目次一覧
最近更新したページ
最新コメント
このウィキの読者になる
更新情報がメールで届きます。
このウィキの読者になる
Wiki内検索

桜川のサクラ



「桜樹両岸にならび立ちて、長堤十里一帯の雲なる隅田の川辺も遥かに劣る花の名所」

我々が普段“磯部のサクラ”と呼んで親しんでいる「桜川のサクラ」は、古来より
「西の吉野、東の桜川」と並び称されるほどのサクラの名所でした。

平安時代の歌人紀貫之
「常よりも 春べになれば桜川 波の花こそ まなくよすらめ」
と詠ったのは、まさにこの桜川のことです。

残念ながら、紀貫之自身は桜川を訪れてはいませんが、東国の桜川の評判が
遠く平安京の都人にまで届いていた証しでもあります。

室町時代には、櫻川磯部稲村神社室町時代には、櫻川磯部稲村神社宮司が時の関東公方足利持氏に花見噺「桜児物語」を献上、これを基に、時の将軍足利義教が幽玄能の大家世阿弥元清に作らせた謡曲「桜川」の舞台となりました。

江戸時代になると、水戸黄門として有名な水戸光圀や笠間藩主牧野貞喜なども度々桜川の地を訪れ、サクラを愛でたと言われています。

 特に水戸光圀は、偕楽園前を流れる小川(見川川)のほとりに桜川のサクラを移植し、その川を「桜川」と名付けてしまうほどこの桜がお気に入りでした。
(現在も水戸市内に「桜川」は流れています)

 四代将軍家綱の隅田川堤への移植、八代将軍吉宗の玉川上水堤への移植をはじめ、江戸の花見の名所づくりには「桜川のサクラ」が大量に移植されています。
(現隅田公園の「墨堤植桜の碑」や、玉川上水沿い「小金井桜樹碑」に桜川のサクラの記述が見られます)

 小金井堤の桜の縁起を辿ると「吉野桜50本と桜川の桜50本が交互に植えられた」
とあり、この事実を見ても当時の「桜川のサクラ」の評判が伺えます。


 明治時代になると、当町出身の俳人で文学者である石倉翠葉(重継)氏が、当時学生として上京した折、師に「故郷は?」と聞かれ「岩瀬(当時は
「那珂村」か?)」と答えたところ、「桜川のサクラ」について聞かれます。

しかし、この桜のことを全く知らなかった重継は自分の無知を恥じ、故郷に帰って徹底的に調べはじめます。

すると、この桜の素晴らしさを知ると同時に、これだけの名声を誇った桜が衰退し危機的な状況にあること、地元の人たちからも忘れ去られようとしていることを知り、これを憂いた重継(当時20歳)は調査したものを書籍として出版することを決意。

が、学生の重継には本を出版するだけのお金がなく、田畑を売り払ってこれに充てたと言います。

また、それでも足りない部分を当時交流のあった(岡倉天心の弟子で菱田春草や横山大観、下村観山などと共に日本画の発展に寄与した)木村武山に挿絵を頼んだり、屏風絵などを描いて貰いこれを売って原資に当てたとも言われています。

こうして出版されたのが『櫻川事蹟考』です。
(原本は茨城県立歴史館蔵)大 正 時 代

この本の出版と、そのための調査が礎となり、大正になると帝国大学(現東京大学)の教授であり、植物学者で“桜博士”と呼ばれていた三好学氏が当地の調査に訪れます。

結果、大正13年に国から「名勝桜川」として指定を受けることとなります。

三好はこのとき、山桜の中でも学術的に非常に貴重な種類として11種を選び、これを自身の出版した『櫻花図譜』にも掲載されています。

この11種類は、後の昭和49年に国から「天然記念物」として指定を受けることとなります。

名勝指定地である櫻川磯部稲村神社参道馬場付近は、指定後しばらくはサクラの時期になると、大勢の花見客で賑わうようになったそうです。

しかし、飲めや歌えの花見は徐々に風紀が乱れ、近隣の芸者が時期になるとすべて磯部に(客引きの為に)集まってしまうほどで、客の取り合いや芸者の取り合いといった騒ぎが頻繁に起きるようになります。
こんなことから「磯部の花見は“喧嘩花見”」との悪評が立つようになっていったそうです。

また、「花より団子」の花見によって、サクラは長時間にわたって根を踏みつけられたり、枝を折られたりしたため、徐々に樹勢が弱り、花見客を敬遠するようになっていった地元の人たちの感情もあってか管理も疎かになっていきました。
桜の衰弱だけでなく、明治以後の染井吉野の群植による圧倒的な桜の景観が花見の主流となったこともあり、山桜である桜川のサクラの花見客は激減していきます。

いよいよ桜川のサクラも存亡の危機に瀕するに当たり、これを憂いた人たちの助言もあり、昭和49年に三好学博士が選んだ11種のサクラが国の「天然記念物」として指定を受けることになります。
その後、昭和54年には国指定名勝地を造成して都市公園として拡張整備、これが現在の「磯部桜川公園」です。

残念ながら都市公園として整備されたものの、その後も桜の管理は行われておらず、密植による生育の悪さなどから枯死する木や病気にかかっている木が多数放置された状態となっています。

近隣にも染井吉野や八重桜など園芸品種の桜を群植したお花見スポットがいくつも出来たこともあり、山桜が主体の公園は今では地元の人すら訪れなくなってしまいました。
日本でも最古の桜の名所として1千年の歴史を持つ由緒あるこのサクラが、地元の人の心からも忘れ去られようとしているのです。

サ ク ラ サ ク 里 プ ロ ジ ェ ク ト

こういった現状を知り、この山桜を見直そう、保護・育成しもう一度世に出そうと動き出した団体があります。
桜川市岩瀬商工会青年部を中心に活動する「サクラサク里プロジェクト」です。
この「桜川のサクラ」をテーマにしながら地域活性化に結びつけようと、地元の商工業者がオリジナルの商品を開発販売し、売り上げの一部を桜川のサクラの保護育成に当てようという動きです。
活動の輪はプロジェクト以外にも広がり、平成19年には(財)日本花の会桜川支部が同財団の全国26番目の支部として設立されました(現在会員数41名)

平成20年には市の木に「桜」が制定されました。





桜川のサクラ(茨城新聞社特集記事抜粋)

「磯部の百色桜」といわれ、花の形や色、においがさまざまな山桜が、磯部地区の桜川公園周辺に保存されている。1974年に国指定天然記念物に指定されたが、その対象は珍しい十一種の桜の品種(桜川匂・樺匂・梅鉢桜、白雲桜、薄毛桜、初見桜、初重桜、源氏桜、大和桜、青毛桜、青桜)を指し、今もひっそりと保護されていることはあまり知られていない。

「岩瀬は花こう岩の土質が桜の発芽に適し、真壁あたりまで山桜が豊富。自然に品種を増やし学術的にも貴重な地になった。ただし花見の名所になったのは大正以降のこと」。磯部稲村神社宮司の磯部亮さん(47)はそう説明する。

もともと桜川は、木花開耶姫(このはなのさくやひめ)をまつる同神社を中心に馬場や広場に桜が植えられ、古くから桜の名所だったとされる。

平安の歌聖・紀貫之は和歌「つねよりも春になれば桜川 波の花こそまなくよすらめ」(後撰和歌集)を記し、桜川の名声が京の都まで届いていたことをうかがわせる。室町期には世阿弥の謡曲・桜川が生まれた。
 ほかに「冬ながら老木の花も桜川 深き恵みの春にあふ身は」(本居宣長)など文人・俳人の歌の対象となった。

桜川は「桜の産地」でもあり、江戸期には移植が盛んになり、水戸光圀は水戸城や周辺に桜を移植、小川を桜川と名付けた。歴代将軍も桜川の桜を数百本隅田川付近に移植、吉宗は川の浄化や庶民の花見のため、江戸に吉野と桜川の山桜を交互に移植して集めた。移植数は二万本。現在の皇居や上野山、新宿御苑、小金井公園などに見られる。

 その後、岩瀬出身の文学者・石倉重継(翠葉)が明治後期、「櫻川事蹟考」を著し、それまで寂れていた名所を復活させたのを機に、一九二四年に名勝桜川の国指定を受けた。大正時代の植物学者で桜研究の大家・三好学は、著書「櫻」で全国の桜名所の一つに桜川を挙げ、東北種の白山桜が多いと紹介した。

 それ以降花見の地として人気が出たものの、枝を折る酔客らが増え「けんか花見」と悪評も立ったという。

 桜の保存や観光振興の運動もあった。幕末や明治期には、地域が桜川保勝会を設け、花見の観光地として桜川を活用。銘酒や杯、封筒、桜木のはし、扇子、硯石など名産品を作った。しかし、そうした取り組みも浮き沈みがあった。現在の公園も、古木管理が行き届いているとはいえない。

 そうした中、旧岩瀬町の商工会青年部は、新たな名産品開発や山桜保存を呼び掛けている。「桜川といえば山桜。歴史を踏まえ山桜を増やし、地域も行政もきちんと管理していくことが大事。保存の動きはありがたいこと」。磯部さんはそう言って、桜の木々をいとしそうに眺めた。


天然記念物指定のサクラ(11品種)


(1段目左から)「桜川匂」「樺匂」「初重桜」
(2段目左から)「初見桜」「大和桜」「源氏桜」
(3段目左から)「白雲桜」「薄毛桜」「青桜」
(4段目左から)「青毛桜」「梅鉢桜」 (写真提供:櫻川磯部稲村神社)
2008年02月01日(金) 12:06:45 Modified by sakurasakusato

添付ファイル一覧(全12件)
ab7baf94ed938a52.jpg (7.30KB)
Uploaded by sakurasakusato 2006年02月06日(月) 09:02:35
91cc6060e8459da2.jpg (6.82KB)
Uploaded by sakurasakusato 2006年02月06日(月) 09:02:10
f93870f410aea0ae.jpg (5.30KB)
Uploaded by sakurasakusato 2006年02月06日(月) 09:01:47
1193f0a0ab3da7bb.jpg (7.98KB)
Uploaded by sakurasakusato 2006年02月06日(月) 09:01:21
51b73cedece28768.jpg (8.34KB)
Uploaded by sakurasakusato 2006年02月06日(月) 09:01:01
43c9e6659ee6a6c7.jpg (6.30KB)
Uploaded by sakurasakusato 2006年02月06日(月) 09:00:15
f407a7a04902162a.jpg (5.14KB)
Uploaded by sakurasakusato 2006年02月06日(月) 08:59:50
5c41ca6014258a4c.jpg (5.94KB)
Uploaded by sakurasakusato 2006年02月06日(月) 08:59:03
ca0230ab0ebc97ef.jpg (7.24KB)
Uploaded by sakurasakusato 2006年02月06日(月) 08:58:44
17e29602877c9b09.jpg (6.73KB)
Uploaded by sakurasakusato 2006年02月06日(月) 08:58:07
666a21accffe7068.jpg (7.17KB)
Uploaded by sakurasakusato 2006年02月06日(月) 08:57:36
418d338e60e15f46.jpg (129.45KB)
Uploaded by sakurasakusato 2006年02月05日(日) 16:36:06



スマートフォン版で見る

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。