日本曹洞宗に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。日本曹洞宗に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

家訓とも、家教とも呼ばれる。参とは交参の意味であり、学人方丈にあって住持から親しく教えを受けることを意味し、法堂で行われる正式な説法に当たる上堂に比べて、内容も家訓らしく、宗要から日常生活に到るまで詳しくなされる。

【内容】

小参は、年代によって行われる頻度を異とし、唐代には毎日随時行われていたようだが、宋代に下ると末尾が3・8の日の晩に行われるようになった(『禅苑清規』など)とされている。現在の日本曹洞宗の修行道場では毎月1日・15日に法堂で行われる。法堂で行う典拠としては『勅修百丈清規』を挙げることが出来る。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

NINJAカウンター

角川書店『ねこ禅』



かわいい猫の写真とやさしく解説された禅語のコラボ本。【『ねこ禅』角川書店】からどうぞ。

OKかけじく

管理人のみ編集できます