日本曹洞宗に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。日本曹洞宗に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

(仕すること。
尊敬心を持って仕え、世話すること。
6,─∈垢係けること、身口意によって物を供えめぐらすこと。回向すること。
の蘿劼垢襪海函
ゲ擇箏姐瓩覆匹鮖って、礼拝すること。
宗教的な尊敬心を持って、供養すること。
三宝に香華や飲食などを供え、誉め讃え、教えによって修行すること。行事としての「供養」とは、この意である。例えば「施食供養」「開眼供養」「千僧供養」など。

【内容】

供養という言葉は、一般的には、仏法僧の三宝や、死者の霊に対して、身口意の三業によって供物を献げることをいう。不殺生を主張した仏教では、バラモン教などで行っていた動物で行った供儀に対して、油を塗り、香を焚き、華や水を供え、灯をともすなどの祭儀を採用した。

初期仏教では、衣服・飲食・臥具・湯薬が主な物として僧団に施与された(四事供養)が、後には塔廟・仏像・教法・僧、または僧団に対して房舎や土地などまで施与されるようになった。これは僧団の経済展開に対して、その枢軸とも成っていったのである。

なお、供養の際には、財と法として、仏心両面のそれを必要とする。

後には、塔や廟が、仏や死者を象徴する祭祀の対象として認識され、供養塔が成立し、それが一般の死者に用いられて、塔婆供養などの回向がされるようになった。

供養物の種類、供養の方法などについては、インド以来様々な分類がなされている。日本では『法華経』に基づく十種供養や、密教による五供養などが目立つ。なお、これらは、正しい方法に従って行われなければ意味がない。
法儀、相違するがごときは、供養、まことならず、供養、まことならざれば、功徳、おろそかなり。かならず如法供養の法、ならひ正伝すべし。 『正法眼蔵』「供養諸仏」巻

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

NINJAカウンター

角川書店『ねこ禅』



かわいい猫の写真とやさしく解説された禅語のコラボ本。【『ねこ禅』角川書店】からどうぞ。

OKかけじく

管理人のみ編集できます