web上で拾ったテキストをこそっと見られるようにする俺得Wiki


頬杖をついて、俺が朝飯を食うのをじっと見つめている白い顔。
昨夜シャワーを浴びてそのままなのか、ノーメイクだ。
いつも完璧を誇る美貌に、今朝は疲れを感じた。
考えてみれば当たり前だ…。
聞けば一昨日の20時にニューヨークでの仕事を終え、その足でJ・F・ケネディ空港に向かって、22時の便に飛び乗り、
8時間30分かかってフィウミチーノ空港、そして俺の働くトラットリアに来たという。
その上、昨日は7時間も俺の仕事が終わるのを待って、それから俺を連れまわして深夜まで歩き回り、俺が寝るのを
確認し、そして、今朝早起きして朝食を用意したのだ。
おそらく3時間ほどしか寝ていないだろう。
全く…。 俺にはもったいないくらい、いい女だよ、こいつは…。
時計はまだ朝の7時30分。
今日は亜美のことを出来る限り労わってやりたい。 よって、俺が今やるべきことは、親方への電話だ。 
親方の答えは 『愛は最高の調味料だ』 これだけ…
これって、休んでいいってことだよな? …よくわからねぇが、そう解釈させてもらおう。
「今日は俺も休むことにした。」
「えっ! 大丈夫なの? また親方にどやされない?」
「おう。 ちゃんと許可は取った。」 …筈だ。
「亜美ちゃんは嬉しいけど…、でも、竜児はあたしのこと気にしなくていいんだよ?」
「いや、本当に大丈夫だ。 たまにしか会えないんだし、これくらいいいって。」
「そっか…。」
さっきは遠慮したけど、やっぱり嬉しそうだ。 でも、それ以上に疲れているのがわかる。 
「お前、疲れてんだろ、すこし寝ていいぞ。」
やや疲れた表情が、たちどころに般若の面に変わった。 なまじ綺麗なだけに、怒った時の迫力は凄い。
「竜児…。 わざわざ休み取って、亜美ちゃん寝かしてどうすんだっつーの。 マジ馬鹿なわけ?」
「お、おぅ、悪かった…。」 それで思わず俺はそう答えちまってた…。


      ローマの平日 uno


シャワーを浴びて着替え、亜美が居るってだけで、すこしだけ優雅に感じる朝を過ごした後、街に繰り出す。
もう時計の針は9時あたりを指していたが、朝方の張り詰めた冬の空気はまだ残っている。
ピンクやオレンジや黄色、暖色系の色でまとまったトラステベレの町並みですら、どこか寂しげだ。
しかし、そんな景色でさえも、こいつが纏えば、一枚の名画に早変わりしてしまう。
流石に元カリスマファッションモデルだけあって、着こなしのセンスは抜群。
なんでもないワンピースやコートが、ベルトやアクセサリーの使い方一つで化けてしまう。 とても俺には真似出来ない技だ。
昨日は着膨れした不審人物だったが、今日の亜美は見違えるようにカッコイイ。
本人も自覚しているのだろう、絵になる風景を見かけると、すぐにポーズをとる。 
そして、悔しいことに、それがまた決まっているのだ。
「どーお? 竜児ぃ〜。 亜美ちゃん、可愛い? 綺麗?」
「どっちかってーと、綺麗、だな。」
「ぅぐ…  なんか、最近可愛くない…。」
「ん? どーした?」
「何でもない…。   ねぇ、竜児、今日はどこに連れて行ってくれるの?」
「そうだな…。」
あまり遠くへいって、こいつを疲れさせたくない。 なんとか、近場でお茶を濁して、休ませてやりてぇ…。
「おぅ、そうだ、あそこに行くか。 たしか、まだ行ってなかった筈だ。 時間も…丁度だな。」
「どこ?」
「サンタ・マリア・イン・コスメディン教会だ。」

そこはトラステベレ地区からパラティーノ橋でテベレ川を越えるとすぐのところにある小さな教会だ。
パラティーノ橋の袂につくと、すでにその7階建ての鐘楼の先端が見えてくる。
「あ、竜児、あれ?」
「おぅ。 そうだ。」
「うっそ、超近くね?」 「どうした?」
「うん… 実はさ、ローマで初めて竜児と会った日ね、ここ探して見つけられなかったんだ…。」
「へぇ、そうだったのか。 じゃあ、もっと早く連れて来るんだったな。」
「ううん、別に、そんなに来たかったって訳じゃないしね。」
橋をわたりきると、教会はすぐ其処。
「あ。 あの茶色い所?」 「おう。」 「思ったより小さいんだね。」 「ああ、俺も最初見た時はそう思った。」
柵が張られたアーチ回廊には人影は無い。
「やっぱり丁度だったな。」
俺達が着いた時、まさに門が開いたところだった。 観光客はまだ来ていないようで、教会の前は閑散としている。
アーチ回廊の左の突き当たりに、仰々しく掲げられているのが、此処を有名にしている物体。
海神の息子が描かれた石の円盤―――真実の口。
「へぇ… これが…」
「偽りの心持つ者は、深淵の王にその手を引き摺りこまれる。 この顔は海神であるトリートーンを象ったと云われている。」
「ローマの休日でグレゴリー・ペックが手を噛まれたふりするやつでしょ。」
「おう。 あれで一躍有名になったが、そもそもこの話は教会の説教で使われていた話らしい。」
「ふ〜ん。 ねぇ、竜児、手入れてみてよ。 亜美ちゃんを愛する気持ちに偽りがないか。」
亜美にしちゃ、珍しいな、墓穴掘りやがった。 俺の心には一片の曇りもねぇ。
「おう。」
何の迷いもなく手を突っ込む。 5秒数えてから手をゆっくり抜いた。
「どうだ。 次は亜美の番だぞ。」
「あ、あたしはいいの。」
「そうか… 亜美が俺を愛してるって言ったのは嘘だったんだな……。」 たまには反撃しても罰はあたるまい。
「そ、そんなことない!」 「じゃ、どうぞ、お姫様。」
「くっ…」
なんか意外だ。 こういう迷信なんか無視して、自信たっぷりに手を入れるかと思ったんだが…
オードリー以上におっかなびっくりで、つい悪戯したくなっちまった。
そろそろと手を入れていき、指が半分入ったところで…  
『ぱん』 手を叩いた。
「きゃぁぁぁぁぁぁぁぁ!!」
びっくりした。 超びっくりした。 こいつのこんな反応なんて、初めて見た。 が、なんだ? なんか様子がおかしい。
「はぁ、は、はぁ」 亜美は妙に息が不規則に乱れていて、目尻に涙を溜めていた… 
やべぇ…。 なんだか知らねぇが、地雷踏んじまったようだ。 しかも、飛び切り深刻な奴。
「り、竜児の馬鹿っ!  き、嫌いよ……。」
「す、すまねぇ、そんなに驚くとは思ってなかったんだ。 この通り誤る。 ………許してくれ。」
とりあえずこの場を離れよう。 人がいない所がいいだろう。 どこか… そうだ。
「亜美、とりあえず、中に入ろう。」
亜美は一応、俺に従ってくれた。 しかし、間違いなく怒っている。 
そして何より、息が乱れたままなのが心配だった。

細かいモザイクが施された教会の内部は滅多に人が入ってこない。
小さいながら、見事なフレスコ画に飾られた、ローマでも特に美しい教会の一つなのは意外に知られていない。
5分ほど休んでもなお、亜美の呼吸は乱れている。 やばい。 これは交感神経の過度緊張状態だ。
俺はなんて馬鹿なんだ、畜生……。 亜美はへとへとに疲れて、しかも睡眠不足だったってのに……。
とにかくリラックスさせるしかない。
「亜美、悪かった、大丈夫だ。 お前のことは信じてる。 大丈夫だ。 大丈夫。 ……。」
子供をあやすように肩を軽く叩きながら抱きしめる。 亜美の体は微かに震えていた。
10分ほど経つと、やっと亜美は落ち着いてきた。
「ごめん、竜児、もう大丈夫。」
「謝らねぇでくれ、俺が全面的に悪かった。」
「ううん。 ほら、あたし、嘘つきだからさ、ああいうのダメなんだ。 迷信だってわかってても……。」
実際、こいつは息をするみたいに嘘をつく。 だが、この怯えようはちょっと違うような感じがする。
なにか、亜美には気にしてる事があるような気がする。 そして、それは俺には言えない事なのだろうか?
そう思ったら、腹が立った。
隠し事をしている亜美にではない。 自分が手伝ってやれない事に対してだ。
だが、俺の力が必要なら、今の亜美はちゃんと俺を頼ってくれる。
だから今はもどかしくても、亜美を信じて待つしかないんだ。

「それにしても…」
「ん、なんだ?」
「すっごい綺麗だね、此処。」 「おう。 高須スペシャル、ローマの穴場その1だ。」
機嫌が直ったのか、亜美は教会内部を見物し始めた。
「あ、ガイコツ!」 「おう。 聖人の聖遺骨ってやつだな。」
「これ、マリア様だよね?」「ああ。キリストを抱いている、典型的な聖母子像だ。」
よかった。 もう大丈夫みたいだ。 無理してる様子もない。
教会内部は誰もいなくて、神秘的な雰囲気だ。
隅々までゆっくり見て周って、教会内部から出ると、いつの間にかアーチ回廊には観光客が大勢並んでいた。
「さっきはゴメンね、竜児。」 「頼むから、謝らねぇでくれ……。 さっきのはどう考えたって俺が悪い。」
「そうじゃないの。 あたしが、真実の口が怖い理由。 まだ、教える勇気ないんだ。 今は、もうちょっと…待って。
必ず、教えるから。」
やっぱりだ。 こいつ、また何かくだらねぇ事で、自分を責めてるのか…。 
まったく、こういう所は、変わらねぇな…。
器用に世の中渡ってるように見えて、その実人一倍不器用な所もたまらなく愛おしくて、珍しく俺の方から肩を抱いた。
一瞬、亜美の肩に力が入って、…そして心地よさげにすこしだけ体重を預けてくる。
言葉は要らなかった。 ただ、お互いの信頼感が俺達を暖める。
そして、どこへ向かうともなく歩いているうちにチルコ・マッシモに辿り着く。
亜美はもう限界のようだ。
昨日とうって変わって、今日は日差しも温かく、風もない穏やかな日。
広々とした古代の競技場跡は人の気配が無い。
パランティーノの丘を眺めるベンチに腰掛け、露店で買ったカプチーノを二人で啜る。 
俺の肩に頭を預け、両手でカプチーノを抱える亜美。
「なんだか、幸せだね。」
不意に舌足らずな口調で亜美が呟いた。
俺はゆっくりと傾いていく亜美の手から、飲みかけのカプチーノを優しく奪う。 こぼして服を汚さないように…。

それは……最高に幸せな、そんなローマの点描。


                                                           おわり。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

竹宮ゆゆこスレ18皿目以降

■タグ一覧

亜美

複数、他

フリーエリア

管理人のみ編集できます