Wiki内検索
タグ
このウィキの読者になる
更新情報がメールで届きます。
読者数:2名
このウィキの読者になる
最近更新したページ
最新コメント
タックル直後の姿勢 by check it out
タックル直後の姿勢 by tips about seo
はじめに by check this out
はじめに by take a look at it!
はじめに by take a look at it!
はじめに by only for 5 dollars
このウィキの読者になる
更新情報がメールで届きます。
読者数:2名
このウィキの読者になる
カウンター

出会い系
J SPORTS
タグ検索でディフェンス34件見つかりました。
 1  2  次の14件
ディフェンスの基本
[[攻撃の基本3対3]]で説明したように ボールキャリヤーがまず縦をつき 次に横に走ります。 しかし、防御側のウイングのポジションが少し後ろに控えている為 ボールキャリヤーは13番にパスをしても抜けないと判断 結果、スペースもなくなり、ラックにします。 重要なのは防御側のウイングが我慢して前に出ない事です。 &youtube(http://jp.youtube.com/watch?v=e4ZW6hI9paE)
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%a5%c7%a5%a3%a5%d5... - 2008年10月16日更新
ディフェンスラインと進むベクトル
撃側がキックを選択してしまったのですが(ディフェンスが良いのでキックを選択しなければならなかった?) 攻撃側と同じように 防御側もラインを斜めにひいています 日本人はフラットディフェンス(真横に並ぶ)という意識が未だに多いのですが 海外では殆どこちらが主流です。 特に2次3次のようなディフェンスではこのようになります。 また進む方向も、サイドラインに押し出すように斜めに進んでいます。 &youtube(http://jp.youtube.com/watch?v=bzLVMXxYItQ)
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%a5%c7%a5%a3%a5%d5... - 2008年10月27日更新
ウイングのディフェンス
険なタックルではありません。 また、すぐディフェンスに戻ることができ 次の攻撃の第一タックラーになっています。 &youtube(http://jp.youtube.com/watch?v=yiyrg_uetJo)
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%a5%a6%a5%a4%a5%f3... - 2008年10月27日更新
タックルの目的3
ボールを奪うことがタックルの最大の目的ですが この場合、必要以上にプレッシャーはかけず、相手を孤立させてターンオーバーしています。 キックのプレッシャーですが、黒の15番が全速力で走ります。 キャッチの瞬間は狙えないと判断、並走気味に追い込みます。 黒の10番も前には出ずに止まって構えます。 ここで10番は、低いタックルに行くと見せかけて、高めのタックルで受け止めます。 ボールキャリヤーは一瞬止まって二人に捕まれては、もう前に進めません。 さらに相手に囲まれ孤立してしまいました。 &youtube(h
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%a5%bf%a5%c3%a5%af... - 2008年10月30日更新
タックルの目的5
い事を象徴するプレーです。 1人で2人をディフェンスしています。 まず、タックルに行きながら、最後までボールを見ています。 (頭を下げない) パスの瞬間に、次のターゲットに向かってタックルします。 低いタックルを教え込まれた日本人にはなかなかできないプレーです。 &youtube(http://jp.youtube.com/watch?v=Y1K29c5lfdE)
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%a5%bf%a5%c3%a5%af... - 2008年11月01日更新
ディフェンスラインと進むべきベクトル2
ディフェンスは全員、通常のポジションについています ここで注目すべきは、10番(スタンドオフ)は 相手に対して少し内側(スクラム側)にいます。 これは、内側から外側へ相手を押し出すイメージです。 攻撃側の11番(ブラインドウイング)は通常のポジションではなく オープン側に既に参加しています。 攻撃側10番が12番に(センター)にパスするように見せかけて 11番がカットインして入ってきます。 防御側12番は、まんまとひっかかってしまい12番にタックルに行っていますが、 10番が内側から防御している
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%a5%c7%a5%a3%a5%d5... - 2008年11月02日更新
「待ち」のディフェンス
瞬間を狙って一気にタックル。 素晴らしいディフェンスです。 &youtube(http://jp.youtube.com/watch?v=vbYyqWYNvHo)
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%a1%d6%c2%d4%a4%c1... - 2008年11月02日更新
先読みのディフェンス
番はゴールに向かって走ります。 味方のディフェンスで抑えられるところにある間はボールに向かって走らず 先を読んで回り込みます。 最終ラインを突破した選手に対し、初めて方向をかえて一気にタックルします。 &youtube(http://jp.youtube.com/watch?v=J_8EypJiMiM)
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%c0%e8%c6%c9%a4%df... - 2009年03月25日更新
パスをさせないディフェンス
防御側の選手が掴みにいきます。 2人目の近くにいる選手はボールキャリヤーが既にオフロードパスの体制に入っているので タックルには行かず、パスコースに入り邪魔をしています。 更にタックラーは振り回すように倒し、パスをしずらくしています。 これは、ボールキャリヤーが振り返りざまにパスをする方向に逆らわず 更にその力を利用して振り回すタックルです。 加速してしまうので、非常にパスしづらくなります。 &youtube(http://jp.youtube.com/watch?v=csn6AprY00o)
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%a5%d1%a5%b9%a4%f2... - 2008年11月05日更新
ハイパントの落下地点を囲む
ハイパントの落下地点を前後左右、4人で囲んでいます。 ボールをキャッチしただけではオフサイドラインは発生しないので、 360度どの方向からタックルに行っても構いません。 &youtube(http://www.youtube.com/watch?v=54fWdtiRPkg)
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%a5%cf%a5%a4%a5%d1... - 2008年11月15日更新
素晴らしいプレーの連続
まずサイドアタックはディフェンスが揃っているので、余っている外へパスをします しかし、ディフェンスのプレッシャーがきつくパスミスになります。 すかさずディフェンスは詰めますが、パスキャッチの瞬間にタックルできないと判断 待ちのディフェンスに変更します(外側のディフェンスが足りないので) アタックは更にパスを繋ぎ、2人余っているので縦に走りながらパスをしたいのですが、 先ほどの待ちのデイフェンスが残っているので、縦に走れず流れ(斜めに走る)てしまいます。 パスもできず、ライン際で押し出されそうになる
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%c1%c7%c0%b2%a4%e9... - 2008年11月24日更新
ギャンブルディフェンス
ディフェンスの人数が足りない時には通常 「待ち」のディフェンスで横に流して時間を稼ぎ タッチラインに押し出すのですが、 ゴール前の攻防の為、飛び出るディフェンスをしています。 最初はまあまあよい例(相手にパスをさせない、外側に抜かれた訳ではないので) 2番目は完全にミス 同じように飛び出るディフェンスですが 大きな違いは飛び出るタイミングです パスの前に飛び出るか、パスの後(ボールの軌道を確認後)に飛び出るかで違ってきます。 &youtube(http://jp.youtube.com/wat
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%a5%ae%a5%e3%a5%f3... - 2008年12月15日更新
ディフェンスの瞬時の判断
ーフが再びライン参加しますが、 2人目のディフェンスはそれを確認して、それ以上飛び出ることはせず ハーフが走りこんで来る可能性も考えたディフェンスに切り替えます。 その証拠に、左足が前へ出て、止まる体制になっています。 ハーフがパスをした瞬間に、ターゲットを換えますが、既にスピードがなくなっているので 押し込むタックルはできません。 そこで、巴投げのように、そり返りながら味方側に倒します。 結果ボールが安定せずに転がります。 1人で3人をディフェンスする不利な状況から、 一転して、瞬時の判断力であわやター
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%a5%c7%a5%a3%a5%d5... - 2008年12月31日更新
しびれるくらいのディフェンス力
LV)を作ったのか 私は、この完成されたディフェンスにあると思います。 ディフェンスのレベルが高くなりすぎ組織的に完成されてしまった為、 攻撃が難しくなった。 そのため、今回のような大幅なルール改正が試験的に行われたのだと思います。 まず最初のシーンですが、2人がタックルに行きますが 倒しません。 更に3人目も倒すのではなくボールを奪うこと ボールキャリヤーの思うようにダウンボールをさせない事 に重点を置いています。 結果ターンオーバーになります。 そして、攻守交替となり、 アタック4人に対しディフェン
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%a4%b7%a4%d3%a4%ec... - 2009年03月25日更新
ゲインされてもトライはされないディフェンス
人数が足りないディフェンスの良い例です 前へプレッシャーはかけず、横に流してタッチラインに追い込むディフェンスです。 結果ウイングがタッチラインを踏んでしまい。 ラインアウトになります。 つまり、少ない人数で誰もタックルに行かないまま マイボール(ターンオーバー)にする事ができました。 &youtube(http://jp.youtube.com/watch?v=v8bJ-CZAZ2k) ここで攻撃側としては このように細かいパスを繋ぐのではなく 飛び出ているディフェンスに対して流れてひきつけつつ
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%a5%b2%a5%a4%a5%f3... - 2009年01月05日更新
ディフェンスミス、頭を超える山なりのパス
ヤーはその裏をかき、ロングパスをして、 ディフェンスの頭の上を越えるパスをします。 結果ビッグゲインになります。 ここで、パスに注目します。 遠くへ投げるので、強く早いパスをしてしまいがちですが、 柔らかく、山なりに投げることで、キャッチャーは走りこみ トップスピードでなんなくキャッチできます。 &youtube(http://jp.youtube.com/watch?v=XJO5lHIHOlE) ラグビーのパスをする時に注意する事は キャッチャーを確認して、投げる方向を調整するのではなく 投げる方
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%a5%c7%a5%a3%a5%d5... - 2009年01月10日更新
被り過ぎて余ってしまう、タッチ際へ押し出せない
この時点でアタック3人、ディフェンス3人です。 ディフェンスの2人は同じ動きをしていますが、 外のディフェンダーがその動きに合わせず、内側へ入り込んでしまいます。 結果ボールキャリヤーが1人で3人をひきつけパスをすることができました。 また、その後のウイングのディフェンスですが、 タッチラインを味方にするのではなく、タッチライン際を走られるのが嫌で ライン際に立って正対してしまっています。 これでは内側にステップをきってくださいと言わんばかりです。 本来なら、タッチライン際のスペースを開けて、押し出すデ
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%c8%ef%a4%ea%b2%e1... - 2009年01月21日更新
セオリー通りのアタックにまんまとひっかかってしまう
ディフェンスミス、セオリー通りのアタックにまんまとひっかかってしまう(三洋 VS NEC) アタックは、まず縦に走り、横に流れ、1人で2人をひきつけて、飛ばしパス。 ディフェンダーはまんまとひっかかってしまったので すぐ外のディフェンダーが内側へ詰め 結果大きく穴が開いてしまいました。 &youtube(http://jp.youtube.com/watch?v=nNETU2v6Omg) 防ぐには、やはり、内側の選手にディフェンスをさせるべきです。 http://wiki.livedoor
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%a5%bb%a5%aa%a5%ea... - 2009年01月13日更新
ディフェンスミス、無駄なラックに入ってしまう
「捨て」て ピラーとして、ラックサイドのディフェンスを固めるべきです ブラインドサイドは2人立っていますが、 オープンサイドには1人しか立っていません。 通常、ラックサイドのディフェンスは2人立つのがセオリーです。 1人目の「ピラー(ポスト)」は縦に 2人目の「フローター」は流れてバックスを押し出すようなディフェンスをします。 立っている1人が、人数が足りない事をコールして呼ぶべきでしょう &youtube(http://jp.youtube.com/watch?v=pNbg8vb4awE)
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%a5%c7%a5%a3%a5%d5... - 2009年01月14日更新
被り過ぎてしまった場合の対処
通常3人のディフェンスが同じ方向に進み外へ押し出すディフェンスをしますが ディフェンスの2人は同じ動きをしていますが、 外のディフェンダーがその動きに合わせず、内側へ入り込んでしまいます。 しかし、タッチライン際の選手にパスをされると、大ピンチになる事が分かっているので タックルではなくパスカットする為にジャンプしてパスを阻止します 結果ピンチを免れました &youtube(http://jp.youtube.com/watch?v=i0k47GLARUU) この場合の失敗例は このようになりま
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%c8%ef%a4%ea%b2%e1... - 2009年01月21日更新
 1  2  次の14件



スマートフォン版で見る