石で炉床を組みそのまわりで食事をし酒を酌み交わす。そんなカウボーイ・カウガールに憧れる、焚き火大好きオトナ達のよもやま話



●Holy Field札幌本部事務局はこんな感じ

2007年5月開催の「SFPS Meetig八重桜の宴とBarの夕べ」を最後に「SFPS札幌本部Fire Place」での事業が終了、今後は「SFPS・Holy Field Fire Place・札幌本部事務局」として、'07年6月より生まれ変わりました。

南区は札幌市で最大の区面積を誇り、そのほとんどが森林地帯、山岳地帯でもあり自然に恵まれた所である。ご存知札幌の奥座敷「定山渓温泉」「豊平峡」にほど近い南区南沢にChairman宅が、その自宅の庭に「都市住宅型Fire Place」と勝手に呼んでいる屋外炉床が用意され、「SFPS・Holy Field Fire Place・札幌本部事務局」の Fire Placeとなっている。また広告写真家でもあるChairman宅B-1Fは仕事場でもあるPhoto Studio、事務所がありその一角にBarが用意され、我が「札幌ファイヤープレイス協会」会員のメンバーズ専用Barとなっている。

1) 2) 3)
1)「Holy Field Fire Plac」(栗沢)まで行かなくても正会員であれば 札幌本部事務局のFire Placeを利用する事が出来る。
2)何を語ってるのか?その語り口もFireの会だけあって熱いのだ!札幌本部事務局のFire Placeで楽しむ会員達!。
3)Studioではカンテレによるコンサート(日本を代表するカンテレ奏者:荒 博子さん)、ときにはフラメンコショーを。


ここが「札幌ファイヤープレイス協会」会員のメンバーズ専用Barとなっているのだが「SHANK」と立派な名前がついている事は知られていない、…残念。

この人が、ChairmanでRogersらしい?。……ウーム!。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

カウンター

メンバーのみ編集できます