日本曹洞宗に関するwikiです。人名・書名・寺院名・思想・行持等々を簡潔に示しています。日本曹洞宗に関する情報をお求めの方は、まず当wikiからどうぞ。

【定義】

,修痢△海痢△修鵑福△海鵑福△修里茲Δ法△海里茲Δ法△琉佞任△蝓∀誕蠅砲靴討い觧物の状態を指していう近称の指示詞である。与麼と同じ。
道元禅師の『正法眼蔵』の巻名の一。85巻本では29巻、75巻本では17巻。仁治3年(1242)3月26日、興聖寺にて学人に示された。

【内容】

この巻は、中国曹洞宗の雲居道膺禅師の言葉(四恁麼)を元に拈提されている。
一日示衆に云く「恁麼事を得んと欲わば、須らく、是、恁麼人なるべし。既に是、恁麼人なれば、何を恁麼事を愁えん」と。

そこで、道元禅師は「恁麼」の事実として生きている存在こそ、悟りそのものであるとした。
この宗旨は、直趣無上菩提、しばらくこれを恁麼といふ。

まさにここで生きる現実が、恁麼であることを説き、この事実に生きることを説いた巻である。さらに、同巻の後半には六祖慧能の風動幡動話に関する独自の解釈も行われている。それまでの中国禅宗などでは、幡が動く現象を捉えて、風が動くのか、それとも幡が動くのかと問う二分法に対して、なんじら自身の心が動くと説いた六祖の言葉を賞賛するが、道元禅師はそうではないとされる。
しかあればすなはち、この道著は風も幡も動もともに心にてあると六祖は道取するなり。まさにいま六祖の道をきくといへども、六祖の道をしらず。いはんや六祖の道得を道取することをえんや。為甚麼恁麼道、いはゆる仁者心動の道をききて、すなはち仁者心動といはんとしては、仁者心動と道取するは、六祖をみず、六祖をしらず、六祖の法孫にあらざるなり。いま六祖の児孫として、六祖の道を道取し、六祖の身体髪膚をえて道取するには、恁麼いふべきなり。いはゆる仁者心動はさもあらばあれ、さらに仁者動といふべし。

なお、この恁麼とは、まさに何物(或いは何必不必如是如何、等と同義)としか言い表せない真理そのものである。何かを言ってしまえば、それが直ちに把われとなるような仏法そのものであり、まさに「説似一物即不中」である。そして、道元禅師は雲居道膺禅師の語を引いて、坐禅自体を恁麼であるとしている。
恁麼事を得んと欲せば、急いで恁麼事を務めん。 『普勧坐禅儀

コメントをかく


ユーザーIDでかく場合はこちら

画像に記載されている文字を下のフォームに入力してください。

「http://」を含む投稿は禁止されています。

利用規約をご確認のうえご記入下さい

NINJAカウンター

角川書店『ねこ禅』



かわいい猫の写真とやさしく解説された禅語のコラボ本。【『ねこ禅』角川書店】からどうぞ。

OKかけじく

管理人のみ編集できます