web上で拾ったテキストをこそっと見られるようにする俺得Wiki


あれから高須竜児は毎日かのう屋に通っていた。竜児は狩野すみれという女性のことをもっと知りたかったのである。
顔が極道顔という理由からか彼に好んで話しかけようという者は誰もいなかった。
だがすみれは、そんなもん(顔)関係ねぇとばかりにいきなり話しかけてきたのだ。
まぁいきなり「おいっ」はねぇだろ、と思ったけどな。それに人の肩を叩いたり……ブツブツブツ…
まぁ…言いたいこともいろいろあったわけで…
毎日通ったはいいもののまったくすみれには会えず、しかもお客に通報されかけたり、
目を合わせた瞬間に飛ぶ様に逃げられたりなど災難ばかりであった。まぁ最後のはいつものことだが…。
そういう日々が続き、一週間経った今日も竜児はかのう屋の前にいた。
「よし、入るか」そう意気込んでいたところに「おいっ!」反射的に振り返る。
そこには一週間前に出逢った狩野すみれその人が腕を組みながら立っていた。
ただ一つ違うところといえばその険しい表情くらいだ。
「あの「ちょっと来い!」そういって俺の手を掴み、かのう屋の隣りにある民家へと連れていく。
「ちょ…待って…」俺の制止も聞かず、狩野すみれはどんどんと進んでいき、居間らしき場所に着いた途端、手を離した。
そこには30代後半らしき男女が座っていた。どうやら見たところ彼らは狩野すみれの両親のようだ。
少し重い空気が漂う中、彼女の父親が口を開いた。「あの…まず…靴脱いできてもらえるかな…」そう苦笑した。
なっ!…今になって気付いた…俺は土足で人様の家に上がり込んでいる。一生の不覚!悔やんでも悔やみきれん!
そう思っていると、バキッ!横から鉄拳が飛んできた。
「なにやってんだてめぇは!人様の家に土足で上がり込むたぁいい度胸してんじゃねぇかおいっ!」
そういって竜児が倒れる前に胸ぐらを掴みあげ、グラグラと揺さぶる。
理不尽だ…理不尽すぎる…だいたいあんたが強引に連れてこなければ俺は靴を脱いでいただろう…
いや!脱いでいた!そして外側に向けて揃えていた!これだけは断言できる!それを…あんたは…あんたは!
…うっ…というか…さっきから息が…や、やばい!このままじゃ…誰か…助け…殺される…
竜児の意識が飛びそうになった瞬間、「すみれ!離しなさい!」すみれの父親の声が響いた。
すみれはしぶしぶながらも手を離した。ドサッと竜児は床に落ちる。


「げほっげほっげほっぜぇーぜぇー」俺は勢いよく吸った空気が全身に巡っていくのを感じた。
そこで「すみれっ」今までおし黙っていたすみれの母親が口を開いた。
「あなたはどうしてすぐに暴力を振るうの!そういうことはやめなさい!」と、すみれに言うが
「母さん、それはできない。なぜなら私の信条は[人は拳で本音を語り合う]だから!」
あの…語り合うというか一方的に語られた挙げ句、こっちは語るどころか命を散らすところだったんですが…
哀れ、竜児にはそれを口にする勇気は無かったのであった。
「だいたいあなたはっ「やめなさいっ!…まったく今はそんなことを話すべきときではないだろう…」
すみれの母親もすみれもバツが悪そうにしている。そんな中、父強し!と竜児は密かに感動していた。
「すみれ、先程からの行動から察するに、お前がちゃんと説明もせず無理矢理彼をここまで連れてきたんじゃないのか?
靴を脱ぐ暇も与えずに。」
その言葉にすみれはハッとして「あ…わ、悪かった…私も急いでいたものでな…ま、まぁそういうことだ、許せ!ハッハッハッ」
そういって俺の背中をバシバシと叩く。
まさかこれほどまでの人だとは思わなかった。竜児は絶望していた。
「すみれ!」父親の声が響いた。
「本当にすまない!この通りだ」そういってすみれは頭を下げた。
「すまないね。高須くん…だったかな、娘がとんだ不始末を…」
「あ、いえ…大丈夫です。」もうあきらめてますから…
すみれの父親は「それで本題に移りたいんだが…まず、靴を脱いできてもらえるかな」
最初とまったく同じトーンで苦笑して言った。
あぁ、そうだった…すっかり忘れていた。ふと、今更ながらすみれの足もとを見てみると、そこに靴は無かった!
い、いつのまに!?今思い返してみてもすみれが止まっていた様子は無い。
じゃあ歩きながら脱いでいたということか!?な、なんて人だ…
驚きの視線を向けていると、すみれはそれに気付き、片手を顔の前に掲げ、「悪かった。」と微笑んでいた。
竜児は立ち上がって、玄関へと向かった。
そして自分の靴と…乱雑に脱ぎ捨ててあったすみれの靴を揃えた。もちろん外向きに。
ついでに汚れてしまった床を掃除しようとも思ったが、
なにやら急ぎの用事らしかったので、帰りに掃除させてもらうことにして今は居間へと向かった。そして居間に入り、先程まで座っていた場所に腰をおろした。
そしてすみれ父が話し始める。「それで話というのはだね…」



ここまでで


90 @takasusumire sage 2010/10/06(水) 23:14:06 ID:JbEOragI
回想(すみれ家にて)ということで…

ごめんなさい
なんだか相当カオスな展開になってしまった…Orz
追加※キャラ崩壊注意!


91 名無しさん@ピンキー sage 2010/10/06(水) 23:28:02 ID:JbEOragI
お目汚し失礼しました。
なんだか自分で読み返して竜児が幸太の様に見えてきてしまいます…
これも自分の文章力の無さのせい…
そんな私ですが投下することをお許し頂きたいです。
連レス失礼しました。

このページへのコメント

takasusumire3 - 鐃楯宮わ申罎鰹申鐃緒申鐃緒申欖標砲鐃緒申箚逸申鐃 - Seesaa Wiki鐃淑ワ申鐃緒申鐃緒申鐃緒申 for 鐃緒申鐃殉¥申鐃夙フワ申鐃緒申 ≪潟若 綺 http://www.pslcbi.com/moncler2014.html

Posted by ≪潟若 綺 2013年12月07日(土) 10:11:12

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

Menu

竹宮ゆゆこスレ18皿目以降

■タグ一覧

亜美

複数、他

フリーエリア

管理人のみ編集できます