日本曹洞宗に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。日本曹洞宗に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

道元禅師が宝治3年(1249)頃に修行僧を前に、500年もの間永平寺から離れないことを誓約したと、『建撕記』では伝えている。写本によって若干表現が異なるが、以下のような内容である。
師、九月初十日。示衆して云く、今日従り尽未来際、永平老漢恒常に山に在り。昼夜、当山の境を離れずして、国王の宣命を蒙ると雖も、亦、誓って当山を出でず。其の意如何。唯、昼夜に間断なく、精進経行積功累徳せんと欲する故也。此の功徳を以て、先ず一切衆生を度し、見仏聞法して仏祖の窟裏に落ちんとする也。其の後、永平大事を打開して、樹下に坐し、魔波旬を破し、最正覚を成ぜん。重ねて此の義を宣べんと欲す。偈を以て説いて云く、古仏の修行、多く山に在り。春夏秋冬も亦、山に居す。永平、古の蹤跡を慕わんと欲し、十二時中常に山に在り。

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

NINJAカウンター

角川書店『ねこ禅』



かわいい猫の写真とやさしく解説された禅語のコラボ本。【『ねこ禅』角川書店】からどうぞ。

OKかけじく

管理人のみ編集できます