時間停止(タイムストップ)シーンのある、小説や画像、漫画、動画などを扱うサイトです。

凄いものを手に入れてしまった。手の中にある小さな束を握りしめ、俺は高鳴る鼓動をどうにか押さえようとしていた。
手の中にある束は、一見するとただのシールのようである。真っ白な付箋のようで、至ってシンプルなデザインだ。しかし、これにはとんでもない力が隠されていたのだ。

「あんたの部屋に入るのも久しぶりね」

肩にかかるふんわりとしたウェーブをかきあげて、綾子さんが笑った。ベッドにちょこんと腰掛け、彼女は俺の部屋を珍しそうに見回している。
綾子さんは俺の従姉妹であり、現在俺の家に下宿している。なんでも大学に通うのに便利なのだそうだ。
身内の俺が言うのもおかしな話だが、綾子さんはとても綺麗だ。マシュマロみたいに真っ白な肌や長い睫毛、ぷっくりとした桜色の唇が物凄く色っぽい。
可憐な容姿ながらはきはきと活発な彼女は、大学でも相当モテているらしい。確かに姐御肌な綾子さんは、従兄弟の俺から見ても本当に魅力的なのだ。

「で、急に呼び出したわけは?」

ニイッと悪戯っぽく笑った綾子さんに、俺の心臓は破裂寸前だ。シールを握る手にも汗が滲む。
しかし、これさえあれば憧れの綾子さんと―

「えーっと、ちょっとした実験なんだけど」

なるべく心の中を悟られぬように、朗らかに笑いながら俺は綾子さんの手にシールの一枚を貼付けた。

「ん?シール?」

「うん、ちょっとそのままでいて」

シールを触ろうとした綾子さんを制し、俺は彼女に貼付けたシールに文字を書き込む。

「なんて書いたか分かる?」

俺の質問に返事が返ってくることはなかった。
不思議そうな表情で手に貼りついたシールを見つめたまま、綾子さんは人形のように固まっているのだ。試しに目の前で手を振ってみるが、綾子さんは瞬きひとつしないまま茫洋と視線をさ迷わせている。
彼女の姿勢の先にあるシールには「マネキン」と書き込まれていた。
そう、これがシールの能力だ。このシールに文字を書いて対象に貼れば、対象はそのシールに書かれた通りの状態になるのだ。
例えば犬と書けば犬になりきるし、マネキンと書けばこの通り人形になってしまう。

次へ

2ch時間停止SS一覧に戻る

コメントをかく


画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

×

この広告は60日間更新がないwikiに表示されております。

管理人のみ編集できます