日本曹洞宗に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。日本曹洞宗に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

仏教が正しく伝わること。或いは、正しく伝わった教え。正しく伝えた系統。
∧法に対して正しく生きること。

【内容】

道元禅師は、一切の教義であっても修行であっても、全て「坐禅」を根源にしていると考えており、それをもって「正伝の仏法」であるとした。
いはく、仏法を住持せし諸祖ならびに諸仏、ともに自受用三昧に端坐依行するを、その開悟のまさしきみちとせり。西天東地、さとりをえし人、その風にしたがへり。これ、師資ひそかに妙術を正伝し、真訣を稟持せしによりてなり。 『弁道話

ここには、「坐禅」そのものが正しく伝わった仏法であるという意義の他に、仏法を「正しく伝えてきた仏祖」という系統的な意味もある。この両者が不可分であるところに、曹洞宗で「面授の宗教」を重んじる意義があるのである。

△△泙蠅豊,琉嫐が強調されてしまうと、曹洞宗以外の系統の祖師が排除されてしまうが、道元禅師は「正伝」に「仏法に対して正しく生きること」という意味を付加することによって、直接系統には入らない臨済宗の圜悟克勤といった祖師であっても、「正伝の仏法」を伝授しているとした。これは、,閥菠未擦困忘同して使うことがある。
しかあればすなはち而今の本色の衲僧、これ真出塵阿羅漢なり。阿羅漢の性相をしらんことは、かくのごとくしるべし。西天論師等のことばを妄計することなかれ。東地の圜悟禅師は正伝の嫡嗣ある仏祖なり。 『正法眼蔵』「阿羅漢」巻

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

NINJAカウンター

角川書店『ねこ禅』



かわいい猫の写真とやさしく解説された禅語のコラボ本。【『ねこ禅』角川書店】からどうぞ。

OKかけじく

管理人のみ編集できます