このウィキは、みんなで性転換要素・女装要素・男装要素・フタナリ要素のあるマンガ・アニメなどなどの作品情報を収集して紹介するwikiです。該当する要素が、小さな小ネタでもまったく問題ありません。あとで検索しやすいように、wikiのページ名は書名にして、該当話をページ内で紹介してください。



このwikiについて

このwikiは、書き込みオープンで「性転換」や「女装」「男装」や「フタナリ」などの要素を含んだアニメやマンガやゲームなどの作品を紹介するサイトです。
女装小説 ミステリー シーメール 豊胸 ウィッグ コルセット メイク 化粧 体験 スカート セーラー服 AV エロ 
基本的に書き込みは誰でも出来る状態になっておりますので、作品の中でキャラクターが女装する作品や、
作品の中で性転換してしまうような作品や、フタナリのキャラクターが登場する作品などを見つけたら、
遠慮なく新規ページを作成ください。
その場合、既にコミック化されている作品でしたら、新規ページ名にコミックの書名を記してください。
読みきり作品などでしたら、作品名を新規ページ名にして記してください。

TSF

「らんま1/2」や「転校生」といった劇中の人々の性別が何らかの原因で変わってしまう。つまり性転換してしまうことを扱った作品を総称して「TransGenderFiction」(トランスジェンダーフィクション)略してTSFと称する。さらに略してTSと称されることもある。
古くは「転身物語」という古代ローマの伝説を記載した物語に女性から男性に変わったイピスやカイネウスの物語が記載されている。
現代においても、小説、漫画、映画、ゲームなどにおいて幅広く使われるモチーフとなっている。特に、アダルト系のフィクション(アダルトゲーム、成人向け漫画・小説等)において広く見られる。現代におけるTSF作品の多くは男性から女性への性転換を取り扱ったものとなっており、その逆を取り扱ったものは数が少ない。

性転換する手法による分類

性転換手術

現実社会で行われている医学的な性転換手術。あるいはさらに発展し、細胞レベルやDNAレベルからの改造手術。
動画 YOUTUBE ニコニコ ブログ 女性 着物 女の子 髪型 ヘアースタイル 性別 ジェンダー セックス 男女 憑依 乗っ取り ゲーム エヴァ

脳移植手術

脳を異性の身体に移植する。
「ボクの初体験」や「Mr.Clice」などがある。

変身

生まれ持っての体質、何らかの装置、魔法、呪い、薬品によって身体が異性に変化してしまう。
「らんま1/2」や「ガチャガチャ」などがある。
キョン子

入れ替わり

石段で同時に転ぶ、同じカミナリに打たれる、何らかの装置によって男性と女性の心と身体が入れ替わってしまう。
「転校生 (映画)」や「放課後(ドラマ)」などがある。また、「ドラえもん」では「入れ替えロープ」や「トッカエ・バー」といった心と身体を入れ替える装置が出てくる。

憑依

幽霊、幽体、魂といった精神のみの存在になった、あるいはなってしまった者が、異性の身体に憑依する。
乗り移りと称されることも多い。
または、妖怪や悪魔や神といった存在が人の異性の身体に憑依する。
オンライン デジタル ウェブ blog Twitter 画像 性同一性障害 青年 成年 タイ 手術

仮性半陰陽

性器の外見が男性に近い物だったために男性として育てられたが、第二次性徴を迎えて女性であることが判明するもの。またはその逆。
「革命の日」や「IS」などがある。

バーチャルリアル

本当の身体は変化していないが、バーチャルリアリティの世界でのみ異性になる。

皮モノ

仮称として、よく使われる「皮モノ」という呼称を使用するが、着ぐるみのように、人間が「皮」を被って異性に変身するプロットである。

顔だけ女性

体は男性のままで顔だけ女性の顔になってしまうTSFと分類すべきか女装と分類すべきかは微妙。
「プリティフェイス」や「姫太郎」などがある。



←TSF(女性化)らんま1/2より)
←TSF(入れ替わり)金魚のフンより)

TG・女装・男装

現在の人類のほとんど文化圏で男性と女性の服装は、すぐ分かる違いがある。
男性が女性の服装を着用することを女装といい、女性が男性の服装を着用することを男装という。
女装と男装を総合して異性装と呼ぶ。あるいは「TransGender」略してTGと呼ぶ。

日本の漫画・アニメ・ゲームなどのフィクションにおいて、登場人物である男性(男児や少年、青年)に対し、女装設定を行う事例が多数ある。

これらはギャグやフェティシズムの一種と考えられるが、20世紀末から21世紀初頭にまで継続して展開している、広範囲な「流行(ファッション)的意匠」である。

このようなメディアの読者あるいは消費者に、女装(あるいは、ふたなりや各種性転換、少年愛・ショタコン・ロリコン、サディズム、マゾヒズム状況)への嗜好があり、自己投射があるかまたは受影があると言えるからである。個々の作品はポピュラーなものとして古くは『ストップ!! ひばりくん!』から、比較的新しく継続性のあるやぶうち優の『少女少年』に至る。これらは作品が要請する設定を満たすために登場人物が単に女装しているだけで、女装が本質的に作品の問題・主題とはなっていない。


これらについては、メディアにおける「登場人物設定のガジェット」というべき類に入るとも考えられ。しかし、作品の主題ではないことが明らかであるにもかかわらず、敢えて「女装」の状況を作品に挿入する理由がまた別にある。

このようなメディアの読者・消費者が、女装や性転換、ふたなりなどに対し魅惑を抱いている可能性が高い。21世紀の魔術的観念論とも言えるが、ジェンダーの像は時代や社会と共に変動しており、20世紀後半以降となると、固定的なジェンダー・イメージに対する疑問が提示され、性の多様性は即ち「ジェンダーの多様性」であり、性役割や性自認に関してより柔軟で可能性の高いイメージが潜在的に求められていると言える。

自己の存在のありように対し、より高い自由度を求めると共に、時代や周囲の文化の流行が一つの規範ともなっている。男性か女性かのジェンダー・アイデンティティは誕生後24月程度の時期に確立されるとされるが[12]、性役割の認識と学習はそれよりも時間が必要であり、両親が子供をどのように扱うか、幼稚園・学校の教師の影響、更に同級生や同じ年代の子供のジェンダー概念が大きく影響する。加えて、子供の周囲に存在する多様なメディアのメッセージがこれに関係する[13]。子供自身は、自己の性別が生涯変更できないことを学習するのは一般にプレ思春期に入ってからである(かなりな確率で出現する半陰陽の人の性自認の問題はここでは別にする)。

日本では、十代、二十代の青少年のあいだで性的自己同一性が拡散しているとの文献的報告による裏付けはないが、メディアが提供する仮想世界の状況では、男女の性転換が容易に可能であり、性役割の移行が表現され、両性具有性が実現されている。消費者は「女装」表現に魅惑を覚え、これを「萌え」とも称している事実がある。やおいにおいて、男性キャラクター間の同性愛関係設定に魅惑があったように、男性登場人物に「女装設定」を行うことが、読者には魅惑要素となっているのである。

読者主体にとって、自己の性的アイデンティティや「ジェンダーの多様性」の要請が、このような魅惑(萌え)となっているのか、このような魅惑が「流行規範」として個々の消費者を規制しているのか、現状では不明である。

作品での女装男装の取り扱い方による分類

女装や男装を作品の主題として取り扱っている作品

あぃまぃみぃ!ストロベリー・エッグ
処女はお姉さまに恋してる
乙女はお姉さまに恋してる
恋する乙女と守護の楯
とりかへばや物語

主人公やその他のメインキャラクターの女装や男装が常態化している作品

はぴねす!
H2O -FOOTPRINTS IN THE SAND-
うる星やつら

笑いを得るためのツールまたは萌え要素の一つとして女装または男装を取り入れている作品とその人物

『落第忍者乱太郎』・『忍たま乱太郎』の山田先生
『ハヤテのごとく!』のハヤテ


『まるごと杏樹学園』より
『ハヤテのごとく!』より
『ハヤテのごとく!』より
『さ・ん・か・く』より
『コスってあげる!』より








フタナリ・半陰陽・両性具有

ふたなりあるいはフタナリは、男性と女性の性器を兼ね備えた人物やキャラクターのことである。
漢字では「二成、双成、二形」と書き、半陰陽・両性具有とも言う。
医学的な用語としては半陰陽・両性具有・インターセックス (intersex )と呼ぶことが一般的だが、
アニメやマンガやゲームなどのサブカルチャーの世界では、フタナリと呼ぶことが多い。


現代日本では、主に性的な対象として半陰陽者を扱った成人向け漫画やアダルトゲーム・アダルトビデオにおいて多く見られる。半陰陽や両性具有といった言葉の婉曲表現として「ふたなり」という表現が使用されることが多く、登場人物の特性としてもジャンルそのものとしても用いられる。ふたなり描写を多数描く漫画家・イラストレーターが居る等、一部では萌えの属性やフェティシズムとも見做されている。一方、官能小説でふたなり描写を前面に押し出した作品は極めて少ないが、結城映一作『淫妖伝』等が有名である。

漫画やゲームの世界では、両方の性器が正常に機能する、完全な両性具有として描かれることが多い。また、その性器の配置に関しては作家によって差異はあるものの、男性もしくは女性のどちらとも言えない形にすることが多い。ただし、性格は女性であることが非常に多い。さらに体質として、絶倫、巨根(極端なケースではオートフェラチオなどができるほどの大きさの場合も)、稀に性器自体が柔軟、性器が複数ある(複根)、精液の量が異様に多いというケースもある。 睾丸がある場合とない場合の両方あるなど、成人向けのメディアにおいては医学的な半陰陽と思われる表現はほぼ皆無である。また、呪術や人体改造、生物の寄生などで陰核が男性器へと変化するケースも見られる。稀であるが、肉体改造などで陰核を肥大化させたものや特異体質で陰核自体が特殊で細く長く柔らかいものを男性器として扱い挿入するケースもある。先天的にせよ、後天的にせよ、キャラクターがこれらような身体的特徴を持つにいたった経緯の説明が作中で全くなされない場合も多い。日常ではありえない不条理なシチュエーションのひとつとして、唐突に描かれる事もまた多い。

ふたなりとは異なる概念だが、ボーイズラブでは「やおい穴」とよばれるものが存在し、半場女性器のような機能を有しているものもある。

近年では成年コミック業界においてレズビアン物+αの要素がある魅力から読者ニーズが非常に増加し、「ふたなりっ娘LOVE」(茜新社)と「ふたなりっ娘らばーず」(一水社)の2大アンソロジー単行本が隔月で交互に発売され賑わいを見せている。いずれも人気美少女作家の執筆作品が多く収録され、アンソロジー本としては異例の質の高さを誇っている。



サブカルチャーにおいてフタナリ成年向けマンガなどのジャンルの一種として確立した人気を持っている。
マンガやゲームなどに初めて使われた年代や経緯は不明。
現在は好き嫌いが分かれるが、メジャーなジャンルになっている。
通常キャラクターは男根と膣を併せ持ち、このとき男女どちらがベースの肉体になっていても成り立つ。
『グラマラス召し上がれ』より




運営方針

TSFは、ともかくTGやフタナリモノの要素が使われている作品は非常に多いです。
しかし、キリがないと考えるのではなく、たくさんのウィキィを書くためのネタがあると考えましょう。

更新について
TSF・TG・フタナリの要素が一回でも使われている作品ならウィキィにどしどし書きこんでください。

リンク


×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メニューバーA

ここは自由に編集できるエリアです。

Wiki内検索

オススメ商品






編集にはIDが必要です