Wiki内検索
タグ
このウィキの読者になる
更新情報がメールで届きます。
読者数:2名
このウィキの読者になる
最近更新したページ
最新コメント
タックル直後の姿勢 by check it out
タックル直後の姿勢 by tips about seo
はじめに by check this out
はじめに by take a look at it!
はじめに by take a look at it!
はじめに by only for 5 dollars
このウィキの読者になる
更新情報がメールで届きます。
読者数:2名
このウィキの読者になる
カウンター

出会い系
J SPORTS
タグ検索でディフェンス34件見つかりました。
 1  2  次の14件
インターセプトまでの良いディフェンス
きた時点で無理にジャッカルに行かず早めにディフェンスラインを敷いています。 このディフェンスが無ければトライは生まれなかったでしょう。 いわゆる我慢のディフェンスです。 &youtube(http://jp.youtube.com/watch?v=DygSq48Szy8&feature=youtube_gdata) http://www.youtube.com/watch?v=DygSq48Szy8 http://wiki.livedoor.jp/nuchie/ http://jp.youtube
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%a5%a4%a5%f3%a5%bf... - 2011年09月17日更新
ハーフの冷静な判断、フォワードのコントロール
ラグビーのハーフの冷静な判断、フォワードのコントロール 日本VSフランス ハーフがフォワードに冷静に指示を与えています。 観客の声援など多くて、声を出してもかき消されるので、叩いたり、引っ張ったりしています。 &youtube(http://jp.youtube.com/watch?v=AmInPS04txs&feature=youtube_gdata) http://www.youtube.com/watch?v=AmInPS04txs http://wiki.livedoor.jp/nuc
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%a5%cf%a1%bc%a5%d5... - 2011年09月17日更新
流れを読むウイングのディフェンス
基本的に、ポイントの裏を守っていますが、相手の連続攻撃の流れを読み 逆サイドへ走り、最後の要のポジションについています。 通常の何倍も仕事をするウイングですね。 http://www.youtube.com/watch?v=yNAEtAArOqQ &youtube(http://jp.youtube.com/watch?v=yNAEtAArOqQ&feature=youtube_gdata) http://wiki.livedoor.jp/nuchie/ http://jp.youtube.com/
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%ce%ae%a4%ec%a4%f2... - 2010年11月01日更新
1人で3人をディフェンスするスーパープレイ
ターンオーバー直後 アタッカー3人に対しディフェンダーが2人(1人は画面で見えない位置)です 13番は前へ出ずに、パスが回るまで時間を稼ぎ相手の人数を減らします。 ウイングにパスが渡った時、3対2だったのが形勢逆転して1対2になり 最後はタッチラインに押し出してマイボールにしました。 タックルをしない勇気!素晴らしいプレーです。 &youtube(http://jp.youtube.com/watch?v=f3kC7KTWIHo&feature=youtube_gdata) http://wiki.
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/1%bf%cd%a4%c73%bf%... - 2010年04月02日更新
一早くパスコースに入るディフェンス
素晴らしいタイミングですが、 ウイングのディフェンスの賜物でしょう。 そしてそのウイングも素早くサポートに入ってラックを作っています。 &youtube(http://www.youtube.com/watch?v=5quuHhAVZ8E&feature=youtube_gdata) http://wiki.livedoor.jp/nuchie/ http://jp.youtube.com/user/nuchie0
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%b0%ec%c1%e1%a4%af... - 2010年02月09日更新
ディフェンスは数で勝負・無駄にラックに入らない
合 無駄にラックに入ってファイトせずに、ディフェンスラインを埋めて数で勝負します。 繰り返し、耐える防御をして ターンオーバーできそうな時は思い切ってラックに人数をかけてファイトします。 &youtube(http://jp.youtube.com/watch?v=BWEVUKsghSM) http://wiki.livedoor.jp/nuchie/ http://jp.youtube.com/user/nuchie0 トライネーションズ ニュージーランドVSオーストラリア
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%a5%c7%a5%a3%a5%d5... - 2009年07月23日更新
ディフェンスも素晴らしいがそれを上回るタップパス
ディフェンスも人数が足りないので、慌てずに時間を稼ぐディフェンスをしています。 キャッチした瞬間を狙う、タイミングでしたが、それを上回る素晴らしいタップパスです。 &youtube(http://jp.youtube.com/watch?v=wg2DIDPBqDI) http://wiki.livedoor.jp/nuchie/ http://jp.youtube.com/user/nuchie0 南アフリカVSアイリッシュ&ブリティッシュLIONS
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%a5%c7%a5%a3%a5%d5... - 2009年07月16日更新
ラインアウトで重要な事〜反応と予測
ラインアウトにおいて、競ってリフティングしている選手も重要ですが、ミスが起こった時のセカンドボールに」対処する事はとっても重要です。 投げ入れられたボールの行方を素早く察知して反応しています。 2番目のプレーは、ミスが起こりやすい場面を想定して(この場合ロング)あらかじめ、ポジションを確保しています。 予測と経験も重要になってくるプレーです。 &youtube(http://jp.youtube.com/watch?v=_CjGJ1KZOzI) http://wiki.livedoor.jp/n
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%a5%e9%a5%a4%a5%f3... - 2009年06月11日更新
若き素晴らしいディフェンスその3(U20)
タックルにおいて、一人目は低く、二人目はボールにからむ セオリー通りのプレーです。 2番目は、自分ひとりで体を当てて、更にボールを叩き落としているようです(画面には映っていませんが相手の選手の表情からわかります) その後にノックオンになってしまいましたが、惜しいプレーです。 &youtube(http://jp.youtube.com/watch?v=LBVLQY5GuGA) http://www.youtube.com/watch?v=LBVLQY5GuGA http://wiki.lived
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%bc%e3%a4%ad%c1%c7... - 2009年06月09日更新
若き素晴らしいディフェンスその2(U20)
タックルのインパクトの瞬間、相手に外されますが、飛び込まずに、タックルを押し込む方向を切り替え、更に相手を押し上げています。 その状態で、相手がパスをした事も、きちんと見逃さず、2人目にもタックルに行っています。 &youtube(http://jp.youtube.com/watch?v=iL_Nm2wP338) 素晴らしいとしか言いようがありません。 こういうプレーを全員ができるようになったら、期待できますね。 http://wiki.livedoor.jp/nuchie/ http://jp
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%bc%e3%a4%ad%c1%c7... - 2009年06月09日更新
若き素晴らしいディフェンスその1(U20)
がり次の攻撃に備えています。 素晴らしいディフェンスです。 大きい外国人に対しては1対1ではかないません。人数をかけて、少しぐらいゲイン(前へ進まれる)されても構いません。 ボールを奪いさえすれば良いのです。 そして、人数をかけた分、素早く動いて次に備える。 日本人の戦い方として素晴らしいプレーだと思います。 &youtube(http://jp.youtube.com/watch?v=oKti6XGzbnc) http://wiki.livedoor.jp/nuchie/ http://jp.
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%bc%e3%a4%ad%c1%c7... - 2009年06月09日更新
ディフェンスのミスはどこに
ディフェンスのミスはどこに このトライシーンですが、3番の選手のタックルミスが原因の様に見えますが、、、 3番はディフェンスとしてよい働きをしています。 まず、その前の攻防で遅れてきたのにディフェンスラインを自然に埋めています。 ボールがすぐ出ているのですが、内側の選手に合わせていいポジションについています。 しかし、最初に飛び込みタックルがあり その為、内側のディフェンスが薄くなり、2人は縦にディフェンスせざるを得ません 外側の2人が、内側の走力も考え、もう少し引いて内側にポジションするべきだっ
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%a5%c7%a5%a3%a5%d5... - 2009年03月31日更新
晴らしいディフェンス、ウイングではないのに
のあるべき姿を理解していて、 素晴らしいディフェンスです!! http://wiki.livedoor.jp/nuchie/ http://jp.youtube.com/user/nuchie0 ラグビーシックスネイションズ
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%c0%b2%a4%e9%a4%b7... - 2009年03月26日更新
しびれるくらいのディフェンス力
LV)を作ったのか 私は、この完成されたディフェンスにあると思います。 ディフェンスのレベルが高くなりすぎ組織的に完成されてしまった為、 攻撃が難しくなった。 そのため、今回のような大幅なルール改正が試験的に行われたのだと思います。 まず最初のシーンですが、2人がタックルに行きますが 倒しません。 更に3人目も倒すのではなくボールを奪うこと ボールキャリヤーの思うようにダウンボールをさせない事 に重点を置いています。 結果ターンオーバーになります。 そして、攻守交替となり、 アタック4人に対しディフェン
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%a4%b7%a4%d3%a4%ec... - 2009年03月25日更新
先読みのディフェンス
番はゴールに向かって走ります。 味方のディフェンスで抑えられるところにある間はボールに向かって走らず 先を読んで回り込みます。 最終ラインを突破した選手に対し、初めて方向をかえて一気にタックルします。 &youtube(http://jp.youtube.com/watch?v=J_8EypJiMiM)
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%c0%e8%c6%c9%a4%df... - 2009年03月25日更新
被り過ぎてしまった場合の対処
通常3人のディフェンスが同じ方向に進み外へ押し出すディフェンスをしますが ディフェンスの2人は同じ動きをしていますが、 外のディフェンダーがその動きに合わせず、内側へ入り込んでしまいます。 しかし、タッチライン際の選手にパスをされると、大ピンチになる事が分かっているので タックルではなくパスカットする為にジャンプしてパスを阻止します 結果ピンチを免れました &youtube(http://jp.youtube.com/watch?v=i0k47GLARUU) この場合の失敗例は このようになりま
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%c8%ef%a4%ea%b2%e1... - 2009年01月21日更新
被り過ぎて余ってしまう、タッチ際へ押し出せない
この時点でアタック3人、ディフェンス3人です。 ディフェンスの2人は同じ動きをしていますが、 外のディフェンダーがその動きに合わせず、内側へ入り込んでしまいます。 結果ボールキャリヤーが1人で3人をひきつけパスをすることができました。 また、その後のウイングのディフェンスですが、 タッチラインを味方にするのではなく、タッチライン際を走られるのが嫌で ライン際に立って正対してしまっています。 これでは内側にステップをきってくださいと言わんばかりです。 本来なら、タッチライン際のスペースを開けて、押し出すデ
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%c8%ef%a4%ea%b2%e1... - 2009年01月21日更新
ディフェンスミス、無駄なラックに入ってしまう
「捨て」て ピラーとして、ラックサイドのディフェンスを固めるべきです ブラインドサイドは2人立っていますが、 オープンサイドには1人しか立っていません。 通常、ラックサイドのディフェンスは2人立つのがセオリーです。 1人目の「ピラー(ポスト)」は縦に 2人目の「フローター」は流れてバックスを押し出すようなディフェンスをします。 立っている1人が、人数が足りない事をコールして呼ぶべきでしょう &youtube(http://jp.youtube.com/watch?v=pNbg8vb4awE)
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%a5%c7%a5%a3%a5%d5... - 2009年01月14日更新
セオリー通りのアタックにまんまとひっかかってしまう
ディフェンスミス、セオリー通りのアタックにまんまとひっかかってしまう(三洋 VS NEC) アタックは、まず縦に走り、横に流れ、1人で2人をひきつけて、飛ばしパス。 ディフェンダーはまんまとひっかかってしまったので すぐ外のディフェンダーが内側へ詰め 結果大きく穴が開いてしまいました。 &youtube(http://jp.youtube.com/watch?v=nNETU2v6Omg) 防ぐには、やはり、内側の選手にディフェンスをさせるべきです。 http://wiki.livedoor
http://seesaawiki.jp/w/nuchie/d/%a5%bb%a5%aa%a5%ea... - 2009年01月13日更新
 1  2  次の14件



スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。