仏教やめたら、無宗教。無宗教+礼儀作法で神道徒です。日本は言霊、数霊の国です。神道徒になれば、色々なことが閃きますよ。

古事記

# 710 平城京遷都:元明天皇(女帝)
# 712 古事記編纂:元明天皇

平成16年(2004年)からは皇室典範に関する有識者会議により女性・女系天皇容認の議論 が進む中、平成18年(2006年)2月7日、紀子妃の懐妊がスクープされる。夫である秋篠宮 に直接報告をする前の報道。これが誓約。
2011/3/11より岩戸隠れ,
2012/5/21に日食,白鳳厳しい。
5/22の634タワー開業でうずめ登場か、岩戸開きの開始、
6-26につくど状態、

誓約によって身の潔白を証明した建速須佐之男命は、そのまま高天原に居座った。そして、田の畔を壊して溝を埋めたり、御殿に糞を撒き散らしたりの乱暴を働いた。他の神は天照大神に苦情をいうが、天照大神は、「考えがあってのことなのだ」とスサノヲをかばった[1]。しかし、天照大神が機屋で神に奉げる衣を織っていたとき、建速須佐之男命は機屋の屋根に穴を開けて、そこから皮を剥いだ馬を落とし入れ、一人の天の服織女が驚いて梭(ひ)で陰部を刺して死んでしまった。ここにきて、天照大神はスサノヲの行動に怒り、天岩戸に引き篭ってしまった。高天原も葦原中国も闇となり、さまざまな禍(まが)が発生した。

爾速須佐之男命。白于天照大御神。我心清明故。我所生之子得手弱女。因此言者。自我勝云而。於勝佐備【此二字
以音】離天照大御神之營田之阿【此阿字以音】埋其溝。亦其於聞看大嘗之殿。屎麻理【此二字以音】散。故雖然爲。天照大御神者。登賀米受而告。如屎。醉而吐散登許曾【此三字以音】我那勢之命爲如此。又離田之阿埋溝者。地矣阿多良斯登許曾【自阿以下七字以音】我那勢之命爲如此登【此一字以音】詔雖直。
猶其惡態不止而。轉。天照大御神。坐忌服屋而。令織神御衣之時。穿其服屋之頂。逆剥天斑馬剥而。所墮人時。天衣織女見驚而。於梭衝陰上而死【訓陰上云富登】

天斑馬は

天野之弥・国際原子力機関(IAEA)事務局長

原子力安全委員会委員長は、不適切発言で有名な斑目春樹・東大教授。

2011/5/3「野馬追」の馬、警戒区域外移送、時事通信 5月3日(火)11時0分配信
福島県などは2日、「警戒区域」に当たる南相馬市小高区などで飼育されている伝統行事「相馬野馬追」用の馬を警戒区域外に移送させた。



天の岩屋戸
故於是天照大御神見畏。閇天石屋戸而。刺許母理【此三字以音】坐也。爾高天原皆暗。葦原中國悉闇。因此而常夜往。於是萬神之聲者狹蝿那須【此二字以音】皆滿。萬妖悉發。是以八百萬神於天安之河原。神集集而【訓集云都度比】高御産巣日神之子。思金神。令思訓金云加海尼】而。集常世長鳴鳥。令鳴而。取天安河之河上之天堅石。取天金山之鐵而。求鍛人天津麻羅而【麻羅二字以音】科伊斯許理度賣命【自伊以六字以音】令作鏡。科玉祖命。令作八尺勾〓之五百津之御須麻流之珠而。召天兒屋命、布刀玉命【布刀二字以音。下效此】而。内拔天香山之眞男鹿之肩拔而。取天香山之天之波波迦【此二字以音木名】
而。令占合麻迦那波而【自麻下四字以音】天香山之五百津眞賢木矣。根許士爾許士而【自許下五字以音】於上枝。取著八尺勾〓之五百津之御須麻流之玉。於中枝取繋八尺鏡【訓八尺云八阿多】於下枝取垂白丹寸手青丹寸手而【訓垂云志殿】此種種物者。布刀玉命布刀御幣登取持而。天兒屋命布刀詔戸言祷白而。天手力男神。隱立戸掖而。天宇受賣命。手次繋天香山之天之日影而。爲鬘天之眞拆而。手草結天香山之小竹葉而【訓小竹云佐佐】於天之石屋戸伏汚氣【此二字以音】而。蹈登杼呂許志【此五字以音】爲神懸而。掛出胸乳。裳緒忍垂於番登也。爾高天原動而。八百萬神共咲。於是天照大御神以爲怪。細開天石屋戸而内告者。因吾隱坐而以爲天原自闇。亦葦原中國皆闇矣。何由以天宇
受賣者。爲樂。亦八百萬神諸咲。爾天宇受賣。白言。益汝命而貴神坐故。歡喜咲樂。如此言之間。天兒屋命、布刀玉命指出其鏡。示奉天照大御神之時。天照大御神逾思奇而。稍自戸出而。臨坐之時。其所隱立之天手力男神。取其御手引出。即布刀玉命。以尻久米【此二字以音】繩控度其御後方。白言。從此以内不得還入。故天照大御神出坐之時。高天原及葦原中國自得照明。於是八百萬神共議而。於速須佐之男命。負千位置戸。亦切鬚。及手足爪令拔而。神夜良比夜良比岐。

 
歌舞伎座改修時期の海老蔵の事件(芸能の神:あめのうずめの衰退)、八百長での相撲の停止(天手力男命が衰退)、そして、海原を支配する建速須佐之男命、菅原道真、平将門、(崇徳上皇)のすさぶる行為の、311地震、大津波、などの上に、(建速須佐之男命は機屋の屋根に穴を開けて、そこから皮を剥いだ馬を落とし入れ、一人の天の服織女が驚いて梭(ひ)で陰部を刺して死んでしまった。)相馬での原子力発電所事故で、天岩戸隠れが始まった。相馬の馬が象徴的。天照大神神社のある東京タワーの先端が曲がったのも象徴的である。

伊勢神宮は安泰かが問題。「第62回式年遷宮」は平成25年。

東日本大震災 液状化で関東一の米どころも打撃/千葉
  水田8000ヘクタールで年間約4万トンの収量を誇る関東一の米どころ香取市で、水田が東日本大震災による液状化で大打撃を受けた。稲の“ライフライン”である農業用水も広範囲に破壊されている。同市農政課によると2500ヘクタールで今年の作付けが絶望視され、収量は例年より35%(1万4000トン)も減る見通し。田植えの時期が迫るなか、専業農家たちは「米が作れなければ生きていけない」と悲鳴を上げている。【斎川瞳】(毎日新聞)

2012/2/18今生天皇陛下、手術は東大と順天堂大の合同チームが行った。医師団は東大病院で午後6時ごろから記者会見し、陛下の病状や容体を説明する。宮内庁の金沢一郎皇室医務主管、執刀医の天野篤・順天堂大心臓血管外科教授と、東大の小野稔・心臓外科教授、永井良三・循環器内科教授、門脇孝・病院長が出席する。

3/12北野,3/15富士、に関連した台風は伊勢を襲っている。

5月21日金環日食で一区切り、天の岩戸開きの工程中。











元明天皇(げんめいてんのう、斉明天皇7年(661年) - 養老5年12月7日(721年12月29日))は、日本(飛鳥時代 - 奈良時代)の第43代天皇。女帝(在位:慶雲4年7月17日(707年8月18日) - 和銅8年9月2日(715年10月3日))。名は阿閇皇女(あへのひめみこ)。阿部皇女とも。天智天皇の第四皇女で、鸕野讚良皇女(持統天皇)は父方の異母姉妹、母方の従姉妹で、夫の母であるため姑にもあたる。母は蘇我倉山田石川麻呂の娘・姪娘(めいのいらつめ)。天武天皇と持統天皇の子・草壁皇子の正妃である。和風諡号は「日本根子天津御代豊国成姫天皇」(やまと ねこ あまつみよ(みしろ) とよくに なりひめの すめらみこと、旧字体:−豐國成姬−)である。
和銅発見の地、埼玉県秩父市黒谷に鎮座する聖神社には、元明天皇下賜と伝えられる和銅製蜈蚣雌雄一対が神宝として納められている。また、養老6年(722年)11月13日に元明金命(げんみょう こがねの みこと)として合祀され今日に至る。

聖徳太子という名称は生前に用いられた名称ではなく、没後100年以上を経て天平勝宝3年(751年)に編纂された『懐風藻』が初出と言われる[3]。そして、平安時代に成立した史書である『日本三代実録[4]』『大鏡』『東大寺要録』『水鏡』等はいずれも「聖徳太子」と記載され、「厩戸」「豐聰耳」などの表記は見えないため、遅くともこの時期にはすでに諡として「聖徳太子」の名が広く用いられて一般的な呼称となったことが伺える。 現代において一般的な呼称の基準ともなる歴史の教科書においては長く「聖徳太子(厩戸皇子)」とされてきた。しかし上記のように「存命中に用いられていた名称ではない」という理由により、たとえば山川出版社の『詳説日本史』では2002年度検定版から「厩戸王(聖徳太子)」に変更された[5

本名は厩戸(うまやど・うまやと)であり、厩戸の前で出生したことによるとの伝説がある[1]。また、母が実母である蘇我小姉君の実家で出産したため、つまり叔父・蘇我馬子の家で生まれたことから馬子屋敷が転じて厩戸(うまやど、うまやと)と付けられたとする説や、生誕地の近辺に厩戸という地名があり、そこから名付けられたとする説もある。
別名として豊聡耳(とよとみみ、とよさとみみ)、上宮王(かみつみやおう)とも呼ばれ、顕真が記した『聖徳太子伝私記』の中で引用されている慶雲3年(706年)頃に作られた「法起寺塔露盤銘」には上宮太子聖徳皇、『古事記』(和銅5年、712年)では上宮之厩戸豊聡耳命、『日本書紀』(養老4年、720年)では厩戸皇子のほかに豊耳聡聖徳、豊聡耳法大王、法主王、東宮聖徳と記されている。
713年-717年頃の成立とされる『播磨国風土記』印南郡大國里条にある生石神社の「石の宝殿」についての記述に、「池之原 原南有作石 形如屋 長二丈 廣一丈五尺 高亦如之 名號曰 大石 傳云 聖徳王御世 廄戶 弓削大連 守屋 所造之石也」(原の南に作石あり。形、屋の如し。長さ二丈(つえ)、廣さ一丈五尺(さか、尺または咫)、高さもかくの如し。名號を大石といふ。傳へていへらく、聖徳の王の御世、弓削の大連の造れる石なり)とあり、「弓削の大連」は物部守屋、「聖徳の王(聖徳王)」は厩戸皇子[2]と考えられる。また、大宝令の注釈書『古記』(天平10年、738年頃)には上宮太子の諡号を聖徳王としたとある。.

メニューバーB


にわか神道三六屋からす一家の神道墓、奥都城(おくつき)ができました。奥都城、奥津城は共に「おくつき」と読み、神道で「お墓」の意味です。神道のお墓の竿石は、通常は細長い角柱型で頂上部は四面を三角形に切った角兜巾(かくときん)型です。 これは、「天叢雲剣」(あめのむらくものつるぎ、三種の神器の一つ)を表しております。にわか神道三六屋からす一家の神道墓の竿石は上方にいくに従い細くする軍人墓型とし、四面を三角形に切った角兜巾は完全なピラミッドとしました。○○家は入れません。三六屋からす一家につながる全ての魂のよりどころ、三六屋からす一家の神社です。仏教徒がにわか神道になるのですから、これぐらいインパクトのある竿石が必要です。





Wiki内検索

メニューバーA



天1=2、2=2,3=2,123=6、人4=1、5=1、6=0,7=0、8=1,45678=3、地9=1,10 =3、910=4。日6月3星4,
天+1=日=天=6、6の現人神。67欠け、
 十3年(星)十2月(月)1日(日)。日が1で、月が十2、星十3で完全な生命の樹,十は0ですので321。月日の121は、正6面体ブロック4つで凸の形になって、御輿、三社造りとなっています。天地人634、日月星634。総数13で平成13年に符合。日=天で天照大神。








 中心に言霊スが入ります。音図の向って右半分を主基田すきたと呼びます。
 音図の向って左半分の上段はハマヤラワとなり、音の左半分の真中に言霊ユがはいります。そこでこの音図の半分を悠紀田ゆきたと呼びます。宮中に於いては毎年新嘗祭にいなめさいに、また、天皇一代に一度の即位の時の大嘗祭に主基・悠紀の田を定め、そこから獲れる新米の稲穂を天皇自ら主基田の月読命と悠紀田の須佐男命に言霊を表わす稲穂イの名なの穂ほ を献じて、ここ三千年の月読と須佐男の対立の構図が実は皇祖皇宗の物質科学探究のための言霊学による経綸なのである事を告げ、「物質科学文明成就の暁には天皇自ら言霊布斗麻邇の原理を以って、三千年の月読・須佐男の対立に終止符を打ち、第三の文明時代建設を親裁するぞ」との予告なのです。

悠紀と主基
大嘗祭が行われる年には、まず、所司(官庁の役人)が、その祭に供える稲を出す斎田を選ぶため、悠紀(ゆき)・主基(すき)の国・郡を卜定(ぼくじょう)する。悠紀・主基の国を斎国(いつきのくに)という。悠紀は東日本、主基は西日本から選ばれ、畿内の国から選ばれたことは一度もない。中世以降は、近江国が悠紀、丹波国と備中国が交互に主基とされ、その国の中で郡を卜定した。








東京スカイツリー 高さ世界一の634メートル(ム6サ3シ4)、



美智子皇后(みちこ、旧名:正田美智子(しょうだ みちこ)1934年(昭和9年)10月20日
地4458、人379、天9十2十、=434=11
天1=0、2=1,3=1,123=2、人4=2,5=1,6=0,7=1,8=1,45678=5、地9=2,10=2,910=4、日4月4星3、
つぐのみや、みちこ
天9十2十、地27238、人379=天4人3地5=12。
天1=0、2=3,3=2,123=5、人4=0,5=0,6=0,7=2,8=1,456783、地9=2,10=2,910=4、日4月5星3、1456欠け。

Wikiをはじめる

マイページ