数の捕虜・民間人を虐殺し、強姦・略奪・放火などの残虐行為を起こした事件」と定義している。これは一般の人や研究者に広く受け入れられる定義として語られたものと考えられる。もし、否定派との対話・討論を行うことになれば、「1937年12月日本軍が南京を攻略したときに多数の捕虜・民間人を虐殺し、数々の暴虐をはたらいた【とされる】事件」とすればすむことである。要するに、定義とは討論の前提を作るための便宜的なものであって、本質的なことは各人の主張の内容である。

中国の代表的歴史家・孫宅巍氏は「南京大虐殺の基本的事実を認めたうえで、犠牲者数、時期と区域、発生の原因などについては、見解の相違を尊重しながら自由に討論し、可能な共通認識を求めて平等・対等な学術交流を促進すること」が重要である、と言明しており、三十万人説を認めないと討論できない、としているわけではない。

では板倉由明氏が「中国の定義」なるものをしきりに強調する意図はどこにあるのか。中国が三十万の虐殺を必須とする「定義」を宣言したのならば、その文書を引用すべきであろうが、そのような宣言は板倉氏もその他の否定派も提示さたことがない。上記にもある通り、三十万の虐殺を必須とする「南京大虐殺」の「定義」なるものは、中国の主張ではなく、板倉が私的に定義したものであった。この定義づけは議論を可能にするためではなく、議論を拒絶・回避するための舞台装置だったのである。

学説はいろいろあり、中国と日本では違うし、日本の中でもいろいろ説はあるので、1937年に日本軍が占領した前後に起きた暴虐事件という合意があれば、「南京大虐殺」、「南京事件」はどちらも使用可能である。単に犠牲者数が違うのであれば、学説の違いとして議論すべきであろう。
×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Wiki内検索

南京事件FAQ編集者名簿

  • タラリ
  • Apeman
  • ja2047
  • K-K
  • pippo
  • Queso
  • 青狐(bluefox014)
  • ゆう
  • トロープ

メンバーのみ編集できます