web上で拾ったテキストをこそっと見られるようにする俺得Wiki

雪   98VM sage 2009/12/17(木) 20:28:50 ID:pd4BFU01




最近になって、ようやく仕事が戻ってき始めた。
暇モデルとか言われて腹を立てていたが、年が明けるまでは実際仕事は少なかったのだ。
久々に法律ギリギリの時間まで撮影があって。
寒さにかじかむ手を揉み、肩を竦めながら、
撮影スタジオから出た。

そういえば、今日の天気予報はみてなかったっけ…。
どおりで寒いわけだ。
夜空を見上げると、白いものがふわふわと舞い降りてきていた。


             雪                                                98VM


「わぁ…」
微かな感嘆の声をあげ、空を見上げる。
街灯の明かりに照らされて、漆黒の夜空に白い雪が映える。

かじかむ手を差し出す。

ひらり。

舞い降りたそれは、たちまちのうちに溶けて水滴になった。

ひらり、ひらり。

掌が濡れていく。

「ふっ…」
溜息とも、笑いともつかない息を吐く。
掌ばかりではない。 アスファルトの道を、石畳の公園を、濡らしていく冬空の贈り物。

雪は積らないうちから、淡く消え去っていくばかり。

『まるで、あたしの恋みたい。』

……あと2月もすれば、新学期がやってくる。
あたしの頭じゃ、彼と同じクラスには逆立ちしたって行けっこない。
そしたら、後の席から見つめる事さえ出来なくなる。

もともと一つの分岐も無いあみだくじみたいなものだった。
それでも、当たらないのはやっぱり残念だし、悲しいのだと知った。
もうやめにしよう、いつもそう思う。
けれど、ふとしたきっかけで、こうした狭間に落ちることがある。

コートの襟を立て、薄いサングラスをかける。
最後に一つだけ、と思って掌で受けた雪は、直ぐに水滴となって心を濡らした。

街の明かりを鏡のように映し出す道に、舞い降りては溶けていく雪。

降りしきる雪の中を歩き出す。

彼女の頬の雪は ――― まだ 溶けない。
                                                                了
タグ

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

竹宮ゆゆこスレ18皿目以降

■タグ一覧

亜美

複数、他

フリーエリア

管理人のみ編集できます