日本曹洞宗に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。日本曹洞宗に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

禅僧が臨終に及んで、その禅境や弟子に対する遺誡などを偈頌にしたもの。辞世の句。

【内容】

禅僧は、古来からその臨終をどのように迎えるかにこだわりを見せるが、例えば臨済義玄とともに教化を振るった鎮州普化の最期などは、その理想像の1つである。

そこで、禅僧らしい最期を迎えるにあたり、様々な「臨終行儀」が考えられた。特に中国で宋代に入ると、遺書・沐浴・遺誡・遺偈・坐亡などが行われるようになり、日本でも鎌倉時代の禅僧では、これらが詳しく記録に残されるようになった。特に遺偈は、中国で「人の将に死せんとする、その言や善し」(『論語』)という、臨終の言葉を重んじる伝統もあり、積極的に行われるようになった。

なお、日本曹洞宗道元禅師は以下のような遺偈を残しておられる。

五十四年  五十四年
照第一天  第一天を照らす
打箇浡跳  箇の浡跳を打して
触破大千  大千を触破す
 咦      咦
渾身無覓  渾身に覓むる無し
活落黄泉  活きながらに黄泉に落つ
  ※「浡」は正しくは足偏

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

NINJAカウンター

角川書店『ねこ禅』



かわいい猫の写真とやさしく解説された禅語のコラボ本。【『ねこ禅』角川書店】からどうぞ。

OKかけじく

管理人のみ編集できます