カキツバタ

科目:アヤメ科
漢字:杜若


【コメント】
  • アヤメ科の仲間では最も水湿を好み、水辺に群生することが多い。
  • 城山では登り口下の湿地に自生。

いずれがアヤメかカキツバタ(外花被片の違い)
アヤメ:黄色と紫色の虎斑模様
カキツバタ:中央から爪部にかけて白から淡黄色の斑紋

【撮影記】
24.5.26 
00.00.00

Menu

1.植物//検索システム


  • 2.自然観察(植物以外)
  • 3.風土(風俗、風習、風景、歴史)
  • 4.くすりの話し
  • 5.ブログ



【メニュー編集】
Wiki記法ガイド

管理人のみ編集できます