このウィキは、みんなで性転換要素・女装要素・男装要素・フタナリ要素のあるマンガ・アニメなどなどの作品情報を収集して紹介するwikiです。該当する要素が、小さな小ネタでもまったく問題ありません。あとで検索しやすいように、wikiのページ名は書名にして、該当話をページ内で紹介してください。


『おと×まほ』は、白瀬 修によるライトノベル作品。
(イラスト:ヤス )  
出版GA文庫

内容紹介

普通の男子中学生であった白姫彼方はある日突然、母・此方に命じられて「魔法少女」に変身する契約を強引に結ばされてしまう。しかも、この契約には「被契約者側から解消を申し出た場合は被契約者の性別が変わる」との附帯条項があり「魔法少女」としての務めを果たし挙げなければ彼方はムリヤリ女の子にされてしまうのだという。

全てが納得行かないまま「魔法少女」に変身する能力を得た(押しつけられた)彼方は、お目付役のしゃべる猫・モエルを従え「ノイズ」と呼ばれる敵と戦うためにスパッツを穿き、とにかく正体(と性別)がバレないように日々、悪戦苦闘を繰り広げるのだが…。







外部リンク


おと×まほ - Wikipedia


GA文庫 新人情報局「白瀬 修さん インタビュー」


「今日から魔法少女になってね♪」

 平凡な町でごくごく普通に暮らす中学生・白姫彼方は、ある日母から魔法少女にされてしまった。
いやがる彼方だったが、なりゆきで猜竸鉢瓩靴禿┐叛錣Δ海箸砲覆辰討靴泙Α

 クラスメイトの狆霾鷁悪瓩海般斉野丈や無邪気な委員長に正体がばれることを恐れながら、
だぶだぶのYシャツにミニスカート(なかにはスパッツを装着済み)といったいでたちで
街や学校に発生する敵=ノイズと戦う彼方。
ヒトの言葉をしゃべるようになった猫・モエルやもうひとりの魔法少女・グレイスと力を合わせて、
今日も今日とて悪を倒す!?

 本作がデビュー作となる白瀬修が贈る、ドタバタ魔法少女コメディ!



(こ、これはどういう状況で……?)

 目を覚ました樋野留真の前にいたのは、パジャマ姿の白姫彼方だった。
胸元からお腹の辺りまで惜しげなくさらけだし、ズボンもずれ落ち、下着も少し見えてしまっている。

 −−火急の事態、であった。

 だが、留真のピンチはそれだけではない。留真はとあるきっかけで戦意を失い、
ノイズと戦えなくなってしまう! 一方、白姫彼方の前には強敵<ディスコード>が現れて!?

 ドタバタ魔法少女コメディ第2弾は、
いいんちょ&彼方の遊園地デート(コスプレボーカルショーもあるよ★)に加え、
巨乳魔法少女・幾瀬依も新たに登場。平和な街を守るため、今日も今日とてみんなで戦います!!



「ねぇ……いれて?」

「……あ、あの、お願いですの……い、いれて……欲しい、ですの」

 文化祭を間近に控えた白姫彼方のもとに、突如訪れた甘い(?)お誘い。
文化祭では「彼方を賭けた」クラス対抗喫茶店対決が開催される。
予想外に苦戦を強いられる彼方のクラスのコスプレ喫茶だったが、
丈は起死回生のため、とてつもない秘策を用意していた!!

 一方、彼方たちが文化祭で盛り上がっているころ、
ひとりの生徒がみんなの記憶から人知れず消えていって――?

 GA文庫でデビューした白瀬修が贈る、ドタバタ魔法少女コメディ、第3弾!



「私、今までずっと自分を偽って生きてきたから……これからはもっと自分に正直に生きようと思うの」

 ――カコォンッ。

 木桶の音が鳴り響く老舗の温泉宿。黒髪の少女は、
楽園を隔てる一枚の竹垣の前で、そう語った。

 コトの始まりは此方の思いつき。温泉宿に行きたいと思った此方は、
『魔法少女慰安旅行』を実行することになったのだが――!?

『おと×まほ』第4弾は短編集! 
温泉あり告白あり生クリームありの見どころ満載でお届けします。
本編では描かれていなかった魔法少女たちの日常を、とくとご覧あれ!

「――って、それはつまり覗くってことですの!? 覗きはダメですの?」

 
「えぅ……これ以上屈むと、あの……隙間から、その……胸が」
都心のブティック。白姫彼方は、なぜか“モデル”になっていた。
「私……こういうことするタイプじゃないんだけどなぁ……」
傍らにはなんといいんちょまで!?
此方が受けた“モデル”の依頼をこなすため、
いいんちょたちと都心に向かうことになった彼方。
一方、留真や依も、ある目的を果たすため、都心にやって来ていて――!?
褐色の肌&鈍色の髪を持つ新キャラクター(?)に加え、新たな魔法少女も登場して、遂に新章突入!
GA文庫でデビューした白瀬修が贈る、ドタバタ魔法少女コメディ第5弾


(うぅ、今日ボクの誕生日だよね?)

 凶悪なまでに短いスカートをおさえ、ふるふると震える。
 留真は口をポカンと開けたまま閉じることを忘れてしまったようだ。
 委員長は眼鏡を外し、綺麗に拭いてから、もう一度掛け直した。
 ――サンタクロース。
 彼方は今まさにサンタの姿をしていた。「生足」「ミニスカート」で。
 12月と言えばクリスマス。クリスマスと言えば彼方&此方の誕生日!
 (一部を除いて)幸せに包まれる白姫家。
 だが、エフェクトが謎の人物と邂逅したことから、
にぎやかな日常はゆっくりと終焉を迎えようとしていた……。

 おと×まほ、緊迫の第6巻!



「ふふふ。ほらほらかなたん、足が震えてるよ?」
「ひぃっ、ん……! ひどいよっ、いきなり触るなんて……っ」
 あまりに当たり前だった日常。
 そこにモエルがいて、此方がいて、彼方がいる。
ただそれだけの生活は、一匹の金色の猫が自ら姿を消すことで、静かに終わりを告げた。
 探しに行こうとする彼方と、モエルの意思を汲んでそれを止めようとする此方。
留真、依、いいんちょ、エフェクトも、それぞれの想いを抱きながら行動を始めるが……!? 
果たして彼方が再びモエルの悪戯をその身に受ける日は来るのだろうか?
 モエル編、クライマックスの第七弾。
「……次は裸ワイシャツかな……」

「ふふ……まさか伝説の尻尾めくりが見られるなんて思わなかったよ」
モエルと魔力を同調することで、多段変身が可能になるオーヴァーフェイズ。この技は通常の攻撃力以外にも強大な力を秘めていたッ!
――ぴこぴこ。ふりふり。
そんな擬音が彼方の頭をよぎる。
ふにゅふにゅで三角形で、意外とひんやりした……耳。
ふさふさで細長くて、予想通りしなやかな……しっぽ。
オーヴァーフェイズ。それは力と引き替えにモエルに衣装の選択を任せる神の言葉! この世の終わりを見た彼方の運命は如何に!?
褐色巫女にアノ人の入浴シーンも初公開の、夢いっぱいの短編集・第2弾。 



『今日から、かなちゃんが魔法少女になってね♪』
母親の突然の一言から、
”魔法少女”を押しつけられた中学生・白(しら)姫(ひめ)彼方(かなた)。
全力で拒否する彼方だったが、そんな抵抗もむなしく、
だぶたぶのYシャツにミニスカート、そしてぴちぴちのスパッツ着用という、
ちょっと恥ずかしい格好で魔法少女の敵=ノイズたちと戦うはめになり……。
魔法少女の戦いと受難の日々を描いたGA文庫の人気作を、
新鋭・すえみつぢっかが燃え萌えっと漫画化☆ 
関連:すえみつぢっか氏による女装作品


GA文庫人気ノベルスが待望のドラマCD化!
れっきとした男である“白姫彼方”が何故か“魔法少女”になって活躍!?
白瀬修が贈る、ドタバタ魔法少女コメディ!
出演声優  矢島晶子  皆川純子  斎藤千和  小林和矢 他 


内容紹介
GA文庫『おと×まほ』などで人気のイラストレーター・ヤス氏の画集がついに登場!
これまで氏が携わってきた作品から多数のイラストを収録。
大型本: 136ページ 

<収録内容 予定>
ライトノベル:『おと×まほ』(GA文庫)、『リバース・ブラッド』(ガガガ文庫)、
『悠久展望台のカイ』(MF文庫J)、『声で魅せてよベイビー』(ファミ通文庫)
ゲーム:『リサと一緒に大陸横断 ~A列車で行こう~』、『スペクトラルグローリーズ』、
そのほか各種雑誌、webサイト等のイラストカット、キャラクターデザインを多数収録。
ゲストイラストレーター、イラストができるまで、などを収録予定。 

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メニューバーA

ここは自由に編集できるエリアです。

Wiki内検索

オススメ商品






編集にはIDが必要です