日本曹洞宗に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。日本曹洞宗に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

学人が多く、伽藍の規模も大きい叢林のこと。大規模な叢林
そノ故は、「和国にきこえんためも、学道稽古のためも大切なれども、衆中に具眼の人ありて、外国人として大叢林の侍者たらんこと、国に人なきがごとしと難ずる事あらん、尤もはづべし。」といひて、書状をもてこノ旨を伸べしかば、浄和尚、国を重くし、人をはづることを許して、更に請ぜざりしなり。 『正法眼蔵随聞記』巻1-1

道元禅師は、学人の多寡や伽藍の大小をもって、叢林の大小を定めるのではなく、道心のある学人の有無でもって、叢林の大小が決まるとした。
晩間の上堂に云く、先来の慈明円禅師の会に、大叢林・小叢林の論有り。是、先徳の論と雖も、猶、一隻眼を欠けり。且く道ん、甚麼を喚んでか大叢林と作し、甚麼を喚んでか小叢林と作すや。衆の多き院の闊きを以て大叢林と為すべからず。院小さく衆の寡きを以て小叢林と為すべからず。縦い、衆多くも道人無きが如きは、実に是、小叢林なり。縦い、院小さくも道人有るが如きは、実に是、大叢林なり。人多く衆聚まるを以て国と為さず、一聖一賢有るを以て国と為すなり。 『永平広録』巻2-128上堂

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

NINJAカウンター

角川書店『ねこ禅』



かわいい猫の写真とやさしく解説された禅語のコラボ本。【『ねこ禅』角川書店】からどうぞ。

OKかけじく

管理人のみ編集できます