NPO法人日本茶インストラクター協会南九州会員による活動情報および日本茶情報サイト

9月25日、八女市黒木町にある福岡県農業総合試験場八女分場において『日本茶インストラクター協会北九州ブロック研修会』が開催されました。
お手伝いでお邪魔したので、その様子を紹介します。

研修会には北九州ブロックの会員50名が参加なさいました。



研修会は実行委員会が中心になって運営をなさいましたが、実行委員長の牛嶋さんはこの研修会の準備で7月3日に打ち合わせに来熊なさるほど、研修会に掛ける意気込みを感じてしまいます。
気安く「お手伝いします」と引き受けたものの、こちらも気合を入れないといけないと感じたところでした。



ちなみに、牛嶋実行委員長は釜炒り茶のために良い生葉を準備してくださいました。



「おくみどり」ということもあって若干茎が目立つかなぁ〜と、始まる前に茎を除く作業をしました。
でも肥料の利いた良い生葉だったので、終わってみれば茎まで十分揉み込むことができました。



私が担当したのは中華鍋を使っての釜炒り茶づくりでした。
午前中に10名、午後に10名の20名に釜炒り茶づくりを楽しんでいただきました。
釜炒り茶というと生葉がパリパリと音を立てて・・・というイメージですが、中華鍋でそのようなことをしたら直ぐに焦げてしまいます。
中火〜とろ火くらいで十分です。



茶葉に十分火が通って、その表面が程良く乾いたらクラフト紙の上で揉捻です。



茶葉の表面に水分が戻ってきたら、再び中華鍋で表面の水分を飛ばします。
ポイントは「乾かすのだけど、乾かしちゃ駄目」、専門用語で言えばきちんと『恒率乾燥』を行うということ、蒸し製緑茶と理屈は一緒です。



研修会ではいわゆる『手揉み』もありました。
10名ずつの3グループで煎茶を作ります。
ちなみに原料は蒸して葉打ち工程まで済ませた一番茶を冷凍保存してありました。



もう一つはいわゆる『手釜』、平いらに据えた釜で『青柳』に挑戦なさいました。
釜炒り茶を希望なさった方は、午前と午後で中華鍋と『手釜』の両方を体験できました。



製茶実習が終わると互評会、自分達が一所懸命作ったお茶を皆で評価しあいました。
「お茶づくりがどれくらい大変か分かった」という参加者の声もあり、有意義な研修会になったと感じました。


written by お茶の虫

このページへのコメント

牛嶋実行委員長 様

研修会の準備等、色々と大変だったと思います。
特に3ヶ月も前に来熊なさって説明いただき、凄く気合いが入っているなぁ〜と驚かされました。
そして、期待に応えることができるよう頑張らなきゃとプレッシャーを感じたところでした。

さて、十分な内容だったのか、疑問が残るところですが、ひとまずは研修会が終わって安堵しております。
これを機会に、福岡をはじめとした北九州の皆さまと交流できればと思っております。
貴重な研修の場を与えていただき、有り難うございました。
これからも宜しくお願いします。

坂本孝義

Posted by 坂本孝義 2011年10月15日(土) 22:05:58

坂本ブロック長   様

当日は大変お世話になりました。この場を借りて厚くお礼申し上げます。
当八女地区は、釜炒り茶に疎遠なので研修会にあたり全く無知の状態でした。適切なアドバイスを頂き感謝しております。参加された会員の皆様も良い体験・勉強が出来たと思います。
また何かとお世話になるかと存じますが、宜しくお願い申し上げます。
先ずはお礼まで。

PS:しかし私…色黒いですね。(1枚目の写真)泣

Posted by 牛嶋徹也 2011年09月28日(水) 18:50:14

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

活動、告知


現行スレ

メニュー

[[テンプレ>http://oufskenkyu.blog28.fc2.com/
]]~
[[モンクスレ避難所>http://oufskenkyu.blog28.fc2.com/
]]
[[過去ログ(ずっと落ちてます)>http://oufskenkyu.blog28.fc2.com/
]]~
[[過去ログ暫定倉庫(247@モスレ160の兄貴ありがとう)>http://oufskenkyu.blog28.fc2.com/
]]~
[[連絡帳>http://oufskenkyu.blog28.fc2.com/
]]~
RMT広告報告~

編集にはIDが必要です