世界の特殊文字ウィキ

拡張ラテン【両唇衝撃音】

拡張ラテン文字辞典 - 拡張ラテンW】カテゴリです。
ここでは、ラテン文字両唇衝撃音 LATIN LETTER BILABIAL PERCUSSIVE を取り上げます。

LATIN LETTER BILABIAL PERCUSSIVE - 両唇衝撃音【ʬ】

文字名称 バイラビアル・パーカッシブ / BILABIAL PERCUSSIVE
大文字 ユニコード未登録
小文字 ʬ
文字部首 W部
IPA No.*** 両唇衝撃音
IPA英意味 BILABIAL PERCUSSIVE, AUDIBLE LIP SMACK
ユニコード (小)U+02AC
文字参照 (小)ʬ
仮名転写 不明

由来

  • ラテン小文字《w》を縦に並べたもの。この《w》はIPAの上付き文字で唇音化を表すもの (形状は《ʷ》)で、口づけをイメージした形状となっている。

解説

ExtIPAの字母の一つ。ユニコードの別名及び解釈の“audible lip smack”は口づけの音又は舌鼓の音の双方の意味に取れるが、唇を鳴らす行動である衝撃音あるいは打楽音を音声記号で表現したものと思われる。
ExtIPAの本来の目的用途である言語障碍の発音分析で、唇を鳴らしながら発声することの分析のために使われる。
ExtIPAの子音記号表に登録されているが、IPA番号は設定されていない。
ユニコードでは1999年に両歯衝撃音などExtIPAの子音字4種と共にバージョン3.0で追加された。ユニコード6.3の標準字形では長さがx幅から上に突き出たアセンダサイズであるが、DejaVuフォントでは“i”と同じ幅である。
現行の2008年改訂版のExtIPA子音記号表の正字は、上付き文字になっている。

ネットスラング

日本のインターネットのスラングでは、笑いのローマ字表記〈warai〉の略語の《w》が上下に2つ重なったものとして、大爆笑を意味するものと解釈され、唇を震わせながら大笑いするものを指すと思われる。

使用言語・文字

特殊文字

  • ExtIPA

関連項目

親字

参考HP

【LATIN LETTER BILABIAL PERCUSSIVE - fileformat.info】
http://www.fileformat.info/info/unicode/char/02ac/...
【LATIN LETTER BILABIAL PERCUSSIVE - decodeunicode.org】
http://www.decodeunicode.org/en/u+02ac/properties
【extIPA SYMBOLS FOR DISORDERED SPEECH (Revised to 2002)】
http://web.uvic.ca/ling/resources/ipa/charts/ExtIP...
【extIPA SYMBOLS FOR DISORDERED SPEECH (Revised to 2008)】
http://www.langsci.ucl.ac.uk/ipa/extIPAChart2008.p...
【wが二つ重なった文字「ʬ」がバイラビアル・パーカッシブだと調べる方法】
http://developer.cybozu.co.jp/akky/2014/01/how-to-...
【Extensions to the International Phonetic Alphabet - Wikipedia】
https://en.wikipedia.org/wiki/Extensions_to_the_In...

タグ