web上で拾ったテキストをこそっと見られるようにする俺得Wiki



228 N+8f9z+y sage 2010/07/17(土) 00:18:01 ID:1PCm7LeM



『みんな幸せ?』part3



「おーい、もう寝る時間だから寝る準備しろよ~。」
「「「は〜い。」」」

と3人の返事。しかし…

「おい、なぜ3人そろって俺の部屋へ来る?普段泰子の部屋と居間を使ってるのに?」
「そりゃあ、高須君よ〜」と、櫛枝が切り出し
「好きな男子の近くで寝たいってよく言うし〜。」と、川嶋が続ける。
「その通りよ。ホント、あんたは乙女心を理解できない鈍犬ね!」そして最後に大河の一撃?というよりは、胸に突き刺さる言葉が炸裂。

「はあ〜。」
「「「なんで、ため息ついてるのかな〜?竜児(高須君)?」」」
「いや、もうお前らにはかなわん。好きにしろ。」
「「「やった〜。」」」
「じゃあ、おいらは高須君の右隣で…。」
「私は左側、ひょっとしたら高須君を襲っちゃうかもね〜。」
「おい。川嶋、頼むからやめろ。」
「なに発情してんのよ?ばかち〜。」
「はいはい、ケンカはそこまでな〜」と、とりあえずたしなめる
「ところで、大河は?」
「私は竜児の上に寝るわ…、みのりんとばかち〜に竜児の隣取られちゃったし…。」
「そうか…。じゃあ寝るぞ〜」
「「「「おやすみ〜。」」」」

  3時間後

「う〜ん…。」
 高須竜児はうなされていた。その原因とは…、2人の胸と暑さだった…。
 さかのぼること2時間半前…
「う〜ん、高須君。好きだよ〜」「た・か・す君。亜美ちゃんといいことしよ〜。」と、櫛枝と川嶋が寝言を言って更に寄り添って来たため、2人の胸が顔に密着してきて息苦しかったのだ…。
「く、こんなに柔らかいオパーイが…。く、苦しい」
「りゅうじ〜、私の事離さないでね。」と、更に大河が抱きついて現状に至る。


 さらに3時間後

 ピピピピピピと無機質な音が鳴り響き3人は起きだした…
「ふぁ〜あ、よく寝たぜ〜。」
「う、もう朝なんだ。ちゃんと顔洗って髪梳かさなきゃ…。」
「りゅ〜じ〜、お腹減ったー。」
 三者三様の1日の始まり、だが同時に気付いた事が1つ
「「「高須君(竜児)?目の下にクマ作ってどうしたの?」
「いや、ちょっとな…。」 

 結局ウトウトとしか眠れなかった竜児であった。



229 N+8f9z+y sage 2010/07/17(土) 00:20:36 ID:1PCm7LeM
投下が3分ほど遅れました、スミマセン。
前回の投下が終わってから数日後に規制をくらい投下できませんでした。
ちなみに投下予告についてはノータッチでwwww。


230 N+8f9z+y sage 2010/07/17(土) 00:24:15 ID:1PCm7LeM
しまった、part3じゃなくてpart4だった〜。申し訳ない…。

227 N+8f9z+y sage 2010/07/17(土) 00:09:31 ID:1PCm7LeM
「こちらはN+8f9z+y。これより【田村くん】竹宮ゆゆこ32皿目【とらドラ!】に保守ネタを投下する。 時刻はマルマルイチゴーを予定。以上。」

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

竹宮ゆゆこスレ18皿目以降

■タグ一覧

亜美

複数、他

フリーエリア

管理人のみ編集できます