NPO法人日本茶インストラクター協会南九州会員による活動情報および日本茶情報サイト

てん茶の「蒸す」という製法と釜炒り茶の「揉む」という製法を組み合わせることによって、永谷宗円が「青製煎茶」製法を発明したのは1778年のこと、新芽を蒸した後に焙炉(ほいろ)で揉みながら乾燥させるという製法である。
宗円の製法は茶葉が青く(緑)仕上がり、その当時の煎じる茶「黒製」よりも香り・味が優れており、「青製」と呼ばれた。

資料で知ることが出来る焙炉の構造では、現在のように終始一貫して焙炉で茶葉を揉みながら乾かすことができなかったという。
江戸時代までの焙炉は竹の骨組みに和紙を貼り付けたもので、耐久性からその上で揉み込むという作業が不可能であったと考えられている。
明治時代になってから焙炉に鉄を用いるようになり、焙炉の上で茶葉を揉み込む手揉みの技法が発達していった。

さて、製茶工場ではコンピュータが温度や回転数などを制御して茶を作る時代になったが、茶づくりの基本を学べるということで、製造技術のスキルアップを目的とした研修会では焙炉を用いた製法が行われることもある。
温度管理が容易なガス式の焙炉が多くなっているが、珍しく炭を使った焙炉の研修会があると聞きつけて行ってきた。
焙炉の準備が出来るまでおよそ一時間、その様子を紹介する。





































written by お茶の虫

このページへのコメント

HE9d8r Really informative blog post.Really thank you! Will read on...

Posted by watch for this 2013年12月20日(金) 14:15:11

zp91W3 <a href="http://aidwxhzhcqze.com/">aidwxhzhcqze</a>, [url=http://mumeoerkqwki.com/]mumeoerkqwki[/url], [link=http://kmstjrtaojxo.com/]kmstjrtaojxo[/link], http://lnxzzgfyyiyn.com/

Posted by zuuxftmrcch 2013年11月15日(金) 06:22:13

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら
「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

活動、告知


現行スレ

メニュー

[[テンプレ>http://oufskenkyu.blog28.fc2.com/
]]~
[[モンクスレ避難所>http://oufskenkyu.blog28.fc2.com/
]]
[[過去ログ(ずっと落ちてます)>http://oufskenkyu.blog28.fc2.com/
]]~
[[過去ログ暫定倉庫(247@モスレ160の兄貴ありがとう)>http://oufskenkyu.blog28.fc2.com/
]]~
[[連絡帳>http://oufskenkyu.blog28.fc2.com/
]]~
RMT広告報告~

編集にはIDが必要です