成年後見の世界は、親族の後見人がほとんどを占めています。わたしのような専門職の後見人は、全体数からするとほんのわずかです。しかし、わたしが毎日書いている成年後見のメルマガには、親族後見人からの質問メールが絶えません。専門職後見人は、まわりにプロの法律家がたくさんいるので、気軽に相談できるし、悩んだときはどこに相談すればよいのかすぐに分かります。親族後見人の場合は、人によってはどこにどう相談すれば、抱えている悩みが解決するのか分からない人もいるでしょう。そんなときに参考になればいいなと思って、このページをつくりました。

ごあいさつ


 みなさん、こんにちは。
横浜市で行政書士事務所を営んでいるマシモと申します。
私は、成年後見専門の行政書士として日々、勉強と実務を重ねております。
いわば、プロの成年後見人と言えます。
しかし、成年後見はなにも行政書士の独占業務ではありません。
弁護士や司法書士もやりますし、何の資格がなくてもできます。
いやむしろ、親族による成年後見の方が一般的かもしれません。
ケースに応じてさまざまな形で対応してゆく。
これがベストのあり方でしょう。
このサイトでは、特別に法律職の利点を追求したりしません。
成年後見に関する基礎知識から、実務知識、最新情報、問題点など、ありとあらゆる事柄を扱ってゆきたいと考えてます。
力不足なところも多々あるとは思いますが、そんなときは温かくご指摘いただけると助かります。


〜★成年後見の基礎知識(本当の基礎の基礎です。サラリと読めるように書きました。)★〜

〜★成年後見入門(ここから入門って感じです。まだまだこれからですが、出版されている本に負けない内容にしたいです。)★〜?

〜★認知症の基礎知識(認知症に関するごく表面的な知識です。)★〜

〜★認知症入門(これからつくってゆきます。認知症について、勉強したことを書いてゆきます。)★〜

〜★遺言の基礎知識(ご要望が多いようなので書きます。)★〜

〜★おすすめの本★〜






livedoor Wiki関連リンク

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!