日本曹洞宗に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。日本曹洞宗に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

仏祖の教えにしたがって、励んで身心を用いて鍛錬すること。久修練行の略ともいわれる。発心・修行・菩提涅槃仏道の四大要門とも言われ、正しい発心によって、戒律・清規にしたがって修行し、仏祖の教えを究め、一切の苦を滅し続けるというものである。特に禅宗では、清規にしたがった叢林修行を重要視し、そのような日常底に努力し続けることを無上の修行であるとする。
仏道を学せざれば、すなはち外道・闡提等の道に堕在す。このゆえに、前仏後仏かならず仏道を修行するなり。 『正法眼蔵』「身心学道」巻

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

NINJAカウンター

角川書店『ねこ禅』



かわいい猫の写真とやさしく解説された禅語のコラボ本。【『ねこ禅』角川書店】からどうぞ。

OKかけじく

管理人のみ編集できます