日本曹洞宗に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。日本曹洞宗に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

冬に暖かく、夏にすずしく、の意味。坐禅を行う時に環境を整えることを示す言葉。道元禅師が用いた「冬暖夏涼」に対応する。
且く参禅は、亦、坐禅なり。坐禅せんと欲せば、先ず静処宜しく、茵褥は須く厚く敷くべし、風煙をして入らしむること勿れ、雨露をして侵さしむること勿れ。膝を容るるの地を護持し、打坐の処を清潔にせよ。昔人、金剛座に坐し、盤石の上に坐するの蹤跡有りと雖も、亦、坐物有らざる無し。坐処は当応に昼は明らかならず、夜は暗からず。冬暖夏冷、是、其の術なり。 瑩山禅師坐禅用心記

コメントをかく


「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

NINJAカウンター

角川書店『ねこ禅』



かわいい猫の写真とやさしく解説された禅語のコラボ本。【『ねこ禅』角川書店】からどうぞ。

OKかけじく

管理人/副管理人のみ編集できます