web上で拾ったテキストをこそっと見られるようにする俺得Wiki

62 名無しさん@ピンキー sage 2010/10/03(日) 01:04:50 ID:P2WhxSeO


※スルー推奨

これは俺が勝手に考えた自己満足SSです。見ないほうがいいのでスルー推奨にしました。




ある日、遊園地にあるカップルが来ていた。

「おい竜児!次はあれ乗るぞ!早くしろ!」

竜児と呼ばれた男は、目を合わせただけで人が殺せそうなほどの凶悪な顔をした人物であり、

「わかりました!わかりましたからっそんなに手を引っ張んないでください!すみれさん!」

すみれと呼ばれた女性は大和撫子という言葉がふさわしい美しい女性であった。

人々は思った「この二人は…カップル…なのか?それにしてはあまりにも不釣り合いだ」と。

そんな人々に好奇の目を向けられているとは露知らず二人はジェットコースターへ向かった。
_______________________________________

「ハハハハッやはり絶叫系はスカッとするな!」

「ハァ〜…ったくさっきから絶叫系ばっかじゃないすか…」

二人はそんな会話をしながらベンチに座っていた。

「よし!次行くぞ!次!」そう言ってすみれさんは立ち上がった。

(°д°)ハァ?もう絶叫系連続6回目なんですけど!?

さすがにきつかった俺は「いや…ちょっと休みましょう」と提案した。


「なに?これくらいで疲れたのか?だらしないぞまったく…仕方ない私がアイスを買ってきてやる」
まってろ!と彼女がアイス売り場に走って行ってしまったのを見て

「ハハハッ…まったく…敵わないな…」とつぶやいた。

そういえばいつからこんな関係になったんだっけ…ああ、あの時俺が告白してからだったな…

そういえば初めて会った時はびっくりしたなぁ……かのう屋にあんな美人がいたんだもんなぁ


今日はここまでにします。糞文スイマセンでした。次は竜児とすみれが出会うとこを書きます。
本編とは内容が全く違います。こんなものでも読んでくださった方には心から感謝いたします。
至らぬ点ばかりと思いますのでいろいろとご指摘頂ければと思います。


64 @takasusumire sage 2010/10/03(日) 01:22:56 ID:P2WhxSeO
連レスすいません
つぎからの投稿にはこのコテで投稿します

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

竹宮ゆゆこスレ18皿目以降

■タグ一覧

亜美

複数、他

フリーエリア

管理人のみ編集できます