時間停止(タイムストップ)シーンのある、小説や画像、漫画、動画などを扱うサイトです。

街中をふらふら歩いていたら、道端で可愛い女子小学生を見つけた。
右手でランドセルを担ぎ、左手で本を読みながらゆっくり歩いている、ツインテールの、利発そうな可愛い女の子だ。
だけど、服装が非常に残念。
ポロシャツに近い白いブラウスに、灰色の釣りスカートという格好だ。
制服なのは嬉しいけど、せっかくの可愛い子ちゃんだ。
彼女にはもっと綺麗な制服を着てほしい次第だ。

だから私は、彼女の前にいきなり現れて、そしてこう叫んでやった。
「可愛い子ちゃんの時間よ、止まれ!!」
突然現れた女性に驚いたのか、女子小学生は目を丸くして驚く。
普段なら、次には「え?何この人!」と言った後、大きな悲鳴を上げられるところだろう。
しかし、彼女はきょとんとした表情のまま動かない。
大きく口を開けてはいるが声は出さず、驚きの瞳は瞬きすらしない。
左手に持っていた本は投げ出され、空中で止まっている。
「ふふ〜ん♪ 良い子ちゃんね。 ぴったりと止まってくれるなんて。
お姉さん感激しちゃうわ。」
私は小学生の頭を撫でる。
少女は全く動かない。そりゃそうだ。私が時間を止めたからだ。
私の超能力によって動けなくなった小学生。
名札によると、彼女の名前はかりんちゃんと言うらしい。
見知らぬ女性に遠慮なく名札を読まれても、かりんちゃんは一向に動く気配を見せなかった。

「さぁて、かりんちゃん、貴方は可愛いけど、制服は地味。
なので、隣の小学校の可愛い制服を着てもらうわよ。」
私はそういうと、早速近くの洋服屋さんに入り込む。
勿論時間が止まっているので、堂々と商品を持ち出しても店主は何も言わない。
私が持ち出したのは、赤いネクタイのついた、紺色のボレロの制服だ。
「公立校にしては可愛らしいこの制服、地域の違いだけでかりんちゃんが着れないのは勿体無いわ。」
服をゲットした私はすぐにかりんちゃんの元に戻り、そして彼女のスカートをめくった。
中から現れたのは、年頃の少女らしい綺麗なショーツだ。
そのまま釣りスカートの紐を下ろす。すると、スカートがすとんと下に落ちた。
続けてランドセルを取り、万歳のポーズに変えてからポロシャツを脱がす。
「あらあら、ブラなんかつけちゃって。背伸びしちゃって可愛いなぁ。」
私は中から現れた白い下着を見て、嬉しそうに呟いた。
けど小学生にそれはあわない。すぐに後ろのホックを外し、取り上げてやった。
ピンク色の乳首が出てきた。
「や〜ん♪可愛い〜!! これは隠さないとだめね〜。
お姉さんみたいなわるーい女の人にしゃぶられちゃうから!」
勿論しゃぶった。 女子小学生の味はとてもおいしい。

次へ

2ch時間停止SS一覧に戻る

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人のみ編集できます