web上で拾ったテキストをこそっと見られるようにする俺得Wiki



「じゃあ、いいんだな?」
「い、いいわよ。やってちょうだい」

 竜児は小さな大河の入り口を広げる様にやわらかい肉をつまんですこしだけ引っ張った。

「あんっ」ちいさな桜色の唇が小さく呻く。
「やっぱ、狭いな」
 小さな穴を覗き込んでいた竜児が呟く。大河の肩がぴくんと揺れる。
「りゅ、竜児、くすぐったい。息が…」
「それぐらい我慢しろ。やっぱ、すこし濡らした方がいいな。傷つけちまう」
 竜児は手にした棒をローションで濡らして大河の入り口にあてがった。
「んっ」
「入れるぞ。動くなよ」
「う、うん」
 しっとりと濡れた棒が大河の中に入っていく。
「あ…、くふっ」
 竜児は撫でる様にしながら大河の中を探っていく。指先に集中して柔らかい壁を傷つけ
ない様に丁寧に撫でて抜き取った。
「はぁ…」
「大河。痛くなかったか?」
「大丈夫… 続けて…」

 それに応える様に竜児は再び大河の中に入れていく。
 今まで男に触れられたことの無い敏感な部分を優しく撫でられて、くすぐったさとは違う
むず痒いような快感に大河の息が詰まりそうになる。小さな手が時折きゅっと握られ、
それが緩むのと同期するように息がもれる。

「…ん、あふ…」

 入り口を囲む柔肉はすっかり血の赤にそまって熱を帯びている。
 竜児は更に奥の部分を探ってくる。瞼を固く閉じて自分の内側に触れられる感覚とそこを
撫でられる生々しい音に思考を蕩かされていく。

「あ、うん…、りゅーじ、ちょっとこわい」
「ん、おぅ。大丈夫、もうちょっとだ」
「んあ…はぁ」

 竜児はゆっくりと捻りながらゆっくりと綿棒を抜いていった。
 ゾクゾクとした感覚に緩く開いた大河の唇から吐息が漏れだした。

「…よし、大河。次、反対側」
「えっ? もうおしまい?」
「おぅ。少し傷ついてんだよ。あんまり弄ると炎症になっちまう。お前、どんな耳掃除
してんだよ」
「わ、わかったわよ。次からはちゃんとあんたにやってもらうわよ」
「おぅ、そうしろ、そうしろ」
 大河はもそもそと身体を起こした。竜児は反対側の膝が大河の枕になるように移動した。
「いいぞ。横になれよ」
「うん」

 大河は小さな頭を竜児の膝に乗せて目を閉じた。膝を枕にして手足を畳んで丸くなって
いる姿はまるでネコみたいだ。ふわっとした粟栗色の髪の毛はシュシュで束ねられていて
奇麗な首筋がのぞいている。

「動くなよ」
「わかってるわよ」
 
 耳朶に優しく触れられて大河の肩が少し揺れる。ベビーローションでしっとりと濡れた
綿棒で優しく耳の中を撫でられるとつい声がもれてしまう。

「あんっ」
「ん、痛かったか?」
「ううん、大丈夫…」
 
 膝の温もり。首筋と耳を撫でる静かな吐息。耳朶に優しく触れる少しだけゴツゴツした指。
そういった全てが心地よくて、気持ち良さとはまたちょっと違う、もっと暖かいような
そんな感覚で胸が満たされてくる。

「…よし。おしまい。もういいぞ」
「もうちょっと…」
「だめだ。こっちもちょっと傷ついてる。治ってからちゃんとやってやるから」
「そうなの…。しょうがないわね」
 そう言ったきり大河はぴくりとも動かない。
「どけよ」
「…いいじゃない。減るもんじゃなし」
 薄らと瞼を開けて大河は竜児を見た。
「もう少し、このまま…」
「…分ったよ。減るもんじゃないしな」

 五分と経たないうちに小さな肩がぴくっと揺れてふっくらした唇は寝息を立て始めた。
長い睫毛に飾られた瞼はぴったりと閉じている。

「あらら〜。大河ちゃん寝ちゃったの〜」
 仕事に出かける支度を済ませた泰子が竜児の背中から覗き込んでいた。
「ああ。しっかし、ほんと気持ち良さそうに寝るな。こいつは」
「ふふふ、竜ちゃんも〜小ちゃいときはこんなふうにやっちゃんの膝で寝てたんだよ〜」
 そう言われて竜児の顔は少しだけ赤くなった。
 泰子は自分の部屋から膝掛けを持って来て小さくまるまっている大河の身体にかけた。
「行ってくるね。竜ちゃん、大河ちゃん」
「おぅ。気をつけていって来いよ」

 ドアが閉じる音がして、狭い木造アパートはすっかり静まり返った。
 すぅすぅという大河の寝息だけが聞こえてくる。鼻をくすぐるのはふわっとした甘い香り。
膝に感じる重さ。それらが不思議と心地よくて、竜児の胸は暖かい様な不思議な感覚で
満たされていく。くすぐったい様な、疼く様な、でもそれが何かはまだ分らない。

 それが分るのはまだ先のことだったから。

(おわり)

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

竹宮ゆゆこスレ18皿目以降

■タグ一覧

亜美

複数、他

フリーエリア

管理人のみ編集できます