ヒビキ

【ひびき】

31歳。
に変身する能力を持つ青年。魔化魍の脅威から人々を守る響鬼となって活躍する。20年近く魔化魍と戦い続けている歴戦の勇士。
性格は人当たりが良く、気さく。常に敵との戦いに対する注意を払いつつも、人を和ませることを忘れない“大人”。その人柄から各地に心を許せる老若男女、数多くの友人を持ち、その土地土地で歓迎を受ける。

(TV朝日公式サイトより)

オープニングで頬に書かれている文字は「響」

<本名>日高 仁志【ひだか ひとし】
<生年月日>1974年12月16日
<担当地区>首都圏
<住所>〒125−0053 東京都葛飾区柴又6−39−8 「たちばな
<本籍地>岐阜県関市小屋名52−1−???
「十二之巻 開く秘密」で登場した名簿の記載では、こうらしい。

メカ類は苦手のようで、魔化魍の記録は手帳に。クレジットカード、携帯電話も持っていない(屋久島滞在時には公衆電話を使用)。

ヒビキの手帳にある「アミキリ」のページ右には、山吹鬼(=ヤマブキ)という名前が載っていた。そのページには「エビマヨのおいしい店」までメモしてある…。

「一之巻 響く鬼」〜「九之巻 蠢く邪心」

「一之巻 響く鬼」屋久島に向かうフェリーで、イルカを見ながら「イルカがいるぞ たくさんいるぞ ぞ ぞ そ そ そそそそ ぞぞそそ そがいるか」替え歌(かえるの合唱)。偶然海へ落ちそうになった子供を助け上げ、呆然としているする明日夢くんの脇を通り過ぎ「結構、鍛えてます」。

東京の「たちばな」に公衆電話で連絡。「屋久島」「くもり」「湿度、70%」などと会話してます。

山へと入る時、丸いディスク状のものを取り出し、音叉のようなものでディスクを叩く。ディスクはタカのような形に変形し飛んで行き「よろしく!」。

千寿さんの車で島めぐり中の明日夢くんと再会。木を抱え「なんて言うのかな…あのとはね、古いつきあいでさ。ちょっと、力を借りに来たって感じかな」「力を?」。

そのとき千寿さんが突然姿を消してしまう。ヒビキたちの動きを見守っていた童子の仕業。白いクモの糸のようなもので千寿さんをからめ捕り、満足げ。そこへヒビキさんが放ったタカオオカミが現れ、童子らに挑みかかる。千寿さんを見つけたヒビキさんは、気を失ったままの彼女を明日夢くんに託し、自らは童子たちを追い対峙すると、音叉を鳴らし、響鬼に変身。

怪童子妖姫と化した2人と激しい空中戦を展開。粘着糸に苦戦し、ついにからめ捕られたか、と思ったそのとき、タカが糸をカット。口を開け怪童子に向かって紅蓮の炎を放つ様子を明日夢くんに見られてしまう。

『ヒビキです』:明日夢くんに、「ヒビキさんは上の名前ですか下の名前ですか」と聞かれた後に、ヒビキさんが言った言葉。

「二之巻 咆える蜘蛛」戦いに巻き込みになった明日夢くんを危うく助けるが、恐れをなされ逃げ出されてしまう。明日夢くんを庇った際に傷を、怪童子を倒すと自らの気合いで傷を治してしまう。
倒れている千寿さんと明日夢くんに「とにかく山を下りよう」。千寿さんが運転してきた車で戻ることに。MT車だったため、ペーパードライバーのヒビキはエンストの連続。明日夢くんの祖父の家の前で、明日夢くんから相談を持ちかけられます。

電話を借り香須実さんに、その日の出来事を報告。どうやら魔化魍ツチグモが人間たちを襲っているよう。
明日夢くんらと夕食。


響鬼の活躍をホロ酔い加減の郁子さんに報告してますが、まったく信じようとせず、口をつぐんでしまう明日夢くん。偶然目にし、責任を感じてしまいます。

海岸で新たな音撃棒を作り、後を追ってきた明日夢くん「ヒビキさん…て、普段何やってるんですか?」「あぁ、人助け、ってとこかな。いやね、初めからそういうことを考えてた訳じゃないんだけど、ま、だんだん板についてきた、って感じかな」。明日夢くんから相談された高校進学についての悩みの答えを求められ「なかなか答えづらいんだけどな」というだけ。「自分を信じること、それが自分が自分らしくあるための第一歩なんじゃないかな」「出会いがあれば。別れもあるさ。さ。さ。さ。さ。ささささささささ、さようなら」替え歌(かえるの合唱)。そう言って、明日夢くんにコンパスを手渡すと、島の南側を回ると言い、急ぐようにさっさと山の中へ。DAの接近を音角が知らせ、音角DAを装置して回し、ツチグモに関しての情報を得るヒビキさん。「とにかく、島の北側はパス。で、南の方だけを回るってことで」「ろじゃ」

古びた山小屋の前でに襲われそうになった明日夢くんを助け逃がすと、響鬼に変身。「俺は、ヒビキだから」。
巨大な魔化魍ツチグモと激しい戦い。背中にとりつき音撃鼓を貼り付け、音撃棒を連打。そして、気合いを込めた最後の一撃で木っ端みじんに破壊。その全てを見ていた明日夢くんの前で響鬼の姿のまま、素顔を露にし「鍛えているんです」というと、一発大きなクシャミを。

ヒビキが響鬼になるときに、服は燃えてしまいます。

『鍛えているんです』:変身後の姿を明日夢くんに見られ、顔だけ変身解除したヒビキさんが言った言葉。

「三之巻 落ちる声」香須美さんとともに奥多摩へ。今回のターゲットは魔化魍ヤマビコ不知火の車中「言いたかないが 連チャンはキツい い い い い」「言うだけ 無駄だよ 頑張ろー♪」と香須美さんの突っ込みが。替え歌(かえるの合唱)。
ヤマビコの奴さ、ほら、声狙ってくるでしょ」「うん、TDBで読んだ。「やっほー」ってやって、「やっほー」って返ってきたらアウトってことでしょ」「そうそうそう。おうむ返しされたら負けね。…ヤマビコは、俺的には四匹目ですね」「ヤマビコ退治は6年ぶり4匹目」「去年(11月)青森にヤマビコが現れたがそのときは凱鬼(カチドキ)が退治」「ヤマビコ香須美さんとのコンビでは初めて」。
…6年前にもヤマビコと戦ったと言うヒビキさんは歴戦の「」。でも、荷物の扱いの雑さや、手帳の未整理っぷりは、「戦い」以外のことについては大雑把というか考えてないと言うか。「ごくたまに、でしょ」ヒビキさんは、虎縞の魔化魍ノートを持ってます。

ふと明日夢くんのことを思い出し、香須美さんに響鬼としての正体を明かしてしまったことを告白しようとする。が、どうしても言い出せない。そんな不審な言動ですべてを見抜いた香須美さんからと鋭いツッコミが。途端にあたふた…。

「邪魔?」途中、立ち寄った店で、奥多摩の地図で作戦を練るヒビキさん。ところがそこでと偶然、郁子さんとバッタリ…。再会を喜びあうが、ベラベラしゃべられては明日夢くんに正体を知られたことがバレてしまうので「急いでいるので」と適当にごまかし、香須美さんをうながしさっさと出発。でも後の祭り。

奥多摩の山中でキャンプを張るヒビキさんと香須美さん。地図に多数のピンを満遍なく立て、その位置の一つ一つをDAたちに設定していきます。「落ちるよ、その子。試験に。だから言ってるでしょう、みんながみんなヒビキさんみたいに強くないんだからって」「すいませんでした。あの、帰ったら、必ずフォローを入れますから」。響鬼を知ったことで明日夢くんが入試に失敗するかも、と脅かされ素直に反省。柴又へ戻ったらフォローする、と約束。DAの設定終了「はい、じゃあ、お願いします」。

DA童子を発見。さっそく現場へ向い、響鬼に変身。童子怪童子妖姫に変身、響鬼に襲い掛かる。妖姫音撃棒を奪われるが、火炎を吐いて奪還。妖姫は崩れ去る。いきなり襲いかかってくる怪童子に、鋭いパンチで応戦。鬼ヅメで貫かれた怪童子は白い血を流しながら谷底へと落ちていく。

『人助けってところかな』:明日夢くんに、普段何をしているのですかと言われて、ヒビキさんが言った言葉。
『ドロンします』:話が長くなりそうな郁子さんから逃げるとき、ヒビキが言った言葉。

「四之巻 駆ける勢地郎」童子を追い、朝帰り。香須美さんは朝食の支度。ヒビキさん、顔だけ変身解除の状態で「服(テントの)中ね?」。「魔化魍は?」「問題はそっちなんだよなぁ。童子たちの捨て身ぶりからすると、バケモンは移動したってかんじかな」。

DAからの報告を手にするが、なかなかヤマビコは見付からない。と、ふと気になり、明日夢くんに正体を見せてしまったことについて改めて香須美に相談。「ただね、そうは言いつつも、あれはあれで、俺的には(正体バラシは)アリのような気がしてるんだよね」「それ開き直ってる?」「俺の誠意って言うか、俺にはさ、そういう風にしかできないって言うか。そういうやり方が、一番責任持てる気がしてるんだよね」「その子次第なんじゃない」「うん」「ヒビキさんとその子が分かり合えば良いって、そういう事でしょ」バラしてしまったのは確かにまずい、ただ響鬼の存在を明らかにすることが自分の誠意、一番責任を持てる気がする、という。

ついにヤマビコが見付かり、響鬼に変身。巨大に育ったヤマビコと相対することに。危うく巨大な足に踏み潰されそうに。なんとか大足を受け止めて逆に巨体を仰向けに倒すと、すかさず音撃鼓を手にヤマビコの胸にめりこませ、音撃棒を手に連打。

たちばなに戻ると、一足早く帰宅していた勢地郎と再会。「屋久島でご近所さんに会ったんだって」と言われ動揺。まさか、香須実さんか日菜佳さんから聞いたんじゃ…。疑いの目を向けると、2人は懸命に否定。が、店にはなんと明日夢くんとひとみちゃんが。

音撃棒、まだ未塗装の状態です。


『随分、育ったな』:成長した魔化魍ヤマビコを見て、ヒビキさんが言った言葉。

「五之巻 熔ける海」「出会いはいつも、不思議なもンさ。さ。さ。さ。さ。…早速再会驚いた」替え歌(かえるの合唱)。
甘味処「たちばな」」で今後の作戦会議。おやっさんによると、かなりのハイペースで魔化魍退治をしなければならないらしい。シフト表、ローテが3週間から1週間に変更に。「昔に比べて、のなり手が減ったのは、支える側である私たちの責任でもあるまい。一方的にしわ寄せを食らわしてしまってすまないな」「おやっさんねぇ。そんなこと言ったら、じゃあなんで俺には弟子がいないんだって話になるでしょ…なンで、いいんです、頑張ります」

「あの子、いい目をしてたなぁ」「あぁ、素直な…感じの子ですよね」ヒビキとおやっさん、こたつで差し向かい。そこに「ザンキさんが魔化魍にやられた」という連絡が。「カニはもともと、ザンキくんのような弦のひとが主に倒してきた奴なんだけど、今シフト的に、弦の使い手が空いてないんで…で」「…カニ未経験の俺がピンチヒッターだ、と」「はい、よろしく頼みます」。

斬鬼さんが魔化魍バケガニの攻撃により負傷。童子は倒したが、がまだ生き延びているという。本来なら守備範囲外、ザンキさんのような弦の使い手がいない今、初めて相対することになるヒビキさんがバケガニ退治に。
香須実さん、「重傷だって、ザンキさん」対バケガニ戦の経験者であるはずのザンキさんが深手を負う相手に、未経験者のヒビキさん、不安を隠せず「現実って奴は、何時だって厳しい」。

香須実さんは、イブキさんを「正統派の人」と、それに対して「俺の場合、アウトローだし、ロンリーウルフ、そっち系」さらに、ローンレンジャーかタフアンドクールと。

房総の海岸へやってきたヒビキさんと香須実さん、さっそくDAカニを使って周辺を調査することに。ヒビキさん、ひとりとある岩場へ。カニを解き放つと、「鬼さんこちら」というの声が。響鬼に変身、タカオオカミサルDAで攪乱・先制、駆け寄りながら、鬼幻術・鬼火で炎を浴びせ妖姫を瞬殺。そこへ巨大な魔化魍バケガニが。大きなハサミの攻撃をよけながら、すかさず背中に飛び乗り音撃鼓バケガニの甲羅に設置…した直後に。緑色の泡を吹き出すと音撃鼓を溶かしてしまい「何!?」。バケガニの泡を左腕に受け負傷、海中へ逃げざるを得なくなる。

『しょうがないよね、いつだって現実はさ!』:重症を負ったザンキさんの代わりに魔化魍退治に行くことになったヒビキさんが、香須実さんに車中で語った言葉。

「六之巻 叩く魂」魔化魍バケガニの攻撃を受け、傷ついた左腕をかばいながら海から上がり、顔だけ変身解除変身音叉DAたちを招集。そのまま岩場に横たわるヒビキさん。これまでになく傷が痛むようだ。それ以上に音撃鼓さえ呑み込んでしまうバケガニの強さは脅威となりそう。

「少年!」イブキさんのバイクに乗っている明日夢くんを見てびっくり。明日夢くんはどうにもバツが悪そうだ。
なんでこんなところに?と訝るヒビキ>ヒビキさんと香須実さんに、イブキさんはしれっと、「いやぁ、ヒビキさんが怪我してる時に、弟子の彼が側にいないってのもマズいと思いまして」「弟子って?」「僕が?」「ヒビキさんの?」「じゃないんですか」「違うよ」「違うってば」「違います」。

新しい音撃鼓を渡しイブキさんは明日夢くんと帰ろうとしますが、送っていくからと明日夢くんを引き止めます。「僕も鍛えようとしていたんですけど…」と迷っている明日夢くんを、「鍛え足りなきゃ、鍛えるだけだ。だいたいね、そう簡単に鍛えられちゃったら、俺の立場がないんじゃない。これ一筋で鍛えてきたんだから、そう簡単に、少年には抜かれないぞ」「はい。もっともっと鍛えます」(中略)「ヒビキさん。僕も頑張るから、頑張ってください」「頑張ります」。と、素っ気無い言葉でやさしく励まします。

バケガニと再戦、居所を見つけ響鬼に変身。大きなはさみに悩まされ苦戦をしいられ、何度も向っていくが、怪我をしている左手に力が入らず、バケガニの一撃に思わず音撃棒を落としてしまう。苦境に立たされるが、バケガニのふところにもぐりこむと音撃鼓バケガニの腹へ。今度はうまく収まり、右手の音撃棒一本だけで音撃鼓を連打。ついにバケガニは仰向けに倒れ、響鬼の連打に確実に苦しみ始め、最後は木っ端微塵に吹き飛んで…顔だけ変身解除、おもわず安堵のため息をつきます。

『これ一筋で鍛えてきたんだから、そう簡単には少年には抜かれないぞ!』:ヒビキさんが変身音叉・音角を見つめて 明日夢くんに語った言葉

「七之巻 息吹く鬼」とある山中で老婆の家に下宿してトレーニング。「鍛えろ・腕を・足を・ランランラン。磨けよ・技を・男前。走るよ・山を・谷を・海を。鍛えろ・身体・きっちりと」替え歌(メリーさんの羊)。DA3体がアシスタント。

トレーニングの最後の仕上げ、というように大きな太鼓に挑み、連打が終わりホーッと息をつくヒビキさん。

明日夢の合格とイブキさんのことを電話で日菜佳さんに聞くヒビキさん、これから食事です。
「そう言や、おめぇが言ってた、あのバケモノ退治の事だけんどな。でぇぶ、ここんとこ忙しくなってきたっちぅ」…この言い回し、おばちゃんは、ヒビキさんとは旧知の仲、魔化魍のことも知ってるし、猛士の一員?ヒビキさんに「無理するな」と真顔で言うおばちゃん、孫の心配をしているようなものなんでしょう。化け物退治の頻度が上がった話を世話になってるおばちゃんにするヒビキさん。しかも何となくだけど魔化魍が強くなってると感じているらしい。今回、叩き方を色々練習したのも、その所為とか。町の方にも出てきたりするのかと聞くおばちゃんに「まだ無いと思うがいずれそんなこともあるかも」と。これでトレーニングは打ち上げ。

明日朝一番で近くにいるイブキさんを訪ね、そのまま東京に帰る予定。

「八之巻 叫ぶ風」胡瓜を手土産にイブキさんの陣中見舞いに行くと…そこに明日夢くんが。派手に驚きの声を上げて…。いきなりあきらちゃんから「ヒビキさん!お友だち、監督不行き届きですよ!」「え〜〜〜〜〜!?」…明るく驚くヒビキさん。


イブキさんとあきらちゃんがイッタンモメンの退治に出かけると、明日夢くんが「すみませんでした」と頭を下げる。あきらちゃんとのことを聞き、自分たちが猛士というグループの仲間であること、だからといって明日夢くんが負い目を感じる必要などない、と説明し励ます。ヒビキさんが明日夢くんに手渡した写真…ヒビキさんとおばあちゃん香須実さんと若い夫婦と赤ちゃん

一仕事終えたイブキさんとあきらちゃんがベースキャンプへ帰還。ヒビキさんは「お疲れさん」とイブキさんにお茶を手渡すと、もうひとつを明日夢くんに渡し、あきらちゃんに持っていけ、と目で合図。
そんな二人の様子を見ているイブキさんとヒビキさん「あきらと少年、仲直り」♪

『何となくなんだけど、こう強くなって来てる気がするんだよね!』:ヒビキさんが食事中、魔化魍について、おばあちゃんに言った言葉。  

「九之巻 蠢く邪心」「あんたみたいな風情に」「うちの子はやらないからね」童子との戦いの中に。襲いかかるの攻撃をかわし、音角を手に変身しようとするが、その音角童子が奪い、川の対岸へとほうり投げてしまう。怪童子妖姫とに変身。攻勢に出るが、怪童子らを蹴散らすと川の向こう側へ。音角響鬼に変身、音撃棒を手に気合いを込めると、火炎弾を打ち込む技怪童子らに見舞い2体を撃退。

童子を退治して戻ってきた顔だけ変身解除したヒビキさん。「童子はやっつけちゃったから、この調子でオオアリもいっちゃおうと思ってさ」「特訓の成果を早く試したいってことですか」「あぁサンキュ…まあね。一気火勢の型で、一気にいきます」「お次はオオアリか」。


踊るディスクアニマル’s。報告したくてうずうずしているDAたちを、一気呵成にディスク化するヒビキさん。DAに導かれるように魔化魍オオアリがいる洞窟へ。オオアリが吐き出す蟻酸をよけながら接近、音撃棒で牙を折り、右半身の4本の足を折っていき、オオアリの体を仰向けに転がすと、音撃鼓を捻じ込み…「いくぞ!一気火勢の型!!」両手同時打ちでの6撃、オオアリを洞窟の壁に突き飛ばす威力。そして、とどめまで両手同時打ちを続けて、ついにオオアリの身体は四散。「鍛えた甲斐有り」

「十之巻 並び立つ鬼」 」〜「十九之巻 かき鳴らす戦士」「二十之巻 清める音」」〜「二十四之巻 燃える紅」「二十五之巻 走る紺碧」〜「二十九之巻 輝く少年」「三十之巻 鍛える予感」〜「三十四之巻 恋する鰹」「三十五之巻 惑わす天使」〜「三十九之巻 始まる君」「四十之巻 迫るオロチ」〜

細川茂樹(ほそかわ しげき)
生年月日:1971.12.16
出身地:岐阜県
(株)サムデイ
2005年12月06日(火) 13:20:11 Modified by sakisms

添付ファイル一覧(全15件)
c7316a956818908b.jpg (35.36KB)
Uploaded by sakisms 2005年11月26日(土) 16:19:04
5a42882e.gif (23.49KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月12日(月) 08:11:53
21f76a27.jpg (12.23KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月05日(月) 10:29:42
d7cd8c01.jpg (18.07KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月05日(月) 10:14:17
c6725f6d.jpg (6.12KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月05日(月) 09:47:27
3471cfa9.jpg (12.59KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月04日(日) 13:47:38
fa9597cc.jpg (13.81KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月04日(日) 13:47:28
4ebdf82e.jpg (14.82KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月04日(日) 09:29:46
8f746f4a.jpg (15.83KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月03日(土) 10:57:56
73d48ef2.jpg (7.20KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月03日(土) 10:13:24
bb8b31dc.jpg (18.51KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月03日(土) 08:24:09
78c508f1.jpg (18.20KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月02日(金) 14:54:21
76547737.jpg (17.47KB)
Uploaded by sakisms 2005年09月01日(木) 09:21:53
2c9c25e9.jpg (18.89KB)
Uploaded by sakisms 2005年08月27日(土) 11:59:15
afc17d8b.jpg (22.41KB)
Uploaded by sakisms 2005年08月22日(月) 11:03:04



スマートフォン版で見る