日本曹洞宗に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。日本曹洞宗に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

香をたてまつること。導師が本尊前に進前して、香炉に香を焚くこと。
寮主焼香の法は、先づ当面に到り、聖僧に向いて問訊し罷りて、香炉の前に歩み寄り、右手に上香し罷りて、叉手して右に身を転じ、還りて当面に到りて問訊し訖りて、叉手して上間の両板頭の中間に歩み寄り、問訊し訖りて叉手して右に身を転じ、正面を経て下間の両板頭の中間に歩み寄り、問訊し訖りて叉手して右に身を転じ、正面に歩み寄り、聖僧に向いて問訊し了りて叉手して立つ。 『弁道法

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

NINJAカウンター

角川書店『ねこ禅』



かわいい猫の写真とやさしく解説された禅語のコラボ本。【『ねこ禅』角川書店】からどうぞ。

OKかけじく

管理人/副管理人のみ編集できます