日本曹洞宗に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。日本曹洞宗に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

〜僂っているもの。多くのものという意味。
これをききてまこととおもふともがら、稲麻竹葦のごとく、九州に叢林をなせり。 『正法眼蔵』「密語」巻

⊆木が叢がっている林という意味であるが、修行僧が和合して一つの所に住んで、樹木のように静寂に修行に励んでいる場所を意味している。狭義には、禅の修行道場を意味しており、禅林や栴檀林などという。
おほよそ仏祖の制誡をば、あながちにまほるべし。叢林の清規は、ほねにも銘ずべし、心にも銘ずべし。 『重雲堂式

日本では、中世に幕府が整備や統制を行う官立寺院が建てられ、多く臨済宗の祖師が入ったが、そのような五山の寺院を叢林といい、これに対し幕府が直接支配しない地方の禅宗寺院を林下という。なお、日本曹洞宗の寺院は、ことごとくが林下である。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

NINJAカウンター

角川書店『ねこ禅』



かわいい猫の写真とやさしく解説された禅語のコラボ本。【『ねこ禅』角川書店】からどうぞ。

OKかけじく

管理人のみ編集できます