Java, Webアプリケーション開発関連を中心にRed456が学習した技術メモを紹介するwikiです。

概要

Western Digital製の内蔵型HDDは、購入時の状態でWindows 2000/XPに接続してもすぐに使えるようにはならない。
使えるようにするためには、Western Digitalのホームページから、Data Lifeguard Tools 11.2 for Windowsソフトウェアをダウンロード&インストールし、該当のHDDに対して実行しなければならない。
これはメーカーの説明によると、Windows 2000/XPとHDDのDOSバージョンが異なるためだそうだ。

動作確認済みHDD

  • WD5000AAKS(外付けケースに入れてUSB接続で確認)

インストール手順

  1. HDDをPCと接続する
  2. デバイスマネージャ(システムのプロパティ→ハードウェア)でHDDが認識されていることを確認
  3. Western Digitalのサイトから、Data Lifeguard Tools 11.2 for Windowsをダウンロード
  4. Data Lifeguard Tools 11.2 for WindowsをPCにインストール
  5. Data Lifeguard Tools 11.2 for Windowsを起動し、購入したHDDに対して実行
  6. HDDが利用可能になったことを確認

メニュー

Javaメモ
データベースメモ
プログラミングメモ
ハードウェアメモ
ソフトウェアメモ
Windowsメモ
Linuxメモ
その他

Wiki内検索

管理人のみ編集できます