web上で拾ったテキストをこそっと見られるようにする俺得Wiki

2009/10/22(木) 20:29:08 ID:pK3Wm0Ss



川嶋亜美は思った。
櫛枝実乃梨も思った。

「ほら大河、ほっぺたに飯粒がついてるぞ」
「また破いたのか。ほら、縫ってやるから貸せよ」

あれは決してラブラブカッポーなどではない、と。
親子である。もっと言えば、母と子だ。
何が竜虎は並び立つだ。保護されてんじゃねーか。

ならば。ならばならば。

川嶋亜美は考えた。
櫛枝実乃梨も考えた。

自らが高須竜児の横に並び立つには、どうすれば良いのかを――



「タイガー、最近学校はどうだ? 友達と仲よくやってるか? そろそろカレシとか出来たんじゃないか?」
「ちょっとチビトラ、こないだテストはなんなのよ? あんた最近、たるんでない? このままなら塾行かせるわよ、塾」



二人が高須竜児に「かーさん、タイガーの奴がワシをウザいって!! ウザいってェェ!!」「チビトラがもう一緒にお風呂入らないなんて言うのよ!!」等と泣き付きに行くのは、その13分24秒後の事であった。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

竹宮ゆゆこスレ18皿目以降

■タグ一覧

亜美

複数、他

フリーエリア

管理人のみ編集できます