日本曹洞宗に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。日本曹洞宗に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

^貳姪には、坐して禅定を修すること。両足を組んで坐り、精神を集中し、思いを凝らして無念無想の境地に入ること。なお、行為としての坐禅を指す場合には「座禅」とは書かない。
日本曹洞宗の坐禅は、只管打坐とされ、結跏趺坐半跏趺坐を行い、ただその坐る当体が身心脱落であるとする。
先師古仏曰く、参禅身心脱落なり。 『正法眼蔵』「三昧王三昧」巻

【内容】

日本曹洞宗に於いて、坐禅の進退作法は道元禅師の『普勧坐禅儀』、瑩山禅師の『坐禅用心記』を最高の指南書として考えている。なお、他にも『正法眼蔵』「坐禅儀」「坐禅箴」「三昧王三昧」、『弁道法』『弁道話』、『三根坐禅説』なども参照しながら坐禅が行われる。曹洞宗の公式ホームページでは図像入りで坐禅の作法や坐禅会を紹介しているので合わせて参照されたい。

・【曹洞宗・曹洞禅ネット:坐禅の作法

さて、坐禅の思想的な問題であるが、道元禅師は、坐禅を禅定をするための行だと考えることを戒めている。
坐禅は習禅にはあらず、大安楽の法門なり、不染汚修証なり。 「坐禅儀」巻

それは、禅定とは戒定慧三学に於いて、智慧を得るための手段に堕するためであり、手段である以上目的が達せられれば、坐禅が行われなくなるためである。しかし、道元禅師は坐禅を仏行そのものであると捉えており、手段と目的とが一体となっているため、智慧を得ても、それが坐禅を止める理由にはならないのである。それを宗説行一等の坐禅といい、ひたすらに坐禅を行う黙照禅的な坐禅となっている。
此の坐禅、仏仏相伝し、祖祖直指し、独り嫡嗣なる者なり。余の者は其の名を聞くと雖も、仏祖の坐禅と同じからず。所以は何となれば、諸宗の坐禅は、悟を待つことを則と為す。譬えば船筏を仮りて大海を度り、将に海を度れば船を抛つべしと謂うが如し。吾が仏祖の坐禅は然らず、是れ乃ち仏行なり。所謂、仏家の為体は、宗説行一等なり、一如なり。 『永平広録』巻8-法語11

また、道元禅師も瑩山禅師も、その時々で「坐禅の定義」を行っているので、一部を挙げておきたい。

・おほよそ仏祖児孫、かならず坐禅を一大事なりと参学すべし。 『正法眼蔵』「坐禅箴」巻
・坐禅は習禅にはあらず、大安楽の法門なり、不染汚修証なり。 『正法眼蔵』「坐禅儀」巻
・夫れ坐禅は直ちに人をして心地を開明し、本分に安住せしむ。 『坐禅用心記
・それ坐禅は、大安楽の法門・大解脱の妙法なり。 『瑩山瑾禅師語録

特に、道元禅師の坐禅観については、面山瑞方『自受用三昧』の後半部分に抜き書きされているので、そちらをご参照いただくと良いだろう。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

NINJAカウンター

角川書店『ねこ禅』



かわいい猫の写真とやさしく解説された禅語のコラボ本。【『ねこ禅』角川書店】からどうぞ。

OKかけじく

管理人のみ編集できます