第11話

射手座の日  放送第11話/構成第13話


エピソード分類:原作
エピソード概要:原作第5巻収録の同名エピソードを映像化




補足

■話の大筋は原作通りだが、いくつかのシーンが大幅にカットされている。
 艦隊戦の映像化をメインに据える為と思われる。

■長門の空中マウスは、「あずまんが」や某海外SFに似たようなシーンが
 存在しているので、それのパロディであると思われる。
 
■また、ミステリックサイン時にわざわざ手動でパソコンを起動していた
 こと等が、今回のエピソード中で描かれている長門のパソコン操作の
 上達に僅かな引っ掛かりを生み、ファンの間で若干議論が交わされたりも
 した。

■ゲームの仕様や対戦時の顛末も、大幅に変更されている。

■この回は他の回と異なり作画が違っている。
 その為、長門が他の回に比べて幼い感じの外見に仕上がっており、
 より原作イラストのイメージに近いものになっている。

豆知識

■今回のエピソードの脚本を手がけたのは、
 「フルメタルパニック」の著者、賀東招二だそうである。
 冒頭の古泉の返事「アイアイ、マム」もその繋がりであろう。

■ゲーム対戦時のBGM等は、全て実際に存在する曲を用いている。
  • ラヴェルのバレエ音楽「ダフニスとクロエ」より夜明け
  • ショスタコーヴィッチの交響曲第7番「レニングラード」第1楽章
  • チャイコフスキー交響曲第4番ヘ短調作品36第4楽章「フィナーレ」

■モザイクがかかっているアレは、もちろんガ○ダム。

■コンピ研部長のあの外見は、もちろんデ○ラー。

■キョンが叫ぶ「落ちろカトンボ!」は『機動戦士Zガンダム』のパロ。

■ハルヒのドロップキックの打点が高すぎるという指摘があるが、
 あれは原作の挿絵を忠実に再現したものである。

■ラストの古泉の声が変なのは、原作にある「幼少の皇帝を
 意のままに操る外戚宰相のような」という表現を実演したか、
 何か他作品のパロではないかと言われている。

■ラストで長門が何かをタイピングで表現しているが、
 スローで指の動きを追いかける限り、少なくともファンの間で
 指摘されている「ありがとう」と打ったのではない。
 今のところ、何と打ったのかは不明。 

■次回(12話)予告では、珍しく放送話数と構成話数が合致している。
 また、予告のシメは、『マクロス7』のパロである。

■当初、ファンの間では公式サイトが「エンドレスエイト」仕様である
 ことから、映像化されるのはエンドレスエイトであると思われていた。
 しかし、実際に映像化されたのはエンドレスエイトではなく
 この射手座の日であった。
2006年06月21日(水) 18:36:24 Modified by organ18




スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。