日本曹洞宗に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。日本曹洞宗に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

禅定に通じた僧侶のこと。原始仏教時代は、阿羅漢は即、禅法に通じていたため、当然に全てが禅師でもあったが、部派仏教以降は、僧侶たちの間に、様々な専門分野が生まれたため、経師・律師・論師・三蔵師・法師・禅師といった呼称が出ることになった。中でも、坐禅を専らに行い、禅定に通じた者を禅師といい、瑜伽師、或いは瑜伽行者というようにもなった。中国では、禅宗だけではなく、天台宗や浄土宗、三階教などでも禅匠を禅師と呼び、日本でも「十禅師」などのように禅定力を用いて、様々な祈祷を行う僧侶がいた。後には、禅僧のみを禅師と呼ぶようになっている。
朝廷から賜った称号としての禅師号がある。中国では、五祖弘忍の弟子である神秀が、大通禅師と諡名されたのを最初とし、その兄弟弟子の六祖慧能は、寂後100年余りにして、大鑑禅師と諡名された。さらに、生前に賜った禅師号としては、宋代の臨済宗の禅僧である宗杲が、大慧禅師と称されている。日本では、禅僧に下賜された禅師号は、鎌倉建長寺の開山である蘭渓道隆が、大覚禅師と諡名されたのを最初とする。曹洞宗では、瑩山禅師が「仏慈禅師」号を受けたが、弟子達が固辞したという話もある。道元禅師を「仏法禅師」と呼ぶ者もいるが、これは房号である「仏法房」に掛けて呼ばれたものであり、正式な諡号ではない。その後、江戸幕府が終わるまでは、寺院単位で住持が禅師号を受ける場合や、特に高僧や社会への貢献があった僧侶に禅師号が下賜された。明治時代以降、曹洞宗では皇室から永平寺總持寺という両大本山貫首が禅師号を下賜されていたが、今ではそれも取りやめている。
C噂磴法∩欺,料領靴紡个靴討慮鴇痢しかし、昨今の日本曹洞宗では、両大本山貫首のみを禅師と尊称し、他の一般寺院の住職については老師と呼称する。

【内容】

道元禅師は、その本師の如浄禅師の影響もあって、仏教者が「禅宗」と名乗ることについても批判的であり(『正法眼蔵』「仏道」巻などを参照)、また、同様に「禅師」という呼称についても否定的であった。
しかあるに、近来大宋国に、禅師、と称するともがらおほし。仏法の縦横をしらず、見聞いとすくなし。わづかに臨済・雲門の両三語を諳誦して、仏法の全道とおもへり。仏法もし臨済・雲門の両三語に道尽せられば、仏法、今日にいたるべからず。臨済・雲門を、仏法の為尊と称しがたし。いかにいはんやいまのともがら、臨済・雲門におよばず、不足言のやからなり。かれら、おのれが愚鈍にして、仏経のこころあきらめがたきをもて、みだりに仏経を謗ず、さしおきて修習せず、外道の流類といひぬべし。仏祖児孫にあらず、いはんや見仏の境界におよばんや。孔子・老子の宗旨に、なほいたらざるともがらなり。仏祖の屋裏児、かの禅師と称するやからにあひあふことなかれ、ただ見仏眼の眼睛を参究体達すべし。 『正法眼蔵』「見仏」巻

これは、当時、大慧宗杲を初めとして、臨済宗や雲門宗の祖師が禅師と自称しながらも、その宗風に問題があったという道元禅師の想いが、そのまま表現されている一節だと見るべきである。何故ならば、例えば【定義】に挙げたような△亡慙△垢詬冕,蓮以下のような例に見られるためである。
坐禅箴は、大宋国慶元府大白名山天童景徳寺、宏智禅師正覚和尚の撰せるのみ仏祖なり、坐禅箴なり、道得是なり。 『正法眼蔵』「坐禅箴」巻

これからすれば、あくまでもその資格がない自称禅師を排斥したのが、先の「見仏」巻の指摘であり、有徳で朝廷から認められている禅師については、その方に対する道元禅師の尊崇の度合いを現すために、禅師号を付して呼称しておられるのである。また、道元禅師が日本に帰られた段階で、まだ禅師号をもらった形跡のない本師の如浄禅師については「つひに太白峰の浄禅師に参じて、一生参学大事、ここにをはりぬ。」(『弁道話』)のように表現されており、多分にの用法もあったと思われるため、現状の日本曹洞宗の使用法に問題はない。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

NINJAカウンター

角川書店『ねこ禅』



かわいい猫の写真とやさしく解説された禅語のコラボ本。【『ねこ禅』角川書店】からどうぞ。

OKかけじく

管理人のみ編集できます