カテゴリー
最近更新したページ
最新コメント
FrontPage by apache bandwidth limit
FrontPage by apache bandwidth limit
FrontPage by lots
FrontPage by pom dance video
FrontPage by Felix
FrontPage by Jill
FrontPage by Karen
FrontPage by Simon
FrontPage by Wayne

のまネコ問題とは?

「のまネコ」問題とは、avexの「のまネコ」というキャラクターが「ギコ」「モナー」「モララー」などのAAキャラクターに酷似しており、AAキャラクターが大企業や個人によって権利を独占的に利用されてしまうのではないかという問題のことです。

これまでの経緯



事の発端

 もともと「電影駄目虫超」というサイトの「わた」という人がO-ZONEの「恋のマイアヒ」という曲を使ったFLASHを制作したのがことの始まりでした。

 そのFLASHは「恋のマイアヒ」の歌詞が「飲ま飲まイェイ」などと聞こえるという、いわゆる「空耳」に合わせて、AAキャラクターが動くというフラッシュ作品でした。(参考)

avexの介入

 その後、レコード会社のavexから「わた」さんに連絡が行きました。「わた」さんによれば、その連絡はポジティブなものであり、今後発売するCDに「わた」さんのフラッシュを利用したいということでした。「わた」さんはそれを了承しました。「何かのネタかと思いました。」


のまネコグッズ販売と2ちゃんねるユーザーの反発

そして2005年9月1日、avexが「のまネコ」というキャラクターのグッズ販売を始めました。(参考)

 ここに至り、巨大掲示板サイト「2ちゃんねる」(2ch.net)のユーザーから、「のまネコ」は2ちゃんねる内で広まっていた「モナー」などのAAキャラクターを無断で使用し、独占的に利益を得ようとしているのではないかとの批判がおきています。

 また、同キャラクターグッズのサイトに「(c)のまネコ製作委員会」というコピーライト表示がありますので、この実態不明な「のまネコ製作委員会」が「のまネコ」の著作権を獲得・主張しています。このことにより、同社および「わた」さんが、一般に広く共有されているAAキャラクターを「のまネコ」というオリジナルキャラクターとして独
占権を得ようとしているのではないか、との懸念が広がっています。

 これに危機感を持った一部の人々がavexに対して問い合わせの電話をしたり、メールを送ったりしました。ところが、avexはこれに対してはっきりとした答えを出さないまま、うやむやにしてしまいます。

 しかし、現状では商標出願等は確認されておらず、独占の意思に関しては不明です。いずれにせよ、さらに情報を集めて「類似品による権利の濫用」などの問題を検討していく必要があります。



  • 空耳に関しては情報が確定していないので再びコメントアウトしておきます

有限会社ZEN

 2ちゃんねるでの激しい反響に対し、9月8日の夜頃にavexが公式の回答を公表しました。

■のまネコ著作権について
当社製品に使用されているキャラクター「のまネコ」は、「のまネコ」の著作権を管理する有限会社ゼンと商品化契約を締結した上で使用しております。
「のまネコ」は、インターネット掲示板において親しまれてきた「モナー」等のアスキーアートにインスパイヤされて映像化され、当社と有限会社ゼンが今回の商品化にあたって新たなオリジナリティを加えてキャラクター化したものですが、皆様において「モナー」等の既存のアスキーアート・キャラクターを使用されることを何ら制限するものではございません。
何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

有限会社ゼン
                      エイベックス ネットワーク株式会社 2005年9月8日

ここで、今までに出てこなかった有限会社ZENという言葉が新しく出てきます。

エイベックスはこの会社が著作権を管理していると主張しています。
しかし、この会社のHPの内容は一般的な会社のそれに比べると内容がかなり薄く、そのために突発的に作成された印象が残ります。代表者の名前もはっきりと明記されていません。また、これを電話で問い合わせた人によれば、代表者の名前を最後まで教えてもらえなかったということです。


結局この発言でわかったことは、のまネコの著作権を持っているのが株式会社ZENであることと、アスキー・アートを使用しても全く問題ないということだけで、のまネコグッズの販売問題については触れられていないので、そのまま突き通すつもりとも考えられます。

よって、本質的な状況はあまり変わっていないのかもしれません。

東京スポーツ新聞と女性セブンの矛盾

9月8日の東京スポーツ新聞と9月22日の女性セブンには、一連ののまネコ事件が取り上げられ、関連記事が掲載されましたが、両者の内容はそれぞれ大きく異なる物でした。


まず東京スポーツ新聞です。
こちらにはエイベックス関係者へのインタビューが載っていました。

「のまネコ」をデザインした広島出身のOL(わた氏)は、もともと生粋の2ちゃんねらーで「のまネコ」をデザインする際には「モナー」を参考にしたと公言しているという。

「したがって2つが酷似するのは当然なんです」(エイベックス関係者)

このインタビューで、のまネコはあくまでもわた氏がモナーを参考にしてデザインしたとエイベックス関係者は主張しております。

最初に曲を聴いた時、”コイツは来る”って確信しましたね。

なぜかすでに日本語に聞こえていたので。そして、まず最初に浮かんだのがネコでした。

ところがこの女性ポストの記事では、わた氏はモナーを参考にしたなどとは一言も言っておらず、のまネコは自分で思い浮かんだものだと発言しています。しかし、東京スポーツ新聞での記事のエイベックス関係者の発言では、先にも書きましたように、わた氏がモナーを参考にしたという内容でした。

関係者とわた氏の発言にこのような矛盾が生じているということは、何を意味するものなのでしょうか。

MUZO フラッシュエンターテイメントの主張

これらの流れに対して、わた氏と関係としているMUZO フラッシュエンターテイメントがわかる範囲での回答を公表しました。簡単にまとめると以下の通りです。

  • のまネコの販売・企画を行っているのはエイベックス
  • のまネコの著作権を管理しているのは有限会社ZEN
  • のまネコの概念、ネーミングを考案したのはエイベックス
  • 初めに商品化の話を持ち出したのはエイベックス
  • わた氏はエイベックスに依頼されてイラストを描いただけ
  • (わた氏が)モナーのことを白いネコだと言っているのはエイベックスからの要請されたから
    • 正確にはモナーが何の動物であるかと言うはっきりとした定義はありません
  • わた氏が完全オリジナルであると主張しているというのは間違い
  • 空耳歌詞を創ったのは洋楽板の住民だという噂があるが、これは間違いであり、創ったのはわた氏
  • 現在のAAが置かれている立場を考えると、フォークロアという考え方が適切
  • エイベックスの「AAの使用に対しては特に制限を設けない」という発言は、改めて確認した
  • 今までの情報は事実無根の捏造ばかり
  • モナーという名前で出せばよかったのに、何故わざわざのまネコにしたのかはこちらにもわからない


アスキーアートの自由な使用について特に問題がないことは改めてはっきりしました。しかし、エイベックスがモナーを真似たもので金儲けをしようとしているということについてはまったく変わらないと思う人も少なくないようです。

この発言をしたMUZO フラッシュエンターテイメントも、モナーを真似たのまネコのように、ショボーンを真似たショボネコというキャラクターの商品を販売していることから、自分にも影響が及ぶことを恐れて擁護に回っているんだという意見もあります。(ひろゆき氏関係の会社なので問題ないのかもしれません)

ZENの疑惑

9月8日に突如として現れた有限会社ZENについて、怪しいと思われる情報が次々に報告されました。


まず、ゼン公式サイトの捏造が発覚。

2005/09/08 お知らせを更新
-----------------------------------
2005/09/01 ZEN Website オープン


公式サイトにはこのように記載してありますが・・・。

640 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 本日のレス 投稿日:2005/09/08(木) 20:54:03 Bejt7Dzl0
ミッションの概要
スタートアドレス:http://www.e-zen.info/
タイトル:ZEN Website
基準となるディレクトリ:http://www.e-zen.info/
探査結果
ホスト:www.e-zen.info
DNS 結果:211.19.47.63
サーバソフト:Apache/1.3.33 (Unix)
ファイルの最終更新日:2005/09/08 17:52:02
検出したファイル数:12(うち HTML ファイル:1; 非 HTML ファイル:11)
サイトの総サイズ:59,737バイト (58.34KB)
データ更新頻度
※点検する期間:約0ヶ月間(更新の最も古い日付から現在まで。この期間を10期に等分)
更新の最も新しいデータ:2005/09/06
更新の最も古いデータ:2005/09/06
第10期 [2005/09/08 から 2005/09/08(本日) までの間に更新]ファイル数:1(8.33 %)
第1期 [2005/09/06 から 2005/09/07 までの間に更新]   ファイル数:11(91.67 %)

つまりZENはオープン2005/09/01と言ってるが、記録からして2005/09/06に立ち上げた事は明白。
このページとソースを皆さん保存しておいて下さい!!!


実際にゼン公式サイトがオープンした日は実際には9月6日だったのにも関わらず、何故か9月1日と明記されている公式サイト・・・。
ただのミスなのでしょうか?




さらに・・・決定的な証拠が・・・


724 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 本日のレス 投稿日:2005/09/08(木) 20:57:28 ZtzmZG6a0
zi-zoneとe-zenIPアドレス一緒wwwwwwwwwww
キタコレwwwwwwwww


Pinging www.zi-zone.com [211.19.47.63] with 32 bytes of data:

Reply from 211.19.47.63: bytes=32 time=72ms TTL=237
Reply from 211.19.47.63: bytes=32 time=79ms TTL=237
Reply from 211.19.47.63: bytes=32 time=56ms TTL=237
Reply from 211.19.47.63: bytes=32 time=44ms TTL=237

Ping statistics for 211.19.47.63:
Packets: Sent = 4, Received = 4, Lost = 0 (0% loss),
Approximate round trip times in milli-seconds:
Minimum = 44ms, Maximum = 79ms, Average = 62ms

Pinging www.e-zen.info [211.19.47.63] with 32 bytes of data:

Reply from 211.19.47.63: bytes=32 time=107ms TTL=237
Reply from 211.19.47.63: bytes=32 time=96ms TTL=237
Reply from 211.19.47.63: bytes=32 time=72ms TTL=237
Reply from 211.19.47.63: bytes=32 time=45ms TTL=237

Ping statistics for 211.19.47.63:
Packets: Sent = 4, Received = 4, Lost = 0 (0% loss),
Approximate round trip times in milli-seconds:
Minimum = 45ms, Maximum = 107ms, Average = 80ms



38 :1/2:2005/09/09(金) 13:13:42 ID:+VfBRs4X0
なんかまた電凸とかが盛り上がってきた感じで安心した。俺も再び実行してみた。
文化庁に有限会社ゼンについてちょっと質問をば。
有限会社ゼンの業務内容に「著作権管理」と記載されているが
著作権を管理するからといって必ずしも著作権等管理事業法の対象になるわけではないとのコト。
対象となるのはJASRACのような形態で管理を行っているところだそうで
有限会社ゼンがそのような形態をとっているかは不明なので、違反かも不明。
ただし有限会社ゼンは、著作権等管理事業者登録簿への登録は「なされていない」。これは確実だそうだ。


>ただし有限会社ゼンは、著作権等管理事業者登録簿への登録は「なされていない」。これは確実だそうだ。
もしもこの情報が正しいものであれば、今までのエイベックスやMUZOの発言がウソだったということが明らかになります。


有限会社ゼンが実体の無い幽霊会社だということがほぼ確実になってしまいました。
これらの証拠に対し、エイベックスはどう対応するのでしょうか。

Yahoo!ニュースに掲載される

http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/computer/2channel/...

Yahoo!のトップにのまネコ事件の関連記事が掲載されました。
これで、今までと比較のならない程の人たちにこの事件のことが知らされることになります。

これと前後して、ニュース速VIP板を初めとする2ちゃんねるの一部の板が大いに荒れました。


9月10日に開催予定であるOFF会の準備も着々と進んでいる模様です。

OFF会

9月10(土)15:00に東京新宿にあるエイベックス本社前集結という形で計画されていたOFF会ですが、どうやら集まったのは20人ばかりで、ウヤムヤな結果に終わってしまったようです。原因はよくわかりませんが、どうやら集合場所の本社前という場所が悪かったことと、特に仕切る人がいなかったのがよくなかったようです。
結局、近くのコンビニに手作りポスターなどを貼って終わったようです。

まとめサイト、圧力により閉鎖

こちらのまとめサイト様が圧力によって閉鎖されました。
一応コンテンツはまだ残っているみたいです。

管理人様は関係のないことで責められたと仰っておられます。

これに引き続き、理由はわかりませんが、総合サイト様も閉鎖された模様・・・。

MUZO フラッシュエンターテイメントが販売中止検討呼びかけ

MUZO フラッシュエンターテイメントが二日前の態度と一変して、のまネコグッズの販売中止検討を呼びかける働きに出たそうです。

事件がこれ以上大きくなることを恐れてのことでしょうか。

おにぎりも犠牲に?

O-zoneから発売される愛のデ・ラ・ノーチェの宣伝用画像におにぎりが登場しました。
名前は書いてありませんが、もしおにぎりマン等であったらモナーのみならずおにぎりも犠牲になることに・・・。

アルコール薬物問題全国市民協会(ASK)がavexに要望書を提出

恋のマイアヒのFLASHの中では、のまネコが相手に対して強制的に酒を飲ませるシーンがあります。(場合によっては死に至ることもあります)
これがアルコール薬物問題全国市民協会の目に止まり、同協会はこの表現に問題があるとして、エイベックスや各種メディア宛てに抗議の文書を提出した模様です。


2005年09月14日(水) 11:58:17 Modified by nomaneko




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。