その他登場人物

その他登場人物です。
なお、ハルヒシリーズ初心者の閲覧を考慮して、
ネタバレ部分は別に専用のページ(−その他登場人物)を設けています。

キョンの妹

キョンの妹で小学5年生。本名は不明。
小五のわりには舌っ足らずで幼い印象を受け、身体が小さいこともあり
(アニメではボストンバッグにすっぽり入ってしまっていた)、
とても小五には見えない。
兄のことを「キョンくん」と呼び、そのあだ名を定着させる一因となった
(ちなみに最初に言い出したのは親戚のおばちゃんらしい)。
「キョン」の例をはじめとして、耳についた愛称を片っ端から使う癖がある。
SOS団団員(中でも特に朝比奈みくる)へなつく傾向がある。
何も考えていないように見えて、荷物に紛れて旅行について来ようとするなど、意外と行動派。

シャミセン

SOS団の映画制作に欲しいとハルヒが適当に選んだ、
オスの三毛猫(かなり珍しい)。この不吉な名前はハルヒがつけた。
現在はキョン宅に飼われており、妹にオモチャにされることが多い。
−その他登場人物へ。)

多丸圭一(たまる けいいち)

初登場はSOS団夏合宿で、ハルヒに対しては
「古泉の遠縁の親戚にあたる実業家」と紹介された。
−その他登場人物へ。)

多丸裕(たまる ゆたか)

初登場はSOS団夏合宿で、圭一の弟と紹介された。(−その他登場人物へ。)

新川(あらかわ)

初登場はSOS団夏合宿で、その際は「多丸に雇われている執事」と
紹介された。
−その他登場人物へ。)

森園生(もり そのう)

初登場はSOS団夏合宿で、その際は新川と同じく
「多丸に雇われているメイド」と紹介された。
−その他登場人物へ。)

中河(なかがわ)

6巻『動揺』で登場。
キョンの中学時代の同級生。
キョンとは別の私立高に進学し、アメフト部に所属。
キョンによる人物評は「気は優しくて力持ち」。
−その他登場人物へ。)

吉村美代子(よしむら みよこ)

通称ミヨキチ。
文芸部会誌作成の際、キョンが担当した「恋愛小説」でその存在が
明らかになったが、SOS団メンバーとの面識はまだ無い。(−その他登場人物へ。)

ハカセくん(本名不明)

6巻『動揺』で初登場。
ハルヒの家の近所に住んでおり、たまにハルヒに家庭教師をしてもらっている
らしい。礼儀正しい少年で、絵も上手い。
作中でみくるやキョンには名を名乗っているが、
読者には本名が明かされていない。「ハカセくん」はキョンが命名した。
−その他登場人物へ。)

サラリーマンふうの男(本名不明)

第7巻『陰謀』で登場。
キョンとみくる(みちる)がみくる(大)の指示によって仕掛けた悪戯の被害者。(−その他登場人物へ。)

未来人(本名不明)

第7巻『陰謀』で初登場。
−その他登場人物へ。)

誘拐少女(本名不明)

第7巻『陰謀』で初登場。
−その他登場人物へ。)

ルソー

第8巻『憤慨』で登場。
キョンのクラスメートである阪中が飼っている犬で、
ウェストハイランドホワイトテリアという種ある。
阪中の父やハルヒからは『ジャン・ジャック』と呼ばれている。
たった一日行動を共にしただけで、SOS団全員の心を捉えた
カリスマ性溢れる犬。
2006年06月02日(金) 21:41:17 Modified by organ18




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。