日本の戦国時代に関すること全般。戦国武将や合戦、城、戦国時代に関する資料・書籍等について書いています。

(あさくらとしかげ)
【生没年】正長元年(1428)生まれ、文明13年(1481)没

越前に朝倉氏5代100年の基盤を築いた人物で、戦国時代の先駆者といえる人物。別名・孝景。

朝倉氏は織田氏同様、越前守護の斯波氏の家臣で、敏景の代になり三家老の一人に昇進する。

享徳元年(1452)、後の応仁の乱の引き金になる出来事が起こる。
守護の斯波義健が死に、その養子の義敏が三家老(甲斐・朝倉・織田)により追放され、義廉を新たに養子とする。

三家老の推す斯波義廉は西軍の山名宗全に属していたが、東軍の細川勝元が謀略を仕掛け、敏景に「寝返れば越前の守護にする」と持ちかけ、宿願を果たすべく、迷わず東軍に寝返り他の家老と争うことになる。

朝倉敏景は、これにより応仁の乱の中頃(1472年頃)には、越前をほぼ手中に収め斯波氏より越前守護の座を奪い、越前朝倉氏の基礎を築く。

敏景の定めた家訓・朝倉敏景十七箇条が有名。

敏景の叔母は、織田久長と結婚し、敏定を生む。つまり敏景と織田敏定は従兄弟の関係になる。ちなみに織田敏定は、信長の曽祖父であるとも考えられているが、これは誤りで織田良信が信長の曽祖父というのが有力のようである。
タグ

コメントをかく


画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Wiki内検索

戦国時代Wiki盛り上げる会

どなたでも編集できます