日本曹洞宗に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。日本曹洞宗に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

永平寺の祖廟であり、初祖道元禅師・二祖懐弉禅師・三祖義介禅師・四祖義演禅師・五祖義雲禅師の五大尊の尊像を安置し、更に歴代住持の位牌や開基である波多野義重公の木像や、道元禅師の生家である久我家の位牌などを祀っている。道元禅師の大師号である承陽大師は、ここから付いたとされている。

【内容】

現在の「承陽殿」は、明治14年に再建されたものであり、それ以前は道元禅師の霊骨を祀る廟堂と、拝殿から成り立っていたとされており、名前も「承陽庵」であったとされる。ただし、「承陽庵」成立には諸説有り、『宝慶寺由緒記』では、道元禅師が興聖寺と永平寺に建てた、如浄禅師の祖堂を指すとしており、その塔主には寂円禅師が命じられたという。

しかし、同じ寂円派の建撕禅師(永平寺14世)によって書かれた『建撕記』では、道元禅師が亡くなった後に、永平寺の西の隅に葬られ、そこに建てられた塔が承陽庵であるとしており、やや見解が相違する。

また、道元禅師や懐弉禅師の伝記として最古の部類になる『三祖行業記』や『伝光録』では、道元禅師が葬られた塔の名前は確立されていない。前者では、懐弉禅師の言葉に道元禅師の塔を「元師の塔」と呼ぶだけだからである。したがって、道元禅師滅後の最初には、塔の名前がなく、室町期に到るまでに「承陽庵」になったものと拝察される。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

NINJAカウンター

角川書店『ねこ禅』



かわいい猫の写真とやさしく解説された禅語のコラボ本。【『ねこ禅』角川書店】からどうぞ。

OKかけじく

管理人のみ編集できます