web上で拾ったテキストをこそっと見られるようにする俺得Wiki

日記。徒然に。。 ◆ByjrvOSAtY 2009/12/02(水) 23:28:00 ID:NRPpRj+q



北村祐作の日記より抜粋。

1月20日。
いよいよ明日は修学旅行だな。
去年は正月に北海道で、今年は年明けに長野か。
うん。やはり冬と言えばスキーだろう。これはこれで良い旅行だ。
どうも高須は滑れないらしいから、出来れば普通に下りて来れる程度には教えてあげたいな。
聞けば逢坂もだと云う。
まぁ逢坂には櫛枝が居るからな。アイツはそこら辺は万能だろうが・・・どうかな?
少し、逢坂に教えようか?と言いそうになる自分が居た。
これは親切なのだろうか?それとも俺は……今はわからん。
でもお前と一緒に楽しい旅行にしたいな、逢坂。


高須泰子の日記より抜粋。

1月20日。
もう、早く寝ないと明日起きれないよ〜、竜ちゃん。大河ちゃん。
二人共、明日からの修学旅行の予定を話し合ってるみたいだけど、もう4時だよ?大丈夫?
でも真剣なんだもん。やっちゃんも止めれないよ。
バスの席の配置とか、休憩時間のとり方やお土産を選ぶ時の話とか。
気が早過ぎだと思うんだけど、二人とも怖い位に真剣。
そんなに楽しみなんだね?
うん。楽しい旅行になるといいね。
竜ちゃん。大河ちゃん。


1月21日。
だから言ったのに。
二人は思いっきり寝坊した。竜ちゃんが寝坊なんて珍しいね。
「もう学校に向かっても間に合わん!特急で長野に直行する!」って北村君に電話してた。
「なんで寝坊するのよ竜児!バスでの計画がパーじゃない!」って大河ちゃんてば泣きそうだった。
大丈夫だよ。まだ旅行はこれからなんだから。
バタバタと慌しくお家を飛び出してったけど、でもちゃんと言ってってくれたもんね。
「じゃ、行ってくるな、泰子」
「やっちゃん。行ってきま〜す」
ご免ね〜。やっちゃんも起きれれば良かったんだけど、竜ちゃんも大河ちゃんもそんな事、一言も責めないんだもん。
嬉しいな。
今頃はみんなで枕投げでもしてるのかな?
楽しんで、一杯お土産話、聞かせてね。二人とも。


恋ヶ窪ゆりの日記より抜粋。

1月21日。
もういやーーー!!
どうしてあの二人は普通に高校生活を送れないの?
せっかくの修学旅行に爆睡の特大寝坊って、どうして!!
そりゃあ楽しくてワクワク〜なんで眠れない〜なんて有るでしょうけど、そこまで遅刻した生徒なんて今まで知りませんよ。
ああ見えて高須君ってばしっかりしてるから、バスは無理と判断して現地に直接行くっていう判断をすばやく決断したのは良いでしょう。
貴方はこうゆう非常時には強い生徒だと私だって認識してるわ。
で?どうしてココに逢坂さんしか居ないのかしら?高須君!
逢坂さんも警官と揉めたおかげで夕方にこっちに到着するし、高須君は深夜バスで明日ってどうなってるのよ!
高須君。貴方って生徒は私にとって本当に初めての生徒ね。
もちろん、アノ夜みたいな事になる生徒なんて貴方以外には居なかったし、これからだって居ないと思うわよ?
そして貴方達以上に私を困らせてくれる生徒は居ないでしょうね。
あ……また何かが壊れた音がした。
高須君。どうやったら寝ぼけた逢坂さんを抑えられるの?
もう4時よ…お願いだから眠らせて〜〜〜!!!


北村祐作の日記より抜粋。

1月21日。
なんて事になったんだ。開始早々に驚かされる修学旅行だな。
よりにもよって寝坊とは。
高須に逢坂。修学旅行は2泊3日の予定だぞ?1日は無駄になったじゃないか。
まぁ逢坂は夕方から参加出来たからまだ良いが、高須よ。
どうしてお前は長崎なんかに行ってしまうんだ?逢坂はキチンと着いているのに。
何があったのか皆目わからん。
逢坂によれば「あれ?竜児は私の2本前の奴に乗ったのに。着いてないの?」と首を傾げるばかりだ。
俺達にはどうにも理解出来ないが、お前に一体何があったのやら。
電話もメールも通じないと思ったら逢坂が高須のバックを持ってたしな。
鉄道警察が電話に出た時は事故かと思ったぞ。まぁ事件だった訳だが。
逢坂の身元が保障出来たのが幸いだったな。被害者の人も逢坂の無実を証明してくれた様だし。
どうでも良いが、人助けも程ほどにな。
ん?……どうやらまた逢坂が何かを破壊した様だな。
なぁ高須。何を与えれば逢坂は熟睡出来るんだ?
それだけで良いから教えてほしい。もう3時だ。皆……眠れないぞ。


川嶋亜美の日記より抜粋。

1月21日。
あぁウザイ!
もう何とかしてよこのチビトラ!
遅れてくるのは勝手だけどなんで一人なの?高須君はどうしたのよ?
聞いても「?なんで居ないの?」ってこっちが聞いてるっつうの。
はぁ。折角の修学旅行が色褪せる。
そりゃスキーも楽しいけど、それだけじゃないでしょう?
それにタイガーは寝ぼける。ぐずる。暴れる。
お……麻耶の敷布団が無理ヤリ取られた。うわぁ、クルクルと回ったわね麻耶。大丈夫?
もう5時なんですけど……高須君、どうして新幹線で来てくれないの。
バスでのんびり寝てたら承知しないからね!


香椎奈々子の日記より抜粋。

1月21日。
助けて高須君。
大河が私の顔を舐め回すの。それも30分おき位に。
これはどういう儀式なの?この子の取り扱い説明書はどこで貰えるの?高須君!
でもなんか違うみたいで、散々なめた後で「んみゅぅぅぅ、ちがぁう!」って突き飛ばすの。
どうして高須君は大河を一人で来させたのかな。一緒に来てよ!お願いだから!
なんか駅で引ったくり犯を追っかけて、挙句に引ったくり犯に間違われて追われたって事は聞いたよ。
なんでそうなの?アナタ達は。
「だって竜児が犯人に返事して一緒に逃げちゃうんだもん。私も着いてったら私も追っかけられた」って。
だからってどうしてお巡りさんを殴っちゃうのかな?大河。
「逃げるよりは倒した方が早いかなって思ったんだけどさ。いやぁ。数が多いわ。えへ」
えへって……大河。16人もお巡りさん倒しちゃったら、そりゃ増援も沢山呼ばれちゃうでしょ。
「だから竜児を先に逃がして私が囮になったんだもん。ま、捕まっちゃったけどね」だって。
どうやら連行された直後に先生が、大河が持ってた高須君の携帯に電話を掛けたらしくて、被害者の人も居て大河の濡れ衣を晴らしてくれたみたい。
真犯人は大河が倒した人の中に混じってたみたいで簡単に御用。
大河は警官への暴力を厳重に注意されはしたみたいだけど、元々は引ったくり犯を捕まえようとした事だからってお咎め無し。
夕方にはこっちに着いたけど……高須君。早く長野に来てよね。
あ……また大河がこっちに来そうな気配。
私ね、高須君。この状況で爆睡出来る櫛枝さんの事、本当に尊敬するわ。



逢坂大河の日記より抜粋。

1月21日。
もう!せっかくの修学旅行だってのに最悪よ!
昨日の夜に立てた【タイガー&ドラゴン。冬の長野でラブラブGOー】計画も半分が破綻した。
大体寝坊しただけでもがっくりなのに、どうして駅で捕まんなきゃなんないのよ!
「きゃー!引ったくりよーーー!」って悲鳴が聞こえたから見たら、なんか怪しい男が二人して走ってくるじゃない?
もう速攻でぶん殴ってやったら吹っ飛んでったわね。竜児も「静かにしろ!」って一人を抑えてたんだけど、なんで?
「もういい!行くぞリュウジ」って言われて「「オウ!」」って竜児が走り出した。
あれ?なんで犯人と一緒に返事してるの?
思わず私も着いて走ったけど、よく考えたらそんな必要ないじゃん。竜児の前を走ってる馬鹿を一人ぶっ叩けば済むじゃない。
て思ったんだけど「待てーーー!!」て聞こえるから振り向いたら警官が追いかけて来た。なんでよ!
なんか巻き添えくいそうだから、竜児に其処を左よ竜児って言って、引ったくり犯とは別れた筈なのに……警官の殆どがこっちに来た。
「なんで追われてるんだ?俺達わーーー!」って竜児が言うから、逃げるからでしょうが!て答えたら「!そ言えばそっか」って止まった。
そうよね。誤解なんだし話せば分かるのよ………だって怖かったんだもん。
警官ってすごい形相で沢山走ってくるし。だから思わず迎え撃っちゃっても私の所為じゃないもん。
途中で竜児が私を抱えてまた逃げ出したけど。なんで?道の先から引ったくり犯が逃げて来た。で、また合流。
いつの間にか警官も増えるし、「そこの3人止まれー」とかって既に三人組み扱いだし。
【長野行き】って書いた新幹線見つけたから、竜児を其処まで蹴り飛ばした。
あんたは先に行ってなさいよね。竜児。
ま、私が手を出したのが切欠みたいなもんだし、仕方ないよね。
其処からは竜児を追わせない為に乱闘して、捕まったらゆりちゃんから電話が来た。
時間は掛かったけどお咎めは無しだ。うん。人助けはするもんだね、みのりん。
夕方にはコッチに着いたんだけど…?竜児はなんで居ないの??
ま、よく分かんないけど明日には竜児も合流出来るみたいだし、いっか。
でも少しは山で遊べたし、皆でお風呂に入って楽しかった。
まだ10時だけどもう眠いや。起きる頃には竜児も着いてるって北村君が言ってたし。
お休み。竜児。


櫛枝実乃梨の日記より抜粋。

1月21日。
はぁ〜。間に合ってよかったね、大河。高須君は残念だったけどさ。
それにしてもまさか高須君が長野行きと長崎行きを間違って乗るなんてね〜。
おっちょこちょいさんだねベイビー。
取り合えず長距離バスのチケット取れたからそれでコッチに向かうらしい。今頃はバスの中かな。
少ししか遊べなかったけど、明日はしっかり楽しもうね、大河。
でも少し、てかかなり驚いた。
ねぇ高須君。高須君は知ってるの?
あーみんも木原さんも香椎さんも。三人とも高須君のことが好きだって。
私はどうなのって聞かれたけど……本当に分かんないんだよ、自分でも。ごめんね、あーみん。
嫌いじゃない。これは確か。でもね?私にはやっぱり夢を捨てられない。
どっちもなんて、そんな器用じゃない。だから嫌いじゃないけど特別でも無い。そう言った答えに嘘は無いよ。
「でももしかしたら高須君は特別かも知れないよ」
あーみんの言葉が私に残る。
本当なの?高須君。
……駄目だ。私はどこかで高須君に結論を求めようとしてる。そんなのは卑怯だ。
自分自身の答えを出すよ。高須君。
責任を押し付けたりしない、私だけの答えを。
その答え次第では、三人とも?私だって負けないよ。
高須君。狩野先輩もだって……ほんと、今日はかなり驚いた。
お休みだね、大河。

香椎奈々子(父)の日記より抜粋。

1月21日。
おのれ高須竜児め。
やはり悪魔の化身たる貴様には効かんのか!
通信販売で買った呪いの人形に貴様の名前と写真を埋め込んで鬼門の方角に逆さまに埋めてやったのに、夜には人形が砕けていた。
呪いを掛けた相手に不幸を招き寄せるって説明書にはあったのだが。
説明書通りにやったのに。くぅ!きっと人形が負けたのだろう。恐るべし高須竜児!
だがまだ手は有るぞ!
魅羅乃ちゃんに聞いたところによると名前を書かれた人間が死んでしまうデスノートと云う物が有るらしい。
ふっふっふふふ。貴様の顔はしっかりと脳裏に焼きついておるわ高須竜児!
さっそくデスノートを買いに行かねば。どこに有るのだろう…紀伊国屋か?文教堂か?流石にBOOKOFFには…古本でも効果は有るものか?
まあいい。さっそく明日手に入れて見せよう!
待ってろよ奈々……待ってろよ我が娘よ!父はへそくり3万下ろしてでも買ってみせるぞ!


狩野すみれの日記より抜粋。

1月21日。
修学旅行はどうだ?竜児。
やはり2年が丸ごと居ない校舎と云うのも味気ないモノだな。
精々羽を伸ばして楽しんで来い。
私も今では楽しい思い出だしな。高校の修学旅行というモノは生涯の思い出だ。気が付けば楽しかった事しか覚えていない。
土産は必要ないぞ。私が欲しいのは土産話だ。
よもやとも思うがな?それでも何らかの事は有るのだろうし、あいつ等とお前も何か動きがあるかも知れんしな。
それにしても長野は電波が通じないのか?知らなかった。
ま、北村に連絡ってのも良いんだが、まぁ修学旅行の時くらい、私も我慢するさ。
お休み。竜児。
とは言っても、どうせ夜も眠らず皆で騒いでるんだろうけどな。


高須竜児の日記より抜粋。

1月21日。
くっ。深夜バスと云うのはこれほど眠れないのか。腰が痛い、バスが揺れる、人の気配が気になる!
あぁ…俺って奴は前世でどれ程の不埒な悪行三昧をやらかして桃から生まれたお侍さんに成敗されたんだ?
それともこれは何かの呪いなのか?まるで不幸のドミノ倒しだ!ほとんど冗談じゃねぇか!
寝坊したのは良い。いや、良くは無いが自業自得だ。これに関して一切の弁明も無い。
だが問題はその後だ。
学校には間に合わないし、皆の予定を狂わす訳にも行かないから皆にはそのまま出発してもらった。俺達は現地で集合だ。
折角のバイト代が早々に旅立たれた。畜生。だから長野は嫌いなんだ。
いや、しかしどんなに嫌な事があったって、そこに許せない事が有れば立ち向かわずしてなんの男か!
しかも弱いお婆ちゃんのバックを引ったくる無頼漢など成敗するしかあるまい!征け!戦闘民族大河人!
流石だな。人間て空も飛べるんだ。って位にぶっ飛ばしてた。月が出てなくてホッとしたぜ。
倒された一人がしっかりバックを握ってたからな。取り返してお婆ちゃんに帰そうとしたんだが「行くぞ竜児」って言うから、オウ、と答えたんだが…お前もリュウジ?
しかも馬鹿野郎ときたら警官から逃げようとして叫びやがったもんだから「止まれ貴様らーー」って、【ら】って何だよ!
いかん。どうにも俺の人生経験の上において、あの国民の生命と財産を守る為に日夜お勤めご苦労さんな方々からは好意的な対応を取っていただいた事が無い。
俺の脳細胞から体細胞に至るまで、待てと叫ぶ警官からは逃げるべし!と云う至上命令が下されてしまっているようだ。まさに体が勝手に逃げてしまった。
俺はどんな呪いを受けてるんだ!子供の頃にでも交番に立ちションでもしたのか俺は。
気が付けば大河も来てるし、元凶と別れても数は減らん。だが大河よ。お前に対し言いたい事が二つ在る。
一つ。良い事言った!
お前の言う通りだな。まるで犯人の様に逃げるから追われるのだ。俺達は正義の使徒なのだから堂々と構えていればいいんだよな。人間。話せば分かる。
どれ程必死で憤怒の表情で大挙して押し寄せようと、俺達は無実だ!彼等にも話は通じるさ。
人を信じると云う事を教えられたな、お前には。
で、二つ……お前につける薬はもう無い……
いや、確かに「かんねんしろーーーー!」とか叫びながら彼等は来たさ。でもな?
俺が、俺の話を聞いてく「うおおぉぉぉーー!!」って途中で何でお前は迎え撃っちまうんだ!
あぁ。なぜ神はこの様な引けば押し押せば押すみたいな狂った津波に力を与えてしまわれたのだ。千切っては投げってリアルで見たぞ。
頼むからあまり気軽にお手軽に、我々人類の戦闘能力を拡大解釈しないでくれないか?お前はどこの地上最強生物・おぉ河だ!
ただぶん殴るだけで警官を吹き飛ばすんじゃない!

結局また逃げる羽目になっちまった。おまけに犯人とも合流しちまうし、もう凶悪犯ご一行様だぞ俺達は。どうしますボス。
しかし子分Rはさっさと切り捨てられたな。聞くが竜の尻尾は切っても生えてくるのかな?
お前に蹴り飛ばされて新幹線の中に。思い切り頭を打ったな。まだ痛てぇぞ。
俺だって気を失っちゃヤバイ事ぐらい分かってたのさ。
寝るな!寝たらおしまいだ!!って念じてたんだけど世界は薄らいできやがった。
気が付いたらもう新幹線は御機嫌に走り出してたな。確認したが…見間違いじゃなかった。
【長崎行き】……一瞬、逝きに見えたのは気の所為に違いない。
当然と言うか当たり前と云うか俺にチケット購入の時間も意思も無く、会いたくない人物NO.2の車掌さんに会ってしまったのは直後の事だ。
NO.1は大河だな。今の俺に殺意を抑える自信は無い。
無論、彼は常識人だ。
引ったくり犯を捕まえようとして警官に追われ、馬鹿な相棒が馬鹿な反撃をして馬鹿にならない損害を与えた上にこの新幹線に蹴り飛ばされて気絶してました。
なんて馬鹿話を信じてくれる訳は無い。自分でも信じられない。
だが驚いたな。「あぁ、その子は私の連れだから。ごめんなさい」と聞き覚えのある声とシチュエーション。
あの長野のお姉さんが居た。
いや、驚いたね。地獄に仏って言うが、まさか仏様とは女神だったのか。新説だったな。
一体なんの仕事をしてるのか皆目見当も付かないが、また車掌は素直に引き下がった。つか笑顔で引き下がった。
長崎までの道中はお姉さんの個室で過ごした。おいおい始めて乗ったぜ!列車に個室ってすっげーーー!
お姉、じゃない。名前を聞いてみたら安奈さんと教えてくれた。貴方は女神だ。俺が将来娘を持ったら安奈と名付けよう。「それはどうかなぁ」と言われた。なんでだ?
安奈さんの部屋では随分とお世話になった。まぁ色々とご馳走してもらったって事だ。
安奈さんも暇だったんだろう。俺の今日の話や普段の学校の話なんかを聞きたがったから話してやったのさ。聞かれたら答えましょう。なんせ救いの神だしな。
髄分と笑ってくれた。そんなに面白いか?俺の生活は。
長崎に着いて別れたは良いが今度は長野。俺はどんな旅人だ。オマケに新幹線も特急もどれも満席、満員御礼。GWじゃあるまいし、んな馬鹿な。
ようやく取れたのがこの深夜バスの券のみ。
もう好きにしてくれ。明日…もう今日か。9時には長野に着くらしい。せめて1泊2日の修学旅行を満喫してや……?
………高速道路が事故で渋滞。
すまん北村。到着は昼過ぎらしい。


川嶋安奈の日記より抜粋。

1月21日。
ふふふ。相変わらず私を楽しませてくれる子ね、貴方は。
でもびっくりしたわ。亜美と一緒に修学旅行の筈の彼が、長崎行きの新幹線に居るんだもの。
面白そうだから拾ってあげたけど、正解だった。ほんと、面白かった。
前の時もそうだったけど、どうして彼はそんな喜劇を体験出来るのかしら?ココまで来ると羨ましいわね。
色々な話を聞かせてもらった。
彼から聞く亜美の話は新鮮で、私の知らない所であの子も楽しく暮らしてる事が分った。
貴方のおかげね、高須君。ありがと。
でも、やっぱり春に聞いた手乗りの虎さん。逢坂さんって言ったっけ?
会って見たいわね、その子にも。
例の好きな子とはどうなったの?と聞いたら「んが!……その、ふられたと云うか他の奴に目が行ってるというか」
あらあら。それじゃあ失恋?でも彼は諦めないと言っていた。諦める必要がないと。
まぁ、「その為にも大河の恋を成就させて見せます!」って云う彼の意気込みは少しばかり的を外してると思うんだけど、面白そうだからそっとしておこう。
ホントに彼は変ってる。
それだけの事をされて、それでも尚、彼にとって逢坂さんの立ち位置は変らない。
そりゃその子も居心地良い訳だ。女の子の我が侭を受け止めるには、彼は少しばかり大きすぎる。ズルイ位にね。
でもソレは微妙。自分に都合の良い大きさじゃ0点よ。だから長崎で別れる時に少し確認。
もしかしたら、その子だってその人と恋をして結ばれて、幸せになるかも知れないでしょ?その時、君はどうする?
「?いや、だって幸せなんですよね?だったら良いじゃないですか。彼女が幸せなら、俺は納得出来ますよ。その相手が俺じゃなくても別に良い。
まぁ出来れば俺でありたいっすけどね」
その時は精々、アイツに負けない位に俺も幸せになってやりますよ。か。
OK。君はやっぱり変ってない。
だからココは私のオゴリ。
行ってらっしゃい、修学旅行。貴方、私の知ってる中で、一番面白い修学旅行、やってるのかもね。
ふふふ。亜美、貴女きっと彼を好きよね?親娘だもの、趣味は似てる。でも気を付けて。
彼は難しい。私に難しいと思わせる男なんてそう居ないんだもの。頑張りなさいね、亜美。


香椎奈々子(父)の日記より抜粋。
1月22日。
TUTAYAで探しても見つからず店員に聞いてみたら「デスノートですか?こちらに御座います」と言われたが…漫画にしか見えん。
これで本当に人が死ぬのか聞いたのだが……クスクスと笑われた。
「そうですね。コレでは、死ぬ事になってますね」……あぁ、娘さん。そんな可哀相な人を見る様な目で見ないでくれ!!
おのれ高須竜児!これも貴様の仕掛けた呪詛返しか!!
………面白いな。明日、続きを買って来よう。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

竹宮ゆゆこスレ18皿目以降

■タグ一覧

亜美

複数、他

フリーエリア

管理人のみ編集できます