試験運転用

HTML Editors

Harmony (music player)

EME (Elegant Markdown Editor)


# optional, but recommended
sudo apt-key adv --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-keys BA300B7755AFCFAE
# add Typora's repository
sudo add-apt-repository 'deb https://typora.io ./linux/'
sudo apt-get update
# install typora
sudo apt-get install typora

djmountを使ったUPnPへの接続

http://askubuntu.com/questions/88754/upnp-dlna-cli...

cd /media
sudo mkdir upnp
sudo chmod 777 upnp

sudo modprobe fuse
sudo djmount -o allow_other /media/upnp

Ubuntuでの古いカーネルの削除

http://ubuntuapps.info/blog-entry-874.html
$ sudo apt-get install byobu
$ sudo purge-old-kernels

mouse computerラップトップ、再びUSBデバイスが認識できなくなる

この問題、てっきりLinux側とおぼいきやWindows側のようだ。
http://www.kapilarya.com/unknown-usb-device-device...
このサイトの指示とおりにregedit でDescriptor Error -43 を出しているデバイスにパラメーターを追加すると復帰する。
どうやらWindows Updateの際に悪さをするとのこと。Ubuntu側を疑って悪かったね。しかしどうして道連れをくらうのか?
さらに話がややこしいのは、USBマウスの無線発信機を直接接続すると認識しないが、USBハブを経由すると認識する。USBメモリスティックも同じ。USBのHDD (USB 3.0)は直付けOKだが。

$ dmesg | grep -i usb
$ lsusb
$ lsblk
要するに dmesg で取り出される
[ 2.046935] usb 1-1: device descriptor read/64, error -71
これをどうにかしなければならない。 にあるやり方だと
$ echo -1 | sudo tee /sys/module/usbcore/parameters/autosuspend
をやってだめなら
$ echo Y | sudo tee /sys/module/usbcore/parameters/old_scheme_first
だという。だが、やはり効かない。 においては
$ sudo rmmod ehci_hcd
だというが、これは
saitotoru@W510TU:~$ sudo rmmod ehci_hcd
rmmod: ERROR: Module ehci_hcd is builtin.
という、つれない返事。
しかも探ってみると
saitotoru@W510TU:/sys/bus/pci/drivers$ ls
agpgart-intel dwc2-pci lpc_ich r8169 uhci_hcd
agpgart-via ehci-pci mei_txe rtl8723be virtio-pci
ahci i915 ohci-pci rtsx_pci xen-platform-pci
asiliantfb imsttfb parport_pc serial xhci_hcd
ata_generic intel_mid_gpio pata_sis shpchp
ata_piix iosf_mbi_pci pcieport snd_hda_intel
とあるようにehci_hcdはもはやpci/driverに格納されていない。。。。 http://geekdevs.com/2010/04/solved-unable-to-enume...

で、元に戻って error -71 とは何か?というと http://askubuntu.com/questions/749840/what-is-usb-... は62番の調べ方だが、
saitotoru@W510TU:/usr/include/asm-generic$ grep '71' ./errno.h
#define EPROTO 71 /* Protocol error */
というわけでヘッダーファイルを

UbuntuサーバーでApacheとWikiのセットアップ

いまどきWebサーバーを立ち上げるという話など、このCloud時代には流行らないとは思うが、であればこそ、もっとも安価に仕立てられる方法は重要だ。 PukiWikiで十分だろう
$ sudo apt-get install apache2
$ sudo apt-get install php5
$ sudo apt-get install unzip
$ cd /var/www/html
$ sudo unzip pukiwiki-1_5_0_utf8.zip
$ sudo mv pukiwiki-1_5_0_utf8 wiki
$ chown -R www-data.www-data /var/www/html/wiki

その他の参考サイト
http://mizupc8.bio.mie-u.ac.jp/pukiwiki/index.php?...

Dillinger

Markdown EditorとしてはRemarkableが気に入っているが https://remarkableapp.github.io そうはいってもWindowsでも書くことがあるのでできれば、マルチと思っていたが、そうなるとこういうWebベースのCloudものになるのか。。。 これもまたGitベースでNodejsが必要だとか。。。この人のやり方が必要なようだ。 Node.jsのWindowsへの導入方法

Servo

https://servo.org/
https://github.com/servo/servo

$ sudo apt-get install build-essential git
$ sudo apt-get install phython-virtualenv

$ git clone https://github.com/servo/servo
$ cd servo
$ ./mach build --release
$ ./mach run --release tests/html/about-mozilla.html

rtl8723beにまつわる問題

mouse computerのラップトップマシンのオンボードのWifiはすぐに通じなくなり resolving host といったまま不通となる。という症状に随分と悩まされてきたがようやく解決の模様。。。?
$ sudo apt-get install build-essential git
$ git clone https://github.com/lwfinger/rtlwifi_new/
$ cd rtlwifi_new
$ make
$ sudo make install
$ sudo modprobe -r rtl8723be
$ sudo modprobe rtl8723be
$ echo "options rtl8723be fwlps=0" | sudo tee /etc/modprobe.d/rtl8723be.conf
これで症状が改善しない場合は以下書き換え。(今回は以下まで実施)
$ echo "options rtl8723be fwlps=N ips=N" | sudo tee /etc/modprobe.d/rtl8723be.conf
$ sudo modprobe -rv rtl8723be
$ sudo modprobe -v rtl8723be

上記を施す前にDNSをGoogleの8.8.8.8と8.8.4.4に切り替えてみた。これでは解決しなかったが設定は残している。

modprobe によるネットワークアダプターの再起動 ここで判明したオンボードのWiFiのドライバーで検索したところモジュールのアップデートが必要なことがわかった次第。このネットワークアダプターのドライバー名を知ることは重要。

  • ネットワークサービスを再起動
$ sudo /etc/init.d/networking restart
$ sudo /etc/init.d/networking start
$ sudo /etc/init.d/networking stop
$ sudo service network-manager restart
$ sudo ifdown eth0 && sudo ifup eth0

Sayonara Player

$ sudo add-apt-repository ppa:lucioc/sayonara
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install sayonara

Pogo Music Player

$ sudo apt-add-repository ppa:pogo-dev/stable
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install pogo

Office 365の書き込みでフリーズ

Ctrl + Alt + F1 でCUIに切り替える
スタックしているプロセスを殺す
$ ps aux
$ kill process number
Ctrl + Alt + F7 でGUIに戻る

$ Alt + SysRq + R, S, E, I, U, B ただしいま mousecomputer マシンで発生しているフリーズはカーネルパニックのようで上記いうれも通用しない

Windows 10 & Linux dual boot machineにてWin 10の時間がGMTになってしまう問題の解消法

local time ではなくUTCに設定することだとか
レジストリの[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\TimeZoneInformation]キーに、"RealTimeIsUniversal"という名称の、16進数の'1'のDWORD値を追加する。
管理者権限を持つユーザアカウントで、ログインをする。
コマンドプロンプトを管理者で実行し、以下のコマンドを実行する。
$ reg add HKLM\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\TimeZoneInformation /v RealTimeIsUniversal /t REG_DWORD /d 1
最後に、再起動する。

Proxy Setting

UbuntuでのProxyの設定について
$ export http_proxy=http://10.88.42.18:8088
$ export https_proxy=http://10.88.42.18:8088

上記2つのURLで記載されていること総合するとこちらのURLで書いてあることになるようだ
Set up the proxies for apt-get and Update Manager
These programs will not obey the environment variables either. Create a file called 95proxies in /etc/apt/apt.conf.d/, and include the following:

Acquire::http::proxy "http://10.88.42.18:8088/";
Acquire::ftp::proxy "ftp://10.88.42.18:8088/";
Acquire::https::proxy "https://10.88.42.18:8088/";

Solus

新しいデスクトップ環境Budgieも興味あるが、やはり新しく開発しているのでシンプルな構造なんだろう。動作が早いのでいいね。 日本語入力環境が無いのでどうしようかと探すと上記のURLのとおりブラウザーの拡張機能を使うとは。 ただし、どうも副作用あり。OS側にIMEが動いている環境で、この拡張機能を導入すると、TEXTAREA内での動きがおかしくなる。そりゃそうだ。なんとの言えないな。 Firefoxもツール → アドオン → 拡張機能 で Stylish を導入して同じように設定するようだ。こちらは環境横断で設定していないからこれを使うことなりそうだ。

Ubuntu Bluetooth, BlueZ is not running

UEFIマシンへのUbuntuのInstall

mouse computerのWindows8.1マシンを購入。すぐにWin10にUP。で、USBメモリのUbuntuを起動させようとしたが当然認識せず。
  • 日本語のページ
    • http://mogi2fruits.net/blog/os-software/windows/34...
    • Quick Boot/FastStart 高速スタートを殺す
      • コンパネ→電源オプション → システム設定」に「電源ボタンの定義とパスワード保護の有効化」という項目があるので、一番上にある「現在利用可能でない設定を変更します」をクリック。
      • 「シャットダウン設定」から「高速スタートアップを有効にする(推奨)」のチェックを外します。
    • というくだりが自分のWin10ではちょっと違う。
      • 「設定」→「電源とスリーブ」→関連設定「電源の追加設定」→「電源ボタンの動作を選択する」→「現在利用できない設定を変更する」→「高速スタートアップを有効にする」→チェックオフ

UEFIのShellからBootする方法の解説

IOMMUとは何か?

間違えてUSBマウスからの起動を指定するGrubをEFI Bootにしてしまった場合。

Grubの再構築が必要となる。 http://www.powerx.jp/feature/labo_x/xpm/win7_ubunt... でも左記のURLの教えではうまくいかない。こちらの言う方が効くか? https://help.ubuntu.com/community/Grub2/Upgrading

アパートのIntel NUCマシンのUbuntuに再度xrdpを搭載

UbuntuのDLNAクライアント

Ubuntu 15.08

  • UpstartからSystemdへ移行したのでサービスの起動コマンドが変更

Manually added packages (since January, 2015)

  • Rekonq
    • Linux Lite (Ubuntu 14.04.2 LTS base)においてRekonqがPDFを開く際にGIMPを起動してしまう。SettingではMIME Type PDFはPDF Viewerを指定しているにも関わらず。解決策はOkularとそのpluginをインストールすることでRekonq内でPDF表示となる。(参照: https://docs.kde.org/development/en/extragear-netw...
  • gPodder
  • Haroopad: Markdown Editor & Presentation Tool http://pad.haroopress.com/user.html
  • Remarkable Markdown
    • https://remarkableapp.github.io/linux/download.htm...
    • Wikiページに書き込むのにオフラインでMarkdownテキストを書けて、かつHTML表示を確認できるところがいい。だが、最近のWikiはプレーンなTextareaではなく文字装飾などをGUI化しているのでかえって不便。

App Grid (for Ubuntu)

  • $ sudo add-apt-repository ppa:appgrid/stable
  • $ sudo apt-get update
  • $ sudo apt-get install appgrid

Screenlets

Cinnamonだと標準で入っているがMATEだと手動で導入のようだ。

Keyboard setting

  • $ sudo dpkg-reconfigure keyboard-configuration
  • 英語版でインストールするとどうしても途中で105キーボードに変更する必要があるが、すぐに忘れる。
    • UbuntuでもCinnamonが使えるようになった。で、英語ベースのUbuntuに後からCinnamonを入れて日本語環境を作っていく。そうするとどういうわけか元のUnityが101キーボードに戻っている。更に追加したXfceでも同様の101設定に。(XfceはXRDPとの関係で入れた)

Linux Mint

  • Oracle Java install & mozilla plugin設定
  • ただしubuntu wilyでは無効化された
  • Adobe flash plugin のインストール → パッケージマネージャーにて
  • Xerox DocuCentre-IV C5580へのプリント(Mint)
    • Linux用ドライバー(debファイル)をダウンロードしてインストール http://www.fujixerox.co.jp/download/printer-driver...
    • Use LPR printer -- no need to show here. details are described in office intranet wiki page
    • http://localhost:631/ でCUPSの管理画面を出して上記のプリンターのドライバーを富士XeroxのFXフォルダー内のFX Linux Printer Driverに置き換える
  • ディストロによっては手動でパッケージの追加が必要なもの
    • Remmina -- RDPのプラグインも忘れずに
    • Sound Juicer
    • SoundConverter

Ubuntu追加措置

  • 追加パッケージ: ubuntu-restricted-extras
    • 上記のパッケージに紛れ込んだ ttf-mscorefonts-installer をはずす
    • CSSの実行は
      • $ sudo /usr/share/doc/libdvdread4/install-css.sh
    • Ubuntu 15.10のシステム設定には、デスクトップのフォントの種類やサイズを変更する項目がありません。フォントを変更するためには、Ubuntuソフトウェアセンターから「Unity Tweak Tool」をインストールする必要があります。Unity Tweak Toolを起動したら、「Appearance」セクションにある「Fonts」を選びましょう。
    • 『Unity Tweak ToolでUbuntu 15.04のデスクトップをさらにカスタマイズする』 http://ubuntuapps.info/blog-entry-747.html
    • CompizConfig 設定マネージャーを使えば、Unity Dashのエフェクトなどを無効化して、より高速に表示することができます。まず、Ubuntuソフトウェアセンターからで「compizconfig」検索して、CompizConfig 設定マネージャーをインストールしましょう。
  • UbuntuでUPnP Client

[Totem Plugin]
Loader=python
Module=upnp-coherence
IAge=1
Name=Coherence DLNA/UPnP Client
Description=A DLNA/UPnP client for Totem powered by Coherence
Authors=Frank Scholz <coherence@beebits.net>
Copyright=Copyright © 2008 Frank Scholz
Website=http://coherence.beebits.net/

sudo mkdir /usr/lib/totem/plugins/upnp-coherence && sudo wget --output-document /usr/lib/totem/plugins/upnp-coherence/upnp-coherence.totem-plugin http://coherence.beebits.net/browser/trunk/Coheren... && sudo wget --output-document /usr/lib/totem/plugins/upnp-coherence/upnp-coherence.py http://coherence.beebits.net/browser/trunk/Coheren...

Linux Mint追加アプリ

  • Pragha Music Player
フォルダー単位での再生に便利
    • $ sudo add-apt-repository ppa:ubuntuhandbook1/pragha
    • $ sudo apt-get update
    • $ sudo apt-get install pragha
  • リモートデスクトップ
    • XRDP: http://blog.asial.co.jp/706 ==> Remminaが使えるなら不要。Linuxマシン側をRDPのサーバーにするメリットはあまりない
  • Grub Customizer
    •  あると便利。ただし、ubuntu wily では無効化された
    • sudo add-apt-repository ppa:danielrichter2007/grub-customizer
    • sudo apt-get update
    • sudo apt-get install grub-customizer
  • ラジオ
    • Great Little Radio Player: https://sites.google.com/site/glrpgreatlittleradio...
    • Radiotray
    • 以前は下記のppaの追加が必要だったようだが2014年5月段階ではubuntuのパッケージに登録されている模様
      • sudo add-apt-repository ppa:eugenesan/ppa
      • sudo apt-get update
      • sudo apt-get install radiotray
  • 画像編集
    • XnView Multi Platform: http://www.xnview.com/en/ ==> サイトからdebファイルのダウンロードでGdebiインストール
      • gnome-web-photo ==> パッケージインストール (Webページ全体のキャプチャ) http://ubuntuapps.blog67.fc2.com/blog-entry-645.ht...
      • Fotoxx 画像ファイルのトリミングにはいまのところこれが一番のようだ。 libimage-exittool-perl を追加でインストールする必要あり
    • Pimagizer 画像のりサイズ専門ツール。 Simple Image Reducer
      • $ sudo add-apt-repository ppa:vfrico/stable
      • $ sudo apt-get update
      • $ sudo apt-get install pimagizer
  • 画像ビューワー
  • 動画変換
  • Webブラウアーのプロファイル清掃

UbuntuにCinnamonを入れる

14.04でいったんは閉鎖されたが新しい開発者が引き継いでくれて新しいppaが復活

UbuntuにSkype

Mintだと普通にSynapticのパッケージ欄に表示されるがUbuntuだと なお、Mint 16, Ubuntu 14.04ともデフォルトでSkypeを起動すると音声異常あり、pulseaudioとの相性悪い ShellScriptPractice ページに記載した起動スクリプト(といってもたった2行)を書いた起動ファイルを作成すること。ちなみに本件はLinux Mint 17 MATEでは解消されている。(2014年6月10日)

PidginにLINEのpluginを入れる

このあとpurple-lineのmakeに向かうのだが、残念ながら
  • make: *** `libline.so' に必要なターゲット `thrift_line/line_main_constants.o' を make するルールがありません. 中止.
とあえなく失敗。よってこの項いまだ未完成
    • Thriftのソースは: https://dist.apache.org/repos/dist/release/thrift/ 以下のディレクトリ
    • git clone する方法
    • $ git clone htps://git-wip-us.apache.org/repos/asf/thrift.git thrift
    • $ cd thrift
    • $ ./bootstrap.sh
    • $ ./configure --without-perl --without-java --without-python --without-php --without-ruby
    • $ make
    • $ sudo make install
      • これでThriftをgit cloneするとversionは 1.0 Dev となるはず。
で、どうやら http://altrepo.eu/git/purple-line.git/ にある purple-lineのtar.gzファイルと、http://altrepo.eu/git/line-protocol.git/ にある line-protocalのtar.gzファイルが同じタイミングのものでないと、makeできないのではないかと思い立って、いれなおしたところ無事makeできました。
  • Pidginのほうも素のインストール状態ではLINEのアカウントが表示されない。どれが効いているのかわからないが、以下のものを追加インストールするとLINEアカウントの表示がでてくる
    • bitbee-libpurple
    • pidgin-dev
    • pidgin-microblog
    • pidgin-plugin-pack
    • pidgin-sipe
    • pidgin-skype

Xubuntu

Mint 16 + iBusで発生しているFirefoxのプルダウン不具合に対処するため、Ubuntu + Cinamon使っていたが14.04では使えなくなり、Mint 17 MATEの正式版がリリースされるまでの間、Xubuntuを利用。XubuntuのXfceは悪くない。Xbuntu + Rekonq というのは快適なブラウジング環境である。ところで読み方は「くすぶんつ」だと思っていたがWikiだと「ずぶんつ」だそうだ。なんだかいまいちなような気がするがどうだろうか。
  • Chromiumの描画がちょっと変。他のアプリケーションウィンドウが上に描画された後にウィンドウを復帰させると部分的にしか描画しない。タブを切り替えるなどすると全部復帰する
  • Rekonq; textareaの文字入力の位置表示に必要な縦棒カーソルが時として見えなくなる。
  • Javaの文字化け == いままでデスクトップは英語のままインストールしていたが、今回、日本語でインストールしたので初めて遭遇したがXubuntuというよりUbuntu全般で発症する模様。解決方法は日本語フォントのシンボリックリンクを貼るとのこと。Ubuntu環境でJavaアプリの文字化け

Kubuntu

KDEに付属のブラウザであるRekonqがすこぶる軽快で使い手が良いので入れてみた。デフォルトのインストールではiBusがうまく起動しないので次の2つを手動で追加する。
  • ibus-mozc
  • gir1.2-gtk-3.0

Linux Lite

Virtualboxでは重いが、USBメモリ起動では軽快に動くという、Ubuntu 14.04から発生している特性を継承しているが、デスクトップは明らかに軽量で使いやすい。(Unityとの比較)

SambaでWindowsサーバーの共有フォルダーにアクセス

これも手を加えないとWindowsの認証が通らない http://shun-ichiro.com/log/howto/ubuntu-1204-windo... に対処方法の指導がある。

/etc/samba/smb.confを開く
[global]と書かれた場所を探す
その下に以下の2行を追加

client lanman auth = yes
client ntlmv2 auth = no
  • クライアントのWindowsマシンのローカルフォルダーを「共有」設定した場合は上記の方法ではこの共有フォルダーは表示されないので、ファイル窓にlocation表示をさせてそこにsamba url, smb://(host IP)/(share holder name) を打ち込めばOK
  • ついでにMac OS Xの場合
    • IP アドレスまたは DNS 名を使ってサーバに接続できます。ご利用の環境で必要な場合や、利便性が高い場合、次のようにして有効な URL 形式を使用することもできます。
      • smb://ServerName/ShareName smb://DOMAIN;User@ServerName/ShareName
      • 「共有」(共有ディスク、共有ボリューム、共有ディレクトリ) の名前を指定する必要があります。名前を指定するためのプロンプトの表示はありません。接続するときの共有名の一部として、スペースを入力することはできません。共有名にスペースが含まれる場合は、代わりに「%20」を入力します。
rootパスワード設定
Debianはinstall時にrootパスワードを設定していたような気がするがUbuntuはrootパスワードは設定しないままinstallが完了してしまう。そこであとから設定する。 http://80286.blog62.fc2.com/blog-entry-17.html
suコマンドでrootになる場合にはrootのパスワードを作成する必要がある。
$ sudo su -
# passwd
rpmのdeb変換
  • alien をインストール
    • sudo alien ./XXXX.rpm
    • dpkg -i ./XXXX.deb
PDFファイル操作
  • 導入するパッケージ apt-get install poppler-utils
    • pdftotext abc.pdf abc.txt
    • pdftotext -layout abc.pdf abc.txt (レイアウト保持)
    • pdftotext -upw 'password' abc.pdf abc.txt (パスワード入力)
    • pdftohtml abc.pdf (HTMファイルに変換 & 画像ファイル)
    • pdftohtml -i abc.pdf (HTMLファイルのみ)
  • オンラインでのPDF→WORD変換サービス

Lowlatency Kernelへ切り替え

単身赴任先アパートのMintマシンはCDプレーヤー代わりという役割で、USBからDACに音を出してKOIにつなげている。 この中でlowlatency kernelを入れるのは簡単だが、普段使っているBansheeはJackに直接音を出すことができない。PulseaudioのJackモジュールを導入せよということで という措置をほどこし、Jackに直接音を出すことができる。Aqualung と Audacious という二つのPlayerを導入。 以上により無事Jackが起動し、Aqualungを起動させるとJackのConnectionにAqualungが表示されている。

GRUBの設定について

LinuxでのDNSの設定

  • usupi.org DNSサーバーの動作を確認するには大変お世話になりました。host, dig, nslookupの使い方が丁寧に解説してあります。
  • Ubuntu Manpage: dhclient.confにちゃんと書いてありますねぇ。DHCPサーバーがClientからのUpdate要求を受ける場合とそうでない場合でPTRレコードとAレコードの書き換えを行うか行わないか。

各リリース番号を知るには

  • cat /etc/os-release => Ubuntuのリリース番号を表示
  • lsb_release -a => Mintの場合はMintのリリース番号を表示
  • cat /proc/version か uname -a

LinuxでのCPU情報収集など

  • Linux CPU情報収集
    • $ cat /proc/cpuinfo
    • $ lshw -html > hardware.html HTMLファイルに書き出すことにしないと表示されない。

LinuxからWindowsマシンへのRemote Desktop接続における日本語キーボードの動作

  • 対処策内容
    • Windowsマシン側の設定変更
      • コントロールパネル → 地域と言語のオプション → 言語タブ → テキスト サービスと入力言語の「詳細」ボタン → 「詳細設定」タブ → システムの構成にある「詳細なテキストサービスをオフにするのチェックボックスをチェック
  • 症状
    • LinuxマシンからWindowsマシンにRDP接続を行うとMS製品のアプリでは英語キーボードとして認識される。非MSアプリ(Chrome、秀丸等)は日本語キーボードとして正常に使える。ただし、どちらもBackspaceキーとなりの円マークキーは無効
    • Linux側: Ubuntu, Linux Mint, Lunbutu, PuppyどのLinuxでも同じ
    • Windows側: XP SP2
    • 関連URL


Unetbootin

Ubuntu, MintでのFirefox高速化設定

tmpfsを使ってtempファイルをRAMディスクに

zramにてswap領域をram diskへ

  • http://linux.ikoinoba.net/index.php?UID=1330607779
  • MintとLubuntuならば公式パッケージでzram-configでヒットする
    • インストールしたら /proc/swaps を見て状態を確認。
      • $ cat /proc/swaps
    • もうひとつswappinessなるパラメーターをいじる → http://memo.officebrook.net/20080418.html
      • 現状の確認: $ cat /proc/sys/vm/swappiness
      • $ echo "vm.swappiness = 10" | sudo tee /etc/sysctl.d/swappiness
      • $ sudo sysctl -p /etc/sysctl.d/swappiness
    • Ubuntuでは公式パッケージには搭載されておらずppaの設定から zramswap-enabler としてインストール
      • sudo add-apt-repository ppa:shnatsel/zram
      • sudo apt-get update
      • sudo apt-get install zramswap-enabler


Puppy Precise 5.4.3から5.5へのUpgrade

  • Puppyのダウンロードサイトから5.4.3=>5.5のdeltaファイルをダウンロードする
  • 5.4.3 isoファイルを同じ場所(/mnt/home など)に置く
  • deltaファイルをクリックしてGUIを起動すると5.5 isoファイルが生成されmountされる
  • isoファイルをクリックして中身を開き、vmlinuzファイル、initrd.gzファイルを/mnt/homeにドロップし上書き, pup_5.5.sfsファイルを同じくコピーする。古い5.4.3.sfsは拡張子をoldに変える
  • リブートするとsfsを5.5に切り替えるかどうか尋ねてくるので、ENTERキーで続行するとfile system, driver listなどをそのまま引き継いでアップグレードが完了して無事、5.5で起動しました。壁紙がデフォルトの戻り、手動でデスクトップにリンクを張ったChromeのアイコンが消えているほかは設定等はそのまま引き継がれているようです。

Puppy 5.4.1

  • 日本語パッケージ
    • 開発元には日本語パッケージが無く。日本語化をしているグループの日本語版はうまく起動できない。他に日本語パッケージのsfsファイルを配布しているところがあってそこからsfsファイルを取得
      • http://shino.pos.to/party/bridge.cgi?puppy/opt/
      • ここからRedirectされる置き場にある「lang_pack_ja-1.5b.sfs 」をダウンロードする。sfsファイルをシングルクリックするとインストールするかどうかを尋ねてくる。
    • 元の英語版の置いてある場所はこちら
    • http://distro.ibiblio.org/quirky/
  • JRE
    • 例によって問題はシンボリックリンクの貼り方。http://sakurapup.browserloadofcoolness.com/viewtop... に記載の下記の記述があてはまった
      • しかし Firefox-3.6x や Googlechrome ではこのプラグインは動作しません。/usr/java/jre1.6.0_18/plugin/i386/ns7/libjavaplugin_ojo 代わりに /usr/java/jre1.6.0_18/lib/i386/libnpjp2.so へのリンクを /usr/lib/mozilla/plugins ディレクトリ内に作ってやることで動作します。
    • 自分の環境では、元ファイルは /usr/java/jre/lib/i386/libnpjp2.so にあり、リンク先は /usr/lib/mozilla/plugins であった。
  • PAE
    • 普通にisoファイルをダウンロードするとCPUがPAEに対応していないと起動しない。non-PAE versionということでretroと銘打って作成されたものを使うとnon-PAEの古いCPUマシンでも使える。自分が支給されているマシンはlenovo X220さすがにこれは去年のモデルなのでもちろん大丈夫だが、バックアップ用として使おうとしている古いマシン thinkpad X31 型番2672だとPAE非対応であった。 => http://www.bkhome.org/blog/?viewDetailed=03066
  • RDP
    • リモートデスクトップ接続は rdesktop をpackage managerで検索インストール。こいつはターミナルでのコマンドライン起動
  • Takao font
    • Package managerから手動で追加インストールできる
  • Xerox DocuCentre-IV C5580
    • CUPSのWebインターフェイス http://localhost:631/ でプリンターの追加とプリンタードライバーの指定を行う
    • 後から作ったnon-PAE CPU対応のほうではCUPS Managerが英語版でネットワークプリンターの検出では目的のプリンターは拾えなかったが、LPRプリンターの選択をして、 lpd://xxx.xxx.xxx.xxx/queue1 と指定すると無事プリンターを捕まえてくれた。ドライバーの指定はFujiXeroxのマニュアル記載のとおりModelはFXを指定するとドライバーが一つ表示されるのでこれを指定すれば印刷できる。
  • swapファイル作成
    • スワップは作らないにこしたことはないが1GBメモリではやはりきつい。以下作成方法
    • dd if=/dev/zero of=mnt/home/puppy.swp bs=1024 count=120k (countの数値でサイズ調整120kで122.8MBとなる)
    • mkswap /mnt/home/puppy.swp
    • swapon /mnt/home/puppy.swp
    • /root/.etc/rc.d/rc.local に以下を追加
      • swapon /mnt/home/puppy.swp
  • Google Chromeデスクトップアイコン
    • Google ChromeをインストールするとMenuには登録されるがデスクトップにはアイコンが現れない。アイコンは /usr/bin にある。
      • Puppy 5.7.1でPackage ManagerからChromiumをインストールするとアイコンの場所は
      • /usr/share/applications/chromium-browser.desktop というファイルになる
  • Chromiumをrootで起動
  • Urxvtターミナルのフォント
    • VL Gothic regularの14ポイント
    • または DejaVu Sans Mono: Book 12 pointでもいいようだ。


Debianにまつわる思い出

下記の2件のことがあり、腕に自信もないので、Debianをいじくりまわすのはあきらめて、アパートにある東芝ダイナブックマシンもUbuntuに変えようか?と思ったが、一方でWebアプリのFlashというのもどのみち先細りである。(とはいえFlashの音をUSB DACに出すことはDebianでもできた)

Debianには思い入れというものがあって、ごつごつしたDesktopも不思議と愛着を感じる。Debianは大久保君が最初に教えてくれたものだ。当時はFloppy Diskでインストールした。InstallerがマシンのNICをつかまえてネットワークからパッケージを取ってくるというのが非常に印象深かった。なにしろ、当時、Windows NT 3.51のInstallでばかばかしいぐらいの手間暇をかけていたので、DebianのFloppy3枚でOKというのは格好良かったですよ。

さらにそのあとにGoodbye Microsoftというサイトを使うと、起動Floppyすら不要となり、サイトからGRUBやIniterdをダウンロードして起動すると、いきなりDebianのInstallを行えるという風になってからDebianファンになったという経緯があるので愛着もあるというものだ。

DebianとUbuntu -- 英語と日本語の切り替え

Ubuntuについては英語版でインストールして後からLanguage SupportからJapaneseを追加する。そのままではIBUSが入ってはいても起動していないのでIBUSを起動させるとAnthyを起動できる。これでメニューなど英語のまま日本語入力ができるようになる。一方、Debianの場合はターミナルで
  • dpkg-reconfigure locales
としてlocaleの追加(en_US.UTF-8を追加し)、変更する。そうすると英語版になるが、そのままではAnthyが起動できない。
http://www.debian.org/doc/manuals/debian-reference...
によると英語環境での日本語入力の設定起動は以下のとおり
  • 日本語インプットツールパッケージの ibus-mozc を im-config 等の推奨 (recommended) されたパッケージとともにインストール
  • ユーザーのシェルから "im-config" を実行して "ibus" を選択
  • "System" → "Preferences" → "IBus Preferences" → "Input Method" → "Select an input method" → "Japanese" → "MOZC" を選択し "Add" をクリック
  • ユーザーアカウントへの再ログイン
  • "im-config" として設定を確認
  • GUI ツールバーを右クリックしてインプットメソッドとモードを設定
  • CTRL-SPACE によって IBus インプットメソッドを起動。
ということだが、 アパートのDynabookのDebianでは
  • im-configの代わりにim-switchが稼動していた
  • ibusがインストールされていないでximで動いていた
  • ibusをインストールしim-switchでibusに切り替えてログアウト・ログイン
  • "IBus Preferences" ==> "Input Method" ==> "Select an input method"のところがトリッキーで表示窓にもプルダウンにもAnthyも何も無い状態になっている。
  • そのプルダウンのトグルをいじると出てくるという仕掛け
    • ibusとanthyがつながらなければ日本語入力ができない。あせって検索すると.bashrcにibusのための環境変数を設定するとかいろいろ書いてあるが結局のところviで隠しファイルを編集するような必要はどうもなさそうである。

Flash Playerの音声出力先切り替え

  • Pulse Audio
    • http://gihyo.jp/admin/serial/01/ubuntu-recipe/0137
      • PulseAudio Volume Controlを使えという。で、確かに pavucontrol はinstallされていないのでinstall。だが、これを入れるといままで内臓スピーカーから音を出していたWebのFlashplayerが音を出さなくなってしまう。pavucontrolをはずして元に戻すと音が出る。。。これらを眺めつつこのWikiの記事で作業か?
    • http://hidenosuke.org/wiki/?Debian%A4%C7PulseAudio
      • 残念ながらうちのマシンとは環境が異なるようだ。/etc/asound.conf ファイルが無くともPulseSoundが動いていて、逆にasound.confを書くと起動時にエラーを吐き出して自動修正してしまう。。。下記は何か関係ありそうなことが書かれているような気がするがよくわからない
    • https://forums.ubuntulinux.jp/viewtopic.php?id=112...
    • http://wiki.debian.org/FlashPlayer がヒットしてここに記載されている
    • # update-flashplugin-nonfree --install
  • を実行するとupdateが行われ再起動後、めでたくFlashの音声がUSB DACに出力されました。ただし副作用。これらのことをやっているとiBusが起動しなくなります。
    • http://group.ameba.jp/thread/detail/Cu_hYJAVv0lg/t... に処方あり。でもどうしてiBusの自動起動がはずれてしまったのか????
      • システム → 設定 → 自動起動するアプリ
      • 「追加」をクリック
      • 名前:iBus daemon
      • コマンド:/usr/bin/ibus-daemon
      • 説明:iBusを自動起動させる

DVD-Rへの書き込みツール

まず対象となるファイルをまとめてisoファイルにするのが genisoimage 次にそのisoファイルをDVD-Rに書き込むのが wodim だそうだ。
  • http://debugitos.main.jp/index.php?Ubuntu%2F%A5%C7...
    • $ genisoimage -R -J -r -o out.iso -V "label" -v path1 path2 ...
      • 音楽CDを取り込んだoggファイルの場合Windowsではエラーになるコロンなどを使っているのでその場合はWindowsとの互換性を諦め、Jolietフォーマットにしないために-Jを取り-Rのみとする
    • $ sudo wodim -v -eject speed=4 dev=/dev/cdrom -data out.iso

DVD-Rからisoファイルへの書き出し

PyRoom -- フルスクリーンでテキスト入力



Debianラップトップ整備

外観の設定

  • テーマ:クライールックス
  • フォント:IPA X0208 Pゴシック 9pt
  • 最適なシェイプ

PDF出力

  • cups-pdfのインストール
  • 各種ttfフォントのインストール

なんかのひょうしにapt-getできなくなった

症状
パッケージリストを読み込んでいます... エラー! E: Encountered a section with no Package: header E: Problem with MergeList /var/lib/apt/lists/ftp.jp.debian.org_debian_dists_squeeze-updates_main_binary-i386_Packages E: パッケージリストまたはステータスファイルを解釈またはオープンすることができません。
対策

VPN

  • apt-get install vpnc
  • apt-get install network-manager-vpnc
  • apt-get install network-manager-vpnc-gnome
VPN設定および接続方法
ターミナルからの打ち込みでした。 に回答ありました。
$ sudo vpnc

で手打ちでOK。ちなみにVPNの切断も手打ちです。
$ sudo vpnc-disconnect
GNOMEデスクトップでのVPN設定
上記の内容を記述している時にはGNOMEのネットワークマネージャーのVPN接続の設定欄ではうまくいきませんでしたが、その後、解決しました。
  • 設定項目と設定値
  • General
    • ゲートウェイ: IPアドレス
    • グループ名: 【グループ名】
    • User password: 各個人に割り当てられたCisco VPNアカウントのパスワード
    • Group password: 【グループパスワード】
  • Optional
    • User Name: 各個人に割り当てられたCisco VPNアカウントのユーザー名
    • Domain: 【ドメイン名】
    • 後の二つの項目はそのまま
      • パスワードだけ、User, Groupという順番で並んでおり、名前のほうがUserのほうはOptionalとなっているのがトリッキーなところです。

SSHでのターミナル

  • telnetは使えないので普通のターミナルではなく
  • JFTPのSSHシェルを使うか
  • hotssh をインストール

GPGキーの取得

  • apt-get install debian-keyring debian-multimedia-keyring

LHAファイル

flashのプラグインInstall

  • /etc/apt/sources.listの各行に、contrib non-free を追加
  • apt-get install flashplugin-nonfree

Radiusクライアント

Freeradiusを導入。ただし、serverを立てるわけではないのでclientソフトのみ
  • apt-get install freeradius-utils

Skypeの導入

--tar xvzf skype_static-2.0.0.72.tar.bz2
    • mv skype_static-2.0.0.72 /usr/share/
  • bin以下へskypeのシンボリックリンクを作ってパスを通す
    • ln -s /usr/share/skype_static-2.0.0.72/skype /bin/skype
  • アイコンを専用ディレクトリへコピー
    • cp /usr/share/skype_static-2.0.0.72/icons/SkypeBlue_48x48.png /usr/share/pixmaps/skype.png

DVD再生

  • 出典

このページへのコメント

xanax generic version - buy mylan alprazolam

Posted by EntRzpvoz 2014年08月28日(木) 00:19:51

XW316Y Thanks a lot for the blog article.Much thanks again. Awesome.

Posted by awesome things! 2014年01月22日(水) 06:36:45

ZJa6mm I think this is a real great blog. Fantastic.

Posted by seo thing 2013年12月19日(木) 20:21:27

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

メンバーのみ編集できます